季語/樫の実(かしのみ)を使った俳句

「樫の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「樫の実」について

【表記】樫の実

【読み方】かしのみ

【ローマ字読み】kashinomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・橿の実(かしのみ:kashinomi_)

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

樫の実を含む俳句例

拾ひ来し樫の実一つ本の上/島田青峰

樫の実のまだ殻の中隠り見ゆ/加藤憲曠

樫の実の降るや/荘司の館址/佐藤春夫

樫の実が落つ猿石の頭を打つて/西谷芳雄

樫の実の一つ語れば一つ落つ/山田みづえ

樫の実の落ちて駆け寄る鶏三羽/村上鬼城

樫の実やお会式ちかき法華経寺/星野一楼

樫の実や撫でて小さき去来の碑/中村春逸

樫の実を掃くばかりなる墓掃除/富安風生

樫の実を踏み渡りゆく日和かな/細見素畦

樫の実を手に沼へ出づ沼より無し/野澤節子

つややかな樫の実まろぶ尼の墓/阿部みどり女

樫の実をパチッと踏んで牛乳来る/加藤すゝむ

樫の実のこぼれてありしうすみどり/石橋/義春

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ