季語/破芭蕉(やればしょう)を使った俳句

「破芭蕉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「破芭蕉」について

【表記】破芭蕉

【読み方】やればしょう

【ローマ字読み】yarebasho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芭蕉の破葉(ばしょうのやれは:bashonoyareha)

・芭蕉破るる(ばしょうやぶるる:bashoyabururu)

季節による分類

・「や」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

破芭蕉を含む俳句例

破芭蕉心此程ものぐさき/白雄

破芭蕉破れぬ時も芭蕉かな/鬼貫

破芭蕉猶数行をのこしけり/茅舎

芭蕉破れ雲八方にみだれけり/閑山

破芭蕉うつ夜の雨の音にゐる/容太

破芭蕉なほ大胆に己れ裂く/妹尾健

芭蕉破れ一過の空の青きかな/照子

破芭蕉残りし花の生臭き/嶋田麻紀

相隣り合ひて互に破芭蕉/倉田紘文

破れ芭蕉月光顔に来てゐたり/楸邨

長安の町はづれなり破芭蕉/藤野古白

荒寺や芭蕉破れて猫もなし/正岡子規

五戸ほどの浦に宿あり破芭蕉/堀葦男

芭蕉破れ女出でゆく風の中/伊達幹生

廃れゆくままの炭住破芭蕉/松尾杵舟

芭蕉破れて雨風多き夜となりぬ/鳴雪

絣着ていつまで老いん破芭蕉/原石鼎

破芭蕉悲し悲しと風の中/竹田ひろし

破芭蕉月なき夜をさわぎけり/桜桃子

破芭蕉日月過ぎて何残る/古賀まり子

俳句例:21句目~

磔像の聖衣さながら破芭蕉/鷹羽狩行

破芭蕉安骨堂に死の目充つ/石田波郷

破芭蕉破れつくして潔し/古賀まり子

真直に広葉一枚破芭蕉/渕野/なぎさ

破芭蕉伐り一本の棒とせり/沢木欣一

破芭蕉漆黒に立つ夜の輪血/秋光泉児

長身は死ぬまで長身破芭蕉/香西照雄

太陽を煽りて芭蕉破れけり/殿村莵絲子

瑠璃色のニイスも何の破芭蕉/小池文子

月射してふと夢覚めし破芭蕉/草間時彦

横にやれ終には縦に破れ芭蕉/高濱虚子

水芭蕉破れし花を咲かせけり/萩原麦草

泊まりたる邸の夜嵐破れ芭蕉/飯田蛇笏

生き方は死に方に似て破芭蕉/高橋悦男

破れ芭蕉刈り一本の棒とせり/沢木欣一

破芭蕉われも月光裡をあゆむ/行方克巳

破芭蕉一気に亡びたきものを/西村和子

破芭蕉大きな影を浴びせけり/宮津昭彦

破芭蕉真先に風受けにけり/高田風人子

破芭蕉枯芭蕉とぞ日を経ける/高浜虚子

俳句例:41句目~

破芭蕉長屋からくも雨漏無し/香西照雄

破芭蕉風さら~と小止みなし/鈴木花蓑

秋天にもたぐる芭蕉破葉かな/島田青峰

芭蕉破れ海は寧日なく冥し/佐野まもる

芭蕉破れて先住の発句秋の風/藤野古白

芭蕉破れて書読む君の声近し/正岡子規

草庵の水車も朽ちて破芭蕉/斉藤たまえ

俊寛の衣もかくやと破芭蕉/日暮ほうし

風体をとやかく云はれ破芭蕉/高澤良一

目を射るは破れ芭蕉の中の日よ/岸本尚毅

破芭蕉月無き夜をさわぎけり/成瀬桜桃子

月夜窈かに踊り狂へり破芭蕉/千代田葛彦

破芭蕉欠航の文字くろぐろと/長谷川閑乙

破芭蕉やぶれぬ時もばせをかな/上島鬼貫

破芭蕉うき日は遠きものを呼ぶ/小池文子

芭蕉破れて繕ふべくもあらぬ哉/正岡子規

戸をたたく風音つよし破れ芭蕉/矢吹文子

山の日の透きとほる日の破芭蕉/細川加賀

刃こぼれの一剣似たり破芭蕉/水原秋櫻子

破れ芭蕉未完の男手をひろげ/松田ひろむ

俳句例:61句目~

もう風を怖れず芭蕉破れにけり/館岡沙緻

破芭蕉ドン/キホーテの槍もなし/行方克巳

爛れ切つて海に入る日や破芭蕉/小野恵美子

破芭蕉ヨットわりなく照りゐたり/小池文子

胸抱くやさはさは芭蕉破れはじめ/田中裕明

芭蕉破れて酒旗を吹くなり秋の風/藤野古白

芭蕉破れすすみ家訓は掲げられ/波多野爽波

世の襤褸絶えしこの世に破れ芭蕉/橋本榮治

起き出でてすぐのたそがれ破芭蕉/巌谷小波

破芭蕉やぶれ果てじと玉を巻く/篠田悌二郎

破芭蕉真青の空にあらあらし/阿部みどり女

飛び立たんばかりに月の破芭蕉/ほんだゆき

鶴鳴くやその声に芭蕉破れぬべし/松尾芭蕉

崩えてゆくものへ夜がくる破れ芭蕉/伊藤敬子

芭蕉破れかかり玻璃戸にすきとほり/京極杞陽

ほしいまゝに献燈植ゑぬ破芭蕉/長谷川零餘子

芭蕉破れその他廃るるにまかせたり/稲垣きくの

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ