季語/多佳子忌(たかこき)を使った俳句

「多佳子忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「多佳子忌」について

【表記】多佳子忌

【読み方】たかこき

【ローマ字読み】takakoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

多佳子忌を含む俳句例

葉桜の大柄洩れ日多佳子の忌/堀内薫

多佳子忌の浜の昼顔百淡し/百合山羽公

多佳子忌の濤の捨身や操舵室/田中水桜

多佳子忌の白鷺家の前に立つ/清水昇子

多佳子忌や七曜啼けり白孔雀/本橋定晴

燈台の白染める陽よ多佳子の忌/桂信子

絨毯に螢火ひろふ多佳子の忌/鷹羽狩行

長良川一気通過や多佳子の忌/人見/郁

和鋏の鈴耳につく多佳子の忌/鳥居美智子

多佳子忌や紅あはあはと梅の尻/青木重行

海の紺いつまでも紺多佳子の忌/塩川雄三

湖へ浸すハンカチ多佳子の忌/北見さとる

襞多きカーテンを閉づ多佳子の忌/本多脩

多佳子の忌の怒濤にぬれし足洗ふ/川島千枝

多佳子忌と知るや知らずや蛍とぶ/西村風香

多佳子忌の崖あをあをと滴れり/上野さち子

多佳子忌の白いさぎよし外出着/つじ加代子

多佳子忌の高階に泛くエレベーター/桂信子

多佳子忌を過ぎたる誰もいない海/平松良子

修二会女座求めて青衣多佳子の忌/加倉井秋を

俳句例:21句目~

夜の海に向きてひとりや多佳子の忌/田口俊子

薔薇の首グラスに泛かせ多佳子の忌/内田美紗

身擦りあふ鯉の昂ぶり多佳子の忌/鍵和田釉子

多佳子忌や脱ぎし衣のうづくまり/小布施呉爾子

後れ毛煙るごときひといて多佳子の忌/楠本憲吉

百合剪つて崖を荒らせり多佳子の忌/橋本美代子

田川にて足洗ひしよ多佳子の忌/平畑静塔「栃木集」

北見れば星うすうすと多佳子の忌/門屋文月「かりそめに」

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ