季語/雪間草(ゆきまぐさ)を使った俳句

「雪間草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪間草」について

【表記】雪間草

【読み方】ゆきまぐさ

【ローマ字読み】yukimagusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

雪間草を含む俳句例

雪間草早くも風と戯れて/林真砂江

雪間草翁は吾を恋ひをらむ/辻桃子

額を摶つ雨暗けれど雪間草/岸田稚

顔を摶つ雨暗けれど雪間草/岸田稚

山繭の落ちては淡し雪間草/太田蓁樹

真実はかならずひとつ雪間草/長田等

緩急の山の日差しに雪間草/高澤良一

雪消える方へ傾き雪間草/後藤比奈夫

雪間草二人ではこぶ講の膳/山本洋子

たたずめば天の匂ひの雪間草/堀口星眠

暮れがての日の忍び寄る雪間草/岸田稚

長靴につくづく倦みぬ雪間草/福永耕二

こゑのみがして暮れかかる雪間草/岸田稚

ふるさとは水より覚めて雪間草/檜山孝子

目に見えて広ごり育つ雪間草/鮫島交魚子

雪間草いちにち帆柱みがきをり/田中裕明

雪間草ひかり発して現はるる/小松沙陀夫

風荒ぶ八ヶ岳に恥じらふ雪間草/遠藤千代

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ