季語/アカシアの花を使った俳句

「アカシアの花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「アカシアの花」について

【表記】アカシアの花

【読み方】あかしあのはな

【ローマ字読み】akashianohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・針槐(はりえんじゅ:harienju)

・ニセアカシア(にせあかしあ:niseakashia)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

アカシアの花を含む俳句例

花ミモザ羅馬軍団現れよ/高澤良一

鬱と高し花アカシアの万の房/神蔵器

アカシヤの風薫る町坂の道/佐藤春夫

廃鉱の山のアカシア祭かな/水野あき

アカシヤの黄葉まみれの巴里雀/林翔

曇天や塀に重たき花ミモザ/高井邦子

アカシヤの晩晴花を桶まで/山口誓子

黙礼の聖女の行き来花ミモザ/乾一枝

花ミモザ雨呼ぶ雲の湖より来/樋笠文

アカシヤの花の中なる烏の巣/高木晴子

葬りを終へてミモザの只中に/仙田洋子

アカシヤの花の横顔雨澄めり/堀口星眠

ミモザ咲き海に近しや異人館/米北河西

城下町茶房も遺跡花ミモザ/嶋田摩耶子

若者をつゆ見ぬ島の花ミモザ/尾熊靖子

アカシヤの花の香りの北へ旅/植木節子

アカシヤの花や大陸第一歩/東洋城千句

アカシアに囁く風も九月とよ/石塚友二

アカシヤの花散り急ぎ海荒るる/中原槐

アカシヤの花散る里や船の笛/佐藤春夫

俳句例:21句目~

花ミモザ少女の黒き乗馬服/鈴木寿美子

笑む遺影無神論者よ花ミモザ/山本歩禅

アカシヤの黄葉洩れ日や簗場径/森総彦

満月に花アカシヤの薄みどり/飯田龍太

アカシヤの咲けば娘々祭くる/原田青児

万緑の中層々と贋アカシア/橋本多佳子

アカシヤに囁く風も九月とよ/石塚友二

塀白く風のミモザの見ゆる家/千原草之

水平線見えぬ午後なり花ミモザ/景山薫

移り来てよき隣人と花ミモザ/山田弘子

林ゆく風の道あり花アカシヤ/石田波郷

神の国近しミモザの咲ける丘/稲畑汀子

針槐風とどまればにほひたつ/深谷雄大

春浅きコモ湖を渡り買ふミモザ/有働亨

針攻めの仮縫をはる花ミモザ/朝倉和江

邂逅やミモザ咲く坂上りつつ/草間時彦

疎開者はたゞアカシヤの花仰ぐ/萩原麦草

祝婚やミモザのもとに咳こぼし/石田波郷

秋風や合歓に隣りて偽アカシヤ/石田波郷

背に愛す木椅子の丸み花アカシヤ/樋笠文

俳句例:41句目~

花アカシア二日泊りて創れぬ繭/金子皆子

ともすればアカシヤの花匂ふ夜ぞ/上村占

花咲きて偽アカシアの名の悲し/渋沢渋亭

花アカシヤ湖に向ひて沐浴する/松本澄江

わき立つや海の微風の花ミモザ/小池文子

花ミモザ仰げば昼の月ありし/成瀬正とし

アカシアの木蔭にひらく鞄かな/野村泊月

花ミモザ樹下に犬小屋黒い犬/成瀬正とし

アカシアの花のせて水咽びけり/白井爽風

花ミモザ見たる記憶の地中海/成瀬正とし

アカシアの花影揺るる時計塔/前田/白雨

アカシア落花泥なる大河何泛ぶ/兼近久子

アカシヤに夕焼雲のいなびかり/飯田蛇笏

アカシヤに衷甸駆る初夏の港路/飯田蛇笏

アカシヤのもとに梢の花も落つ/山口誓子

アカシヤの一列並木ありしかな/京極杞陽

花ミモザ雨の冷あるペン使ひ/前田陶代子

花ミモザ雨雲ながら夜明けたり/宮津昭彦

蜂飼いのアカシヤいま花日本海/古沢太穂

野外劇はじまるミモザ降る下に/星野立子

俳句例:61句目~

アカシヤの波なし駒の雷おこる/太田鴻村

アカシヤの花ちる下に豚生まる/岩崎照子

アカシヤの花の汚れの目立つ頃/高濱年尾

アカシヤの花の盛りがさそふ旅/稲畑汀子

アカシヤの花屑ひろひ飛行機へ/京極杞陽

アカシヤを一本折りにくる雷か/京極杞陽

アカシヤ黄に茫茫と羊帰りつぐ/小池文子

ミモザ咲くベスビオの山曇る日は/有働亨

人降ろし馬が水呑む花アカシア/横山房子

北海を見し夜のミモザ束で挿す/伊藤敬子

アカシア白花昂揚の日の来し方/金子皆子

天つ風天つ亜細亜をアカシヤに/攝津幸彦

御嶽下る人にアカシヤ乳垂らす/萩原麦草

惜しみなき愛の畢りや花ミモザ/黒鳥一司

散らぬゆゑ花アカシヤの白汚す/稲畑汀子

昨日より元気な富士山や花ミモザ/堤保徳

父癒えて花アカシアの旅に出づ/寺岡捷子

塵のごとくアカシヤの花手に足に/澤木欣一

アカシヤの花の舗道のビヤホール/遠藤星村

アカシヤは花ひろがりに琴そろふ/古舘曹人

俳句例:81句目~

さんさんとミモザかかへて夫帰る/小池文子

花アカシヤ泉のこゑののぼりゆく/石田勝彦

もの思ふときアカシアの花あかり/石田郷子

わが胸のさわぐに似たり花ミモザ/岩崎照子

ミモザ咲き地球は青いとは言へず/後藤立夫

アカシヤの花咲く真昼胃を切らる/佐川広治

アカシアの花咲く丘の野立かな/高木/節子

五月来ぬアカシヤの蜜麺麭に塗り/鈴木栄子

アカシヤの実に谿深し三日の月/佐野青陽人

アカシヤの木の間に船の白かりき/佐藤春夫

築地川跡銀葉アカシア咲く高さ/松田ひろむ

花アカシヤ若き日越えし長城に/松崎鉄之介

咲き充ちてアカシアの花汚れたり/高濱年尾

アカシヤの花は舗道に落ちて跳ね/京極杞陽

喪の花環ミモザをはじめ既に萎ゆ/山口誓子

花アカシア牧の牛呼ぶ鐘ひゞき/岡本まち子

君の翼想う花アカシアの岬ゆけば/大西健司

花ミモザ私に抗ヒスタミンの睡魔/尾田明子

昃りても黄は明るくて花ミモザ/広瀬美津穂

アカシヤの花の吹雪といふに会ふ/曽我鈴子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ