季語/秋の空(あきのそら)を使った俳句

「秋の空」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の空」について

【表記】秋の空

【読み方】あきのそら

【ローマ字読み】akinosora

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋空(あきぞら:akizora)

・秋天(しゅうてん:shuten)

・秋旻(しゅうびん:shubin)

・旻天(びんてん:binten)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の空を含む俳句例

秋天に高く~と虫柱/高木晴子

一隅を領し大仏秋天下/上野泰

誰がための秋天を置く水鏡/裕

行く程に都の塔や秋の空/炭太

篁の秋の空より黒揚羽/小川軽舟

秋天や皆少年の墓の主/遠藤梧逸

秋天の歓呼の中に君巨き/瀧春一

秋の空浅黄に澄めり杉に斧/漱石

秋の空昨日や鶴を放ちたる/蕪村

橋見へて暮かゝる也秋の空/一茶

家毀つ音秋天に谺して/高澤良一

秋の空遂に落ちたり海の上/竹冷

鴫立て秋天ひきゝながめ哉/蕪村

秋天や高さ爭ふ峯二つ/村上鬼城

秋天の裳裾を菊の彩れる/上野泰

秋天の一翳もなき思ひなり/風生

人の足に乞食合掌秋天下/上野泰

秋空や高きは深き水の色/東洋城

神賜ふ秋天高し病日記/角川源義

秋空や日落ちて高き山二つ/鬼城

俳句例:21句目~

秋天の天守閣より樋下る/たかし

秋空や嵐忘れし雲高く/野村喜舟

耕せり大秋天を鏡とし/西東三鬼

僧達に大本山の秋の天/高野素十

命蓮の法力使ふ秋天下/高澤良一

秋天の禽獲れといふ幼妻/飯田龍太

秋天を跳ぶ大道の曲芸師/林えり子

秋空を金襴屋台押し移る/高澤良一

秋天下耶馬台国の一古墳/大隈草生

秋天下邪馬台国の一古墳/大隈草生

秋空に何か微笑す川明り/飯田龍太

秋天の高さ淋しさ極りぬ/福田蓼汀

秋空の晝は火山を低くしぬ/及川貞

秋天へ一と雲吐きぬ桜島/松本巨草

秋空の深みより蜂もどりつぐ/篠原

秋天へ白き葉裏を竹煮草/佐野良太

秋天へ紺を投げたる山上湖/伊代次

秋空はうらおもてなき扉かな/原裕

秋天下一杯に巻く竜頭かな/上野泰

秋天に声なく伐折羅咆哮す/稲岡長

俳句例:41句目~

秋空へ大きな硝子窓一つ/星野立子

秋空や天地を分つ山の王/村上鬼城

秋天に投げてハタ~放ちけり/篠原

秋空や里穏かに寺の屋根/野村喜舟

紺青の海坂まろし秋天下/中田貞栄

秋天に橋懸あり天女消ゆ/関森勝夫

絵画展出て秋天に階を下り/上野泰

噴煙に秋天の風すさぶらし/瀧春一

秋天や塔に根本如来在す/大橋敦子

秋天に煩悩を絶つ鳶の笛/加藤一智

夏空が秋空となる刻に音/鳴戸奈菜

大玻璃戸拭き秋天を拭いてをり/泰

阻む岩攀ぢ秋天の中に我/福田蓼汀

雲に透く秋空見れば笛欲しや/湘子

吊革の輪に東京の秋の空/石川文子

唐崎の松は気ままに秋の空/大串章

大水の引て雨なし秋の空/子規句集

秋天や最も高き樹が愁ふ/木下夕爾

家ありて家欲し秋の空の下/森田峠

秋天に音軽々と戦闘機/稲畑廣太郎

俳句例:61句目~

秋天に風の形のちぎれ雲/狹川青史

弘法の産屋小さし秋天下/稲荷島人

秋天に煙突毀す男のあり/館岡沙緻

秋天に鳶の翼の傷あらは/相馬遷子

小鳥雁鵬わたれ秋の空/東洋城千句

秋天や石に塩置き放牧す/酒井土子

秋の空尾上の杉にはなれたり/其角

一葉落てあとに穴あく秋の空/成美

草山に馬放ちけり秋の空/夏目漱石

高山に大声放つ秋の空/大須賀乙字

最上峡秋天を抜く土湯杉/高澤良一

望楼に登る秋天拡げつつ/西村和子

わが頭上最も青し秋の天/岩崎偶子

枯竹を割るみやびごゑ秋空に/原裕

嗄煙は音なく秋の天に凝り/瀧春一

天壇の瑠璃の歳月秋の天/伊藤敬子

鴟尾はねて支ふる如し秋の天/年尾

秋天の松より低き昼の月/高木晴子

秋天の果を浄土と疑はず/滝川名末

秋天を祖とし我らに蒙古斑/岩村蓬

俳句例:81句目~

秋天を絞り溜めたり山上湖/関成美

秋天に日食終へし雲流れ/高橋淡路女

窓外の秋空のごと出湯澄めり/上村占

のこぎりの歯を秋天に剣岳/沢木欣一

秋天下微塵となりてゆく別れ/上野泰

匂やかに少し濁りぬ秋の空/高浜虚子

秋天の下に浪あり墳墓あり/高浜虚子

秋天の下に野菊の花弁欠く/高浜虚子

秋天の下雀斑のこまやかに/山口誓子

仰ぎ得し巴里の秋の空の紺/河野静雲

青樫や秋天の雲にささやける/瀧春一

秋天下ベルツの髯の一文字/高澤良一

人の像時を打つなり秋天下/高木晴子

二峰相親しむごとし秋の空/橋本鶏二

転けし子の考へてをり秋天下/上野泰

むかしから穴もあかずよ秋の空/鬼貫

秋天や鴉の声は玉のごと/高橋淡路女

秋空につぶてのごとき一羽かな/久女

秋天をかくさふ庭木栗も柿も/瀧春一

長城万里秋天はただ一枚に/中村明子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ