季語/朝寝(あさね)を使った俳句

「朝寝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朝寝」について

【表記】朝寝

【読み方】あさね

【ローマ字読み】asane

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

朝寝を含む俳句例

朝寝して餅花かざす顔の上/林翔

向ひ山鳥も朝寝の奥道後/高澤良一

百彩の顕ちくる刻を朝寝して/林翔

白蓮に貧乏寺の朝寝かな/山口花笠

お降に草の庵の朝寝かな/高浜虚子

行年を鴎の朝寝昼寝かな/渋川玄耳

水仙や朝寝をしたる乞食小屋/素牛

ミサの鐘芝生の天使朝寝せよ/林翔

夜や昼や朝寝の床のきり~す/土芳

月の夜の桜に蝶の朝寝かな/千代尼

獏の舌長々しきを朝寝かな/辻桃子

鶯や朝寝を起す人もなし/正岡子規

大朝寝して六道の埓外に/瀬川芹子

朝寝して窓の隣は埴輪塚/瀧井孝作

花を踏し草履も見えて朝寝哉/蕪村

茎立は一寸伸びに子等朝寝/上野泰

長崎は汽笛の多き朝寝かな/車谷弘

青柳の朝寝をまくる霞かな/千代尼

百本杭潮落ちはじむ朝寝かな/龍岡晋

世上の医者朝寝の種やけふの菊/口慰

俳句例:21句目~

朝寝して鼻のひかりの青蜜柑/中拓夫

日曜日大籠のごと朝寝せり/高澤良一

職退いて朝寝の夫や春の雨/國武和子

朝寝して色変りけり茄子漬/青木月斗

大朝寝して匂やかに現れし/山田弘子

大朝寝人に訪はれて起さるる/上村占

子の朝寝篁に日矢遊びをり/清水基吉

寒声のうたてき朝寝宵寝哉/島道素石

朝寝せり幼き跫音階鳴らし/堀口星眠

光射す微塵眺めて朝寝継ぐ/小林綾子

朝寝する障子の間や霧の山/立花北枝

彩のある夢にさまよひ大朝寝/上村占

退院の妻の朝寝のいとほしき/本井英

色里や朝寝の門の注連貰ひ/岡本松濱

朝寝して鵯に椿を踏まれをり/上村占

若き敗北一月一日の朝寝/中尾寿美子

日曜の客に朝寝の夫不興/一円あき子

蕣に今朝は朝寝の亭主あり/正岡子規

血統書自慢の犬も朝寝せり/大島民郎

大年や朝寝の床に耳すます/浅原六朗

俳句例:41句目~

誕生日朝寝も一理電話鳴る/河野南畦

遠浅の海に遊べるごと朝寝/高澤良一

神主の朝寝の雨戸芙蓉咲く/清水晴子

雨蛙朝寝の足を冷しをり/米沢吾亦紅

朝寝して白波の夢ひとり旅/金子兜太

我が僕落花に朝寝ゆるしけり/榎本其角

朝寝ややさせて勤労感謝せむ/亀井糸游

朝寝して生死二つに遊ぶごと/井澤正江

大都会動いてゐたる朝寝かな/山本歩禅

朝寝してとり戻したる力あり/稲畑汀子

始発待つベンチの朝寝登山口/癸生川昭

娘の家に旅の終りの大朝寝/桶川/皆舟

嫁の座もしかと十年大朝寝/服部壽賀子

つゆの土隣につづく朝寝かな/松村蒼石

朝寝子や永日つゞく寝ざまして/原石鼎

定年やなにか疾しき大朝寝/平木智恵子

耳洗ふ楽あり朝寝覚めゐたる/岡田貞峰

ひとつ蚊屋に僕も朝寝の枕哉/加舎白雄

山雀や朝寝して出る竹の縁/ぜぜ-游刀

山風を濤と聞きつつ朝寝せり/米谷静二

俳句例:61句目~

病間の朝寝のいとも長かりし/高浜年尾

もの音の我家とまがふ旅朝寝/翁長恭子

帰国して畳の朝寝ほしいまま/岡安仁義

美しき眉をひそめて朝寝かな/高浜虚子

独居の野分ながらに朝寝かな/黒柳召波

点滴の枷を解かれし朝寝かな/松村英子

暗緑の肖像画ある朝寝かな/波多野爽波

渡りゆく彼岸の遠き朝寝かな/石原八束

浅蜊汁匂ふ朝寝を惜しみけり/宮坂静生

佳き壷を運びし疲れ朝寝せり/朝倉和江

薄闇は胎内に似し朝寝かな/上野美智子

充電をすると言ふ子の大朝寝/塩川祐子

受難節天上にあり朝寝せり/百合山羽公

句を案じ暫し朝寝も虚子掌上/高澤良一

誰彼の声聞き分けて朝寝かな/河村紫山

思はざる禊の朝寝とはなりぬ/手塚美佐

遊学の了りし吾子の大朝寝/山田ゆう子

土佐湊鳰のゆらゆら朝寝して/高澤良一

還り来し吾に母ある朝寝かな/桐田春暁

鐘つかぬ大仏殿と朝寝せり/百合山羽公

俳句例:81句目~

段々に夢叶ふらし朝寝など/殿村菟絲子

雨だれの世を隔てゐる朝寝かな/迫牛彦

雨戸掻く犬に朝寝を起されぬ/鈴木花蓑

朝寝髪撫でもつけずに茶摘笠/高田蝶衣

航空路朝寝の上をすぢかひに/山本歩禅

鳰二つこゑのもつるる朝寝かな/森澄雄

西行のそのもちづきのころ朝寝/山口速

朝寝して夢の余白に遊びをり/櫛原希伊子

朝寝して打ち寄するごと心拍音/高澤良一

大原女に起されてゐし朝寝かな/岸風三樓

朝寝して松喰虫をおそれけり/吉本伊智朗

朝寝して犬に鳴かるる幾たびも/臼田亞浪

朝寝して街騒に耳たのします/片山由美子

朝寝して霧氷は天にもどりけり/大島民郎

朝寝して餅焼く遅れ始めなり/殿村莵絲子

朝寝して馬上杯てふおもしろし/田中裕明

朝寝して鴉の声もにくからず/平野/伸子

枇杷たわゝ朝寝たのしき女の旅/近藤愛子

椿に来る鵯にも会はず朝寝して/石田波郷

毎日の朝寝とがむる人もなし/松本たかし

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ