季語/夕霧忌(ゆうぎりき)を使った俳句

「夕霧忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夕霧忌」について

【表記】夕霧忌

【読み方】ゆうぎりき

【ローマ字読み】yugiriki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ゆ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

夕霧忌を含む俳句例

万太郎章太郎亡し夕霧忌/富重暘谷

京紅の貝の小粒に夕霧忌/角川照子

冬桜一ひら解けし夕霧忌/清崎敏郎

夕霧忌その琴爪の黝みて/品川鈴子

夕霧忌川二つ合ふ水の音/外川玲子

裾長に着て影映す夕霧忌/千賀静子

道頓堀に赤き芥や夕霧忌/宇咲冬男

夕霧忌ひとり鏡の前ながし/小坂順子

夕霧忌もて戦乱の御代を閉づ/岩村蓬

大坂の朧夜さても夕霧忌/山上樹実雄

桜炭ほのぼのとあり夕霧忌/後藤夜半

雪積るしのび返しや夕霧忌/三宅応人

一盞のはや色に出し夕霧忌/鷲谷七菜子

炭の香の雪をさそふや夕霧忌/小林羅衣

角行燈夕霧忌とぞともりたる/鈴木小渓

雪の上に藻えびをひろふ夕霧忌/上村占

ままならぬ恋もありけり夕霧忌/角川春樹

夕霧忌昔はもののやさしかり/後藤比奈夫

夕霧忌皿を洗ふに湯があまり/神尾久美子

帰り咲く九軒のさくら夕霧忌/大橋櫻坡子

俳句例:21句目~

炭の香のはげしかりけり夕霧忌/日野草城

雪しみの木橋をひとつ夕霧忌/鷲谷七菜子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ