季語/山桜桃(ゆすら)を使った俳句

「山桜桃」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山桜桃」について

【表記】山桜桃

【読み方】ゆすら

【ローマ字読み】yusura__

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ゆすらうめ(ゆすらうめ:yusuraume_)

季節による分類

・「ゆ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

山桜桃を含む俳句例

山桜桃落ちるほかなし潦/近藤睦子

ゆすらとる童に山鵲は揺曳す/飯田蛇笏

山桜桃熟れ老農夙に畦をぬる/飯田蛇笏

ゆすらうめ丈高からず低からず/高澤良一

ゆすらうめ並んで童話新人賞/加藤あきと

ゆすらうめ旅の子に文こま~と/鈴鹿静枝

ゆすら梅少年にしてあるじなり/中田余瓶

日高びとなンもなンもや山桜桃/毛塚静枝

風の夜の濁酒ゆすらねばならぬ/池田澄子

鳥が眉逆立てて食ふゆすら梅/櫛原希伊子

ゆすらうめ落書きをする女の子/南/絵梨花

ゆすら梅落ちるにまかせ老二人/矢田/勝代

受話器手に何でも脚色ゆすら梅/近藤三枝子

庭草にあさもやのこり山桜桃熟る/飯田蛇笏

朝に来て夕に来る子ゆすらうめ/中野樹沙丘

つづきたる雨の間に熟れゆすらうめ/皆川盤水

もう散つて山桜桃の花はあはてもの/遠藤梧逸

ママのほか信じられぬ子ゆすらうめ/岩松草泊

ゆすらうめ実のまだあをきなげきかな/木下夕爾

ゆすらうめこんなに熟れてと庭よりこゑ/高澤良一

俳句例:21句目~

ゆすらの実麦わら籠にあまりけり/五十崎古郷句集

子を生し子を生して棲まふに赤いゆすらうめ/中塚一碧樓

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ