季語/春ショール(はるしょーる)を使った俳句

「春ショール」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春ショール」について

【表記】春ショール

【読み方】はるしょーる

【ローマ字読み】harushoru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春マフラー(はるまふらー:harumafura)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春ショールを含む俳句例

一瞥に怯みし伏目春ショール/稲垣きくの

春ショール夜の躬包むに端余る/菖蒲あや

春ショール胸もと騒ぐ海の前/猪俣千代子

人を見ぬ睫けむりて春ショール/柴田白葉女

大阪の灯の生き生きと春ショール/西村和子

春ショールして茫々と歩むなり/柴田白葉女

春ショールひるがへり見ゆ石舞台/大石悦子

春ショール妬まるるほど愛は享けず/樋笠文

春ショールいそいそと我何ならむ/殿村菟絲子

春ショールぽんぽんものをいふことよ/辻桃子

春ショール夜は濃き靄となりにけり/坂間晴子

汽車の尾をなほ見送れり春ショール/日野草城

目つむればいつも身近に春ショール/木村敏男

連れ立ちて仲見世をゆく春ショール/高澤良一

隠し井の一つ見てゐる春ショール/遠藤寛太郎

さいはての句碑に掛けおく春ショール/角川照子

春ショール春の手ぶくろ春去れり/久保田万太郎

春ショール領布振るごとくして別る/稲垣きくの

春ショール頤でおさへて未知の土地/平井さち子

さんぐらすかけし仔細や春ショール/久保田万太郎

俳句例:21句目~

つゆほども神うたがはず春ショール/久保田万太郎

春ショール春をうれひてまとひけり/久保田万太郎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ