季語/蟻(あり)を使った俳句

「蟻」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蟻」について

【表記】蟻

【読み方】あり

【ローマ字読み】ari

子季語・関連季語・傍題・類語など

・女王蟻(じょおうあり:jouari)

・雄蟻(おすあり:osuari)

・働蟻(はたらきあり:hatarakiari)

・蟻の塔(ありのとう:arinoto)

・蟻塚(ありづか:arizuka)

・蟻の列(ありのれつ:arinoretsu)

・蟻の道(ありのみち:arinomichi)

・蟻の国(ありのくに:arinokuni)

・蟻の門渡り(ありのとわたり:arinotowatari)

・家姫蟻(いえひめあり:iehimeari)

・大黒蟻(だいこくあり:daikokuari)

・赤蟻(あかあり:akaari)

・黄蟻(きあり:kiari)

・黒蟻(くろあり:kuroari)

・大蟻(おおあり:oari)

・小蟻(こあり:koari)

・家蟻(いえあり:ieari)

・山蟻(やまあり:yamaari)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蟻を含む俳句例

大蟻の考へてをる閾かな/泰

枕辺に這ふ山蟻や簟/赤木格堂

墓の前強き蟻ゐて奔走す/三鬼

直土の色改り蟻の変/下村槐太

鼻紙に山蟻払ふ墓參かな/泉鏡花

木蔭より総身赤き蟻出づる/誓子

石階の蟻大いなる影はこぶ/原裕

蟻が這う望遠鏡の仰角を/三谷昭

凌霄の花凌霄の花の蟻/後藤夜半

放心の真昼で白蟻増殖す/森須蘭

仏書幡く蟻来る明るし/喜谷六花

蟻くろく松の花降る/栗林一石路

敢然と太陽担ぐ蟻の列/渡辺恭子

蟻急ぎをる西大寺縁の下/六林男

牛肉の赤きをも蟻好むなり/暮石

蟻台上に飢ゑて月高し/横光利一

大旱の蟻はしるその影の上/楸邨

大蟻の畳をありく暑さかな/士朗

屑籠に蟻の潜伏発覚す/高澤良一

大頭の黒蟻西行の野糞/金子兜太

俳句例:21句目~

簟物狂ほしく蟻の這ふ/高浜虚子

蟻の道墓行く道と眩く/石塚友二

蟻臺上に餓ゑて月高し/横光利一

磐石に一匹の蟻夏終る/橋本榮治

山蟻や緑漂ふ五千畳/島村元句集

西荻といふ迷宮を蟻はしる/皆吉司

石上や蟻にかはりてきり~す/白泉

黒松の能登巌門へ人と蟻/成田千空

敦盛塚より雑兵の蟻の列/前山松花

鶏頭の炎の先へ蟻上る/深見けん二

石畳朝儀に参ず蟻ならむ/高澤良一

踏み石に密集の蟻くらくなる/原裕

飴玉に蟻の行列出来始む/乙武佳子

働くや大蟻小蟻中蟻も/高田風人子

君子蘭蟻頭をふりて頂に/加藤楸邨

先歩く女の匂ひ山蟻出づ/右城暮石

凍蟻の思ひつめゐる夕明り/北光星

蟻殺し殺し身力を信じくる/多佳子

雲の峯硯に蟻の上りけり/子規句集

人も蟻も雀も犬も原爆忌/藤松遊子

俳句例:41句目~

日焼畑蟻の営みあら~と/松藤夏山

蟷螂の斧を引きゆく小蟻哉/森鴎外

牡丹や阿房崩すと通ふ蟻/飯田蛇笏

啓蟄の蟻に言ふ人のあり/高橋昌子

人形の胸が破れて蟻の列/対馬康子

地下一尺蟻の卵の旱かな/野村喜舟

陶酔や白糖を蟻光り出づ/内藤吐天

蟻強し陽も強し何の影もなし/綾子

防人のうたにまぎるる蟻一つ/原裕

蟻嬉々と鋼の上を走りけり/原田喬

落花地に樫の山蟻道作る/松瀬青々

夕暮の蟻握りこむ牡丹哉/横井也有

蜿蜒と炎々と蟻只今旅順/攝津幸彦

蟻出初め木石も相改まる/右城暮石

戦へる中のひとつに蟻動く/上村占

大蚯蚓仏となりて蟻の変/高澤良一

森閑と日や山蟻に指噛まれ/朔多恭

病葉をはこぶ蟻あり嵐山/松瀬青々

通草に遠き/蟻の尽日小倉山/林桂

蜂が蟻はこぶ八月十五日/土屋巴浪

俳句例:61句目~

大蟻の雨をはじきて黒びかり/立子

洞門の史実は美し蟻急ぐ/古舘曹人

細脚ののぞく正装夜の蟻/橋本榮治

混沌の放心目には瓶の蟻/石塚友二

孤の蟻や男闘はねば寂し/荒井正隆

まつ白な風の岬に踏む蟻よ/皆吉司

蟻の道雲の峰よりつゞきけん/一茶

屈強の山蟻西行墳に見て/関戸靖子

大蟻の真正面に大蟻来/夏井いつき

蟻ころす母の力のいつまでぞ/林翔

蛾殺す女意味なく蟻殺す/辻田克巳

爪先で蟻一匹を惑はしぬ/岡田史乃

蘗や蟻何につきし枯親木/河野静雲

山蟻のあからさまなり白牡丹/蕪村

蟻の糧一雑草も地を青め/右城暮石

蟻殺す女意味なく蟻殺す/辻田克巳

列島の最西端をいそぐ蟻/佐川広治

山蟻をつまみ佛の話する/石川文子

蟻の塔砂山に古る水神社/巌谷小波

黒蟻の這へり山城復元図/小林紀代子

俳句例:81句目~

黒蟻の彷徨を見る神の位置/平井照敏

黒白の魂魄ちゞれ蟻の塔/八木三日女

よぎり消ゆ蟻の残像机の辺/高澤良一

薔薇の根に蟻の群る日向哉/寺田寅彦

瑠璃蟻の蛹おそろし空海忌/塚本邦雄

飯粒を神輿に蟻や木の芽山/矢島渚男

飯盒を蟻這ふ昼餉雲も訪ふ/宮津昭彦

風の幹攀づ蟻のあり労働祭/伊東宏晃

雷のとどろとどろと蟻の変/下村槐太

アパートの二間貫く蟻の道/品川鈴子

雨粒のやがて働く蟻を打つ/増山美島

階の壁を見上げて蟻の居り/高澤良一

長閑さや日向の独活に蟻上下/原月舟

遠足の子等蟻の如く丘へ~/島田青峰

迂回せぬ蟻天才と思ひけり/吉岡翠生

一匹の蟻針と見ゆ時計草/阿波野青畝

蕗の葉の日向日陰をめぐる蟻/中田剛

辛抱の蟻も湿りて急ぐかな/笠川輝子

木陰より総身赤き蟻出づる/山口誓子

足高に山蟻がふと鐘を聞く/松村蒼石

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ