季語/蘆刈(あしかり)を使った俳句

俳句例:201句目~

上げ潮の見え来し蘆を刈りはげむ/黒沢北江

蘆刈女ひたすら同じしぐさなる/石井とし夫

わびしさの面を伏せて刈らむ蘆/相生垣瓜人

水無月の風はらむ葦を刈りにけり/小林康治

蘆刈のひとり見渡すかぎりかな/金久美智子

蘆刈のふりむかば顔亡かるらむ/河原枇杷男

身ごしらへしつゝ渡舟に蘆刈女/石井とし夫

刈るにこつ揃へるにこつ蘆を刈る/石井とし夫

折りし膝濡らして刈りし芦を負ふ/迫田白庭子

刈り芦のあつめるまでをただよはす/今瀬剛一

芦刈るや逃げるひかりを取りおさへ/小室善弘

芦刈のしたゝり落つる日を負へる/篠田悌二郎

刈りかけし蘆いつまでも其のまゝに/高浜虚子

刈り昏れて犬を呼び居る芦火かな/奥田青踏子

蘆刈のしたゝり落つる日を負へる/篠田悌二郎

ひとすぢの天の洩れ日に芦を刈る/野見山朱鳥

たっぷりと日のある芦を刈りにけり/西村純吉

さわぎゐし蘆の刈られて眠りしよ/成瀬桜桃子

なつかしきほどの遠さに蘆刈れる/石井とし夫

さきの世に刈りたる蘆かかく白し/相生垣瓜人

俳句例:221句目~

ほつほつと折れはじめたる蘆を刈る/後藤夜半

風を絶つ芦に囲まれその芦刈る/鍵和田ゆう子

汐がひききつた枯芦刈りに来ている/橋本夢道

いつのときも芦刈つてゐてへだつなし/岡井省二

青葦を手づから刈つて簾を編むも/竹下しづの女

タイトルとURLをコピーしました