季語/若鮎(わかあゆ)を使った俳句

「若鮎」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「若鮎」について

【表記】若鮎

【読み方】わかあゆ

【ローマ字読み】wakaayu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・小鮎(こあゆ:koayu)

・鮎の子(あゆのこ:ayunoko)

・上り鮎(のぼりあゆ:noboriayu)

季節による分類

・「わ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

若鮎を含む俳句例

鮎汲の終日岩に翼かな/蕪村

清瀧や夕月かけて小鮎飛/弄我

鮎汲も酣ならむ廂かげ/上村占

浅き瀬に若鮎走る夕かな/徳野

挑灯で若鮎を売る光かな/炭太祇

若鮎や谷の小笹も一葉行く/蕪村

鮎汲の背に風除の蓆幡/村上冬燕

小鮎汲柳しばしば潜りけり/至青

若鮎やうつつ心に石の肌/稲津空

若鮎やとゞろと踏めば橋の下/幽南

鮎汲や糧を忘れし巌高き/飯田蛇笏

鮎汲や比良も伊吹も薄曇/野原春醪

よく見れば小鮎走るや水の底/吟江

次々と水に刺さりて上り鮎/小島健

若鮎を凝つと見ている男傘/山口剛

若鮎の鰭ふりのぼる朝日かな/蓼太

鮎汲に童が流す草の花/米沢吾亦紅

山川の心驚く小鮎かな/徳永山冬子

若鮎の白浪ものが美しき/筑紫磐井

若鮎に朝日さばしる杉の山/大串章

俳句例:21句目~

若鮎や水さへあれば岩の肩/炭太祇

若鮎や国有林にけむり立つ/中拓夫

鮎汲や裾しぼりゐる砂利の上/松香

うの花や小鮎さぱしるほそ流/中勘助

かげろふと共にちらつく小鮎哉/圃水

鮎汲や夕冷早く峡を占め/徳永山冬子

若鮎の遡上うながす岳の雨/野原春醪

鮎汲や喜撰が嶽に雲かゝる/高井几董

三寸は楽に小鮎の育ちかな/尾崎紅葉

若鮎の無数のひかり放流す/和田祥子

若鮎の光る水さへ胸痛む/百合山羽公

若鮎を鮎苗と呼び近江かな/上原はる

水匂ふとは上り鮎匂ふこと/藤崎久を

若鮎や道は高きに峡の川/松根東洋城

玉川や小鮎たばしる晒し布/子規句集

薄絹の水のおぼろや小鮎汲/西山泊雲

若鮎や瀬音つのれる南朝址/高橋好温

若鮎や波のすれあふ波の音/古館曹人

若鮎の影一燈に流れけり/石田阿畏子

ひらめきて梯を遡る小鮎見し/長井伯樹

俳句例:41句目~

奔流に血噴き若鮎突かれけり/中島斌男

小鮎釣る橋より上の渡りかな/子規句集

水ナ上の神召し給ふ小鮎かな/尾崎迷堂

紀の川に貴志川落る小鮎かな/仲岡楽南

若鮎のうす墨の香を一夜の灯/渡辺桂子

若鮎の二手になりて上りけり/正岡子規

若鮎の強火に反りて木曾の宿/鷹羽狩行

茶はつまで身をうち川の小鮎汲/芙蓉花

若鮎の雲母走りや土佐一宮/山地春眠子

若鮎の飴煮つめゐる小暗きに/加藤耕子

若鮎のうさん臭きを放ちけり/櫂未知子

若鮎や生家は水の音ばかり/高野ムツオ

若鮎を焼いて八方不義理かな/笠川弘子

蓑つけて主出かけぬ鮎汲みに/高濱虚子

見ればただ水の色なる小鮎哉/正岡子規

遠山に雪のふたたび小鮎波/鷲谷七菜子

鮎汲て花の夕ぐれと成にけり/松瀬青々

鮎汲みて遠き父祖より世捨人/堀口星眠

鮎汲みや桶に挿める岩つつじ/松瀬青々

かゞやける瀬波にまぎれ上り鮎/森田峠

俳句例:61句目~

鮎汲を見てゐて童殖え来る/米沢吾亦紅

養池に日のよく当る小鮎かな/岡本癖三酔

若鮎の釣らるる糸も光りつつ/立石勢津子

岩打つて滝となる瀬や小鮎汲む/杉下青蛙

筏過ぎて水澄めり又小鮎かな/石島雉子郎

岩打って滝となる瀬や小鮎汲む/杉下青蛙

比良かくす雨いくたびや小鮎汲/笹井武志

若鮎の籠を狭しと跳ねにけり/藤井寿江子

雨にやる遊船もあり小鮎飛ぶ/河東碧梧桐

楽しみは浅瀬にあるや小鮎汲み/井上井月

杉山のどこか火を焚き上り鮎/神尾久美子

釣りあげし小鮎の光手につつむ/下村非文

若鮎の小石かくれにこゝかしこ/内藤鳴雪

夢さめて鮎汲みに出づ庵主かな/尾崎迷堂

小鮎汲み暮れたる空に雪の比良/西村公鳳

若鮎の二タ手になりて上りけり/正岡子規

若鮎のひかりを水にもどしけり/吉野俊二

五日経ぬあすは戸無瀬の鮎汲ん/向井去来

のぼりつめ若鮎ふいに影濃くす/鎌倉佐弓

とほく見て息ととのふる鮎汲衆/坂巻純子

俳句例:81句目~

若鮎の波打つさまに焼かれたる/永島靖子

若鮎の生きの伝はるたなごころ/加藤知世子

若鮎を身ぬちに棲ませ早瀬波/鍵和田ゆう子

鮎汲みにみぞるる波のうちやまず/角田拾翠

鮎汲みに鉄路の野ばら暮れのこる/宮武寒々

草の葉も入れて活けおく小鮎かな/松本翠影

若鮎の川はうねうね白神岳ヘ/佐々木とみ子

若鮎のあはれひれさへととのへし/阿片瓢郎

鮎汲のたも網の長柄のよくしなふ/木全篝火

ちと追へばちゝと隠るゝ小鮎かな/民部里静

若鮎や背すじゆるさぬ身のひねり/井上井月

ゐるはゐるは小鮎ういもの石めぐり/臼田亞浪

獺にもとられず小鮎釣り来し夫をかし/杉田久女

花の散る拍子に急ぐ小鮎哉/一茶/文化七年庚午

若鮎の瀬につく水の浅きかな/守水老遺稿/寺野守水老

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ