季語/湯豆腐(ゆどうふ)を使った俳句

俳句例:101句目~

湯豆腐に酒は丹波と決めてゐし/稲畑廣太郎

湯豆腐のふはふはとして愚を通す/内藤祐児

湯豆腐や貧乏ゆすりやめたまへ/大木あまり

湯豆腐や師に親しみてゐて狎れず/下村梅子

湯豆腐の一つ崩れずをはりまで/水原秋櫻子

湯豆腐の一と間根岸は雨か雪/長谷川かな女

湯豆腐の端ふるへつつ煮られけり/高橋睦郎

湯豆腐の湯気ちぎれとぶ床几かな/舘野翔鶴

湯豆腐のかなたのこゑを聴きゐたり/石嶌岳

湯豆腐やいとぐち何もなかりけり/石原八束

湯豆腐や澄める夜は灯も淡きもの/渡邊水巴

湯豆腐の湯気しづまりて老後なり/渡辺照子

湯豆腐や父の知らざる五十年/永峰久比古`

湯豆腐を箸あらけなく食ひにけり/綾部仁喜

湯豆腐や窓に嵯峨野の暮れなづむ/浅賀渡洋

湯豆腐やをとこの会話つながらず/橋本榮治

永らへて湯豆腐とはよく付合へり/清水基吉

湯豆腐にうつくしき火の廻りけり/萩原麦草

湯豆腐や軒まで充つる夜の靄/長谷川かな女

湯豆腐に箸さだまらず酔ひにけり/片山鶏頭子

俳句例:121句目~

湯豆腐やみちのくの妓の泣き黒子/高橋飄々子

湯豆腐や身のうちいつか暮れそめし/加藤耕子

湯豆腐をすくひてすでにあぐらかな/仙田洋子

湯豆腐やゆらりとうかぶ父母の顔/池内/勝信

湯豆腐や無ければなくて済める酒/黒坂紫陽子

火がとほって来たと湯豆腐動きけり/高澤良一

湯豆腐や死後に褒められようと思ふ/藤田湘子

湯豆腐にめがねくもらす別れかな/木村里風子

湯豆腐やポーカーフェイスの友ばかり/老川敏彦

湯豆腐やいのちのはてのうすあかり/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました