季語/雪間(ゆきま)を使った俳句

「雪間」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪間」について

【表記】雪間

【読み方】ゆきま

【ローマ字読み】yukima

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪の絶間(ゆきのたえま:yukinotaema)

・雪のひま(ゆきのひま:yukinohima)

季節による分類

・「ゆ」で始まる春の季語

・「春の地理」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

雪間を含む俳句例

雑炊の色も雪間の薺かな/几董

山鳥の樵夫を化す雪間哉/支考

杉暗き社の雪間~かな/藤野古白

武蔵野の雪間に青き東風菜哉/冬菜

雪間より薄紫の芽独活哉/松尾芭蕉

春いまだ田毎の雪間哉/加舎白雄

信濃路は雪間を彼岸参りかな/也有

雄鶏の蹴爪鋭き雪間かな/藤木倶子

夏野より七くさ深き雪間かな/蓼太

雀跳び鴉歩めり雪間殖ゆ/川村紫陽

萌え出でて雪間~の髢草/片岡奈王

脱捨て笠は雪間ぞわかなつみ/麦水

やまどりの樵を化かす雪間かな/支考

雪間歩む女教師よ婚期過ぐ/戸川稲村

雪間より雪間へ風を路傍仏/村越化石

本堂を大きな雪間とも思ふ/田中裕明

雪消える方へ傾き雪間草/後藤比奈夫

信こそ見ゆれ雪間の初若菜/尾崎紅葉

古庭の雪間をはしる鼬かな/正岡子規

湖に風の吹きゐる雪間かな/倉田紘文

俳句例:21句目~

緩急の山の日差しに雪間草/高澤良一

祭来る雪間ひろげて山の神/水口郁子

故郷の雪間の道を帰り来し/羽生大雪

夕影の甘酸つぱくて雪のひま/岡本眸

関ヶ原雪間のいよよ大いなる/小澤實

真実はかならずひとつ雪間草/長田等

雪間より一筋奔る水の音/小松世史子

錦鯉雪間の錦なせりけり/阿波野青畝

辻待の俥置いたる雪間かな/尾崎紅葉

鴨提て雪間出で来し丹波人/松瀬青々

山繭の落ちては淡し雪間草/太田蓁樹

山里や雪間を急ぐ菜の青み/井上井月

鳴き通る雪間雪の上猫の恋/皆吉爽雨

茂吉忌や雪間を拡げ最上川/児玉代三

芳しや雪間をわけて蕗の薹/島田青峰

紫と雪間の土を見ることも/高濱虚子

馬立てし練兵場の雪間かな/小栗風葉

栃の実のひと笊さらし雪間水/下田稔

あたたかき雪間の人の肩に鳥/岸本尚毅

あを~と菠薐草の雪間かな/増田手古奈

俳句例:41句目~

鯨煮る雪間の根深引き抜かれ/小林康治

黒といふ色の明るき雪間土/高嶋遊々子

たたずめば天の匂ひの雪間草/堀口星眠

苗椿咲きほのめける雪間かな/西島麦南

剪定の紅枝ちらばる雪間かな/荒井正隆

古草のそめきぞめきや雪間谷/芝不器男

太陽に覗かれてゐる雪間かな/細井路子

庭にある雪間雪間の石つたひ/高木晴子

憂き顔のひとつ浮べる雪間かな/岸田稚

手綱解く馬柵の日溜り雪間草/上原律子

暮れがての日の忍び寄る雪間草/岸田稚

束の間の日も錆いろや雪間川/皆川白陀

松風に松葉ばかりの雪間かな/小川軽舟

淡海といふ大いなる雪間あり/長谷川櫂

湖のほとりの雪間ひろびろと/高野素十

暮れがての雀ちらばる雪のひま/岸田稚

畑隅の雪間の桐のつくねんと/高澤良一

畝かげを鶫のあるく雪間かな/石原舟月

目に見えて広ごり育つ雪間草/鮫島交子

盲導鈴鳥の鳴きごゑ雪間殖ゆ/荒井正隆

俳句例:61句目~

良辨の生れし村の雪間かな/大峯あきら

草茎をつゝむ葉もなき雪間哉/榎本其角

藁打つや雪間の土に膝ついて/木村蕪城

虚子塔へ峰の雪間を拾ひつつ/川端初子

長靴につくづく倦みぬ雪間草/福永耕二

雪間なく来るべし馬柵に岳鴉/福田蓼汀

雪間なる雪の中なる野水仙/八木林之介

雪間の碑日野大神とありにけり/上野泰

雪間まだ朝な朝なを氷りゐし/佐藤宣子

尼講のもどりの道の雪間かな/大峯あきら

こゑのみがして暮れかかる雪間草/岸田稚

湖につき出せる田の雪間かな/大峯あきら

雪間より罪現はるる懼れもつ/田川飛旅子

人の待ち小鳥の待つてゐし雪間/井上哲王

雪の上に雪間に木々の影ながれ/皆吉爽雨

林けいのはやき雪間やつぐみ罠/飯田蛇笏

蝦夷鹿の集まつて来る雪間草/木暮陶句郎

膝折りて雪間のものを拾はんと/岸本尚毅

越の子に唄が湧き出づ雪間萌/加藤知世子

大山の山毛欅の雪間の大いなる/吉岡新風

俳句例:81句目~

野の地蔵雪間の土を見てござる/村越化石

家ぽんと置いて名寄の雪間かな/高澤良一

四五枚の田の展けたる雪間かな/高野素十

弔ひのざわめきのある雪間かな/山本洋子

太畦の真直ぐはしる雪間かな/長谷川耕畝

一筋の町のさびしき雪間かな/大峯あきら

ふるさとは水より覚めて雪間草/檜山孝子

風荒ぶ八ヶ岳に恥じらふ雪間草/遠藤千代

むめが香や石もかほ出す雪間より/千代尼

灯ともして命寄り合ふ雪間かな/中川宋淵

たもとほる万葉の野の雪間かな/富安風生

巌苔もうるほふほどの雪間かな/飯田蛇笏

昂然とおのれ消えゆく雪のひま/佐藤鬼房

しわしわと畦火のすすむ雪間かな/岸田稚

いちはやく雪間の土に紅ましこ/土屋かをる

マンホールあたりが生家雪間なる/松山足羽

棚田より出来はじめたる雪間かな/高野素十

安倍川の走りそめたる雪間かな/望月たかし

土竜はや通ひ路つくる雪間かな/阿波野青畝

雉子立てりきらきらきらと一雪間/大野林火

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ