季語/水馬(あめんぼう/みずすまし)を使った俳句

「水馬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水馬」について

【表記】水馬

【読み方】あめんぼう/みずすまし

【ローマ字読み】amembo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・あめんぼう(あめんぼう:amembo_)

・あめんぼ虫(あめんぼむし:amembomushi)

・川蜘蛛(かわぐも:kawagumo)

・水蜘蛛(みずぐも:mizugumo)

・あしたか(あしたか:ashitaka)

・海水馬(うみあめんぼ:umiamembo)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

水馬を含む俳句例

十月の頭小さく水馬/原田喬

夕暮や蓮の葉に飛ぶ水馬/瀾水

水馬水に生れて花曇/高野素十

寂寞と雨を催す水馬/高田蝶衣

松風や道の溜りに水馬/森澄雄

滝壺や波遡る水馬/五十嵐播水

水馬未だ埃の大きさに/高澤良一

水馬螢の下に眠るなり/籾山柑子

水馬鳳凰堂をゆるがせる/飴山實

水玉の光の強き水馬/八木林之助

水路にも横丁ありて水馬/瀧春一

水馬枯葉かかえて遡る/正岡子規

秋風や吹き戻さるる水馬/淡路女

水馬思ひ思ひの輪を重ね/関弥生

水馬マリヤの姿乱れざる/森田峠

水馬反動分子然として/高澤良一

直情の典型疾駆の水馬/高澤良一

夕立や菱の上飛ぶ水馬/松藤夏山

水馬右往左往や波苛ち/香西照雄

水馬水の日輪蹴つ飛ばし/上野泰

俳句例:21句目~

水馬試し走りの朝の池/高澤良一

川上へ頭そろへて水馬/正岡子規

水馬や月冷かに三の簗/会津八一

水馬青天井をりん~と/川端茅舎

水馬大法輪を転じけり/川端茅舎

鶴ケ岡蓮池の水馬かな/尾崎迷堂

永く見て心静まりぬ水馬/野村喜舟

空元気出して晦日の水馬/高澤良一

水馬見て退屈をせぬ時間/松尾白汀

水馬とんで離れて爭はず/村上辰良

禅寺にかろき生得し水馬/宮津昭彦

瑠璃沼の塵にひとしき水馬/長田等

まい~に勝て遡れり水馬/村上鬼城

水馬はや朝焼の水を蹴り/内藤吐天

滝壺に生れ死ぬまで水馬/鷹羽狩行

水馬よく遡る一つかな/徳永山冬子

滝壷に生れ死すまで水馬/鷹羽狩行

水馬ダムの放流はじまるぞ/山口速

水馬一つ所にかたまらず/高澤良一

水馬二つ光輪ぶつけ合ひ/高澤良一

俳句例:41句目~

洗ひ場を戯れだまり水馬/荒井正隆

学生等就職さがす水すまし/飴山實

水馬頻りに飛ぶも恋の事/石井露月

水馬跳ねて池水後退さる/内藤吐天

方寸の水あれば足る水馬/高澤良一

大出水引きたる水に水馬/右城暮石

鼈居る水を踏まへて水馬/高浜虚子

雨粒のたち来し池や水馬/岩木躑躅

針金の脚ふんばつて水馬/土生重次

足枷の己が影曳く水馬/嶋田一葉詩

啓蟄の背ナ新しき水馬/青葉三角草

蒐まって軍団めける水馬/高澤良一

水馬流され水輪流されし/倉田紘文

水馬交み河骨知らん顔/松本たかし

波郷忌の泉に生きて水馬/向笠和子

極端なこと申すなら水馬/高澤良一

水馬走りしときの秋の風/高野素十

水馬湧く一盞の水に足り/古舘曹人

葉をもぎり流す面白水馬/西山泊雲

花屑を渡る時あり水馬/青葉三角草

俳句例:61句目~

水馬目高の目玉ふまへたり/巌谷小波

水馬絹より細き四肢持てる/保坂リエ

水馬総出で水を澄ましをり/高澤良一

背中乾きて遊べり秋の水馬/中島月笠

いつからの一匹なるや水馬/右城暮石

うち水にはねて幽かや水馬/飯田蛇笏

お岩木に向きて小池の水馬/高澤良一

水馬雲が映れば雲に乗り/家中波雲児

流さるるも狙ふは好機水馬/香西照雄

だしぬけの雨に臆しぬ水馬/高澤良一

なか~に水流れけり水馬/東洋城千句

流れ来しものゝ中より水馬/稲畑汀子

畦を塗る泥水に蝌蚪水馬/青葉三角草

秋風やからみかはりし水馬/永田耕衣

論点のずれてゆくなり水馬/柴田奈美

八方に敵あるごとく水すまし/北山河

ゆき違ふとき水馬高飛びぬ/田中丈子

夕風の塵のごとしや水すまし/有働享

川蜘蛛の影米米と米米と/佐々木六戈

一族にしては多過ぎ水馬/田中佳嵩枝

俳句例:81句目~

五月雨に一つ淋しや水馬/水原秋櫻子

水蜘蛛に釣場の茨花すぎぬ/西島麥南

光の輪いくつも生れて水馬/門居米子

力溜めをりしがついと水馬/嶋田一歩

牛の鼻の影の近づく水すまし/桂信子

十六夜の水にちらばり水馬/萩原麦草

訣れ来て天日昏き水すまし/小坂順子

あめんぼう勇み正面衝突す/高澤良一

太藺散る水平らかや水馬/島村元句集

定年のすこし手前の水馬/小島千架子

影たえず流されてゐる水馬/稲井優樹

心太いま渉りきし川のこと/岸本水馬

推力の一桁違ふあめんぼう/高澤良一

数ズ居るや閑一つづゝ水馬/尾崎迷堂

明けわたる水に水馬の鉄脚/高澤良一

朦々と底なき秋の水馬/阿部みどり女

松風にはらはらととぶ水馬/高浜虚子

柱ばかりの家や身弱き水馬/栗林千津

武庫の橋吹く沙かむり水馬/宮武寒々

水あるを知らぬが如し水馬/松瀬青々

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ