季語/芭蕉忌(ばしょうき)を使った俳句

「芭蕉忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芭蕉忌」について

【表記】芭蕉忌

【読み方】ばしょうき

【ローマ字読み】bashoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・翁忌(おきなき:okinaki)

・桃青忌(とうせいき:toseiki)

・時雨忌(しぐれき:shigureki)

・芭蕉会(ばしょうえ:bashoe)

・翁の日(おきなのひ:okinanohi)

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

芭蕉忌を含む俳句例

芭蕉忌や鳩も雀も客の数/一茶

芭蕉忌や其角嵐雪右左/正岡子規

芭蕉忌の枕が鳴るや仮の宿/耕衣

元禄の美刀一振桃青忌/京極杞陽

芭蕉忌の水をよろこぶ鳥獣/原裕

芭蕉忌や壁に掛たる文の切/吟江

時雨忌や奥の細道男旅/竹石一夫

深川は寒き処や桃青忌/赤木格堂

笠置路に俤描く桃青忌/高浜虚子

芭蕉忌の舟底で靴さがす足/澁谷道

その旅の一笠一杖翁の忌/下村梅子

謹て句に遊ぶなり翁の忌/高浜虚子

蕎麦殻をかへて枕や翁の忌/森澄雄

時雨忌の孤心衆心こもごもに/照敏

芭蕉忌の遠い薄明鯛の骨/中島斌雄

大半の女流作家や翁の忌/下村梅子

我道の神とも拝め翁の日/井上井月

翁忌を日付変更線にゐし/田口恵子

一門の睦み集ひて桃青忌/高浜虚子

翁忌や深川に食ぶ浅蜊飯/大橋敦子

俳句例:21句目~

桃青忌朱硯ひとつ欲しと思ふ/槐太

芭蕉忌や己が脚噛む寒鴉/沢木欣一

翁忌の駅に小さく傘畳む/加藤耕子

上人と翁はよびつ西行忌/尾崎迷堂

その像に大川明り翁の忌/村上光子

時雨忌をまたこの落葉道歩く/朱鳥

時雨忌やわが志高く置く/稲畑汀子

芭蕉忌や草履になごむ月明り/水巴

芭蕉忌や遠く宗祇に遡る/高浜虚子

時雨忌や道一筋を杖の先/村越化石

奉る中に恋の句翁の忌/斎藤由美子

時雨忌や夫に隨ひ一作者/後藤夜半

湖の寒さを知りぬ翁の忌/高浜虚子

和歌優雅俳諧自由翁の忌/岩崎照子

時雨忌や雫晴れして梅嫌/河野静雲

芭蕉忌の酢漬の冷や近江蕪/森澄雄

眼中の人老にけり桃青忌/松瀬青々

障子まで来る蝿もあり翁の日/暁台

落花生の殻が山盛り桃青忌/中田剛

芭蕉忌やことに雄島の雨の景/安住敦

俳句例:41句目~

芭蕉忌や逸翁蔵すもの何々/大橋敦子

切干もあらば供へよ翁の忌/高浜虚子

翁忌を過ぎて十日の裏見滝/吉野義子

芭蕉忌やみな俳諧の長者顔/前田普羅

山の湯に野点遊びの桃青忌/中山純子

芭蕉忌や一本畦をわが道に/大熊輝一

翁忌を女子大生と旅にあり/関森勝夫

一壺酒を温めて我が桃青忌/遠藤梧逸

時雨忌の綾瀬橋まで鴎来ぬ/斉藤夏風

どの傘も一人の世界桃青忌/山田一男

時雨忌といふ言葉好き斯く記す/立子

手の形に雑巾よごる翁の忌/大石雄鬼

翁忌は東門居忌や小名木川/石原八束

山里を雪のうかがふ翁の忌/矢島渚男

芭蕉忌や弟子のはしなる二聾者/鬼城

その頃の旅をし思ふ翁の忌/高木石子

芭蕉忌や我俳諧の奈良茶飯/子規句集

旅心わきて芭蕉の忌日なる/浅賀君女

深川に住みて芭蕉忌怠らず/真鍋蟻十

芭蕉忌や残んの菊に鮓寒し/松瀬青々

俳句例:61句目~

翁忌の羽音のつよき鴎かな/橋本榮治

降り暮す雨も尊し翁の日/高橋淡路女

突出しに千本分葱晋翁忌/星野麥丘人

芭蕉忌や茶の花折つて奉る/夏目漱石

御堂筋その一筋を翁忌へ/阿波野青畝

寺にある花屋日記や翁の忌/鶴田絹子

芭蕉忌や逸翁蔵すもの何々/大橋敦子

芭蕉忌や遅れ生れし二百年/野村喜舟

滑稽を椎しては敲く晋翁忌/加藤郁乎

句を得たる夢は尊し翁の日/島田五空

湖べりの一宿得たり翁の忌/小路紫峡

時雨忌の人居る窓のあかりかな/普羅

みちのくに憧れ強し翁の忌/岩崎照子

大川のまんなか暝し翁の忌/橋本榮治

雪片も旅いそぐかに翁の忌/堀口星眠

通勤も旅路なるべし翁の忌/岩崎照子

旅一夜明けて翁の忌なりけり/安住敦

芭蕉蔽ふ月下の書屋子規忌かな/竹美

芭蕉忌の暮れて甘ゆる鳰のこゑ/澄雄

芭蕉忌の沖が全面輝けり/九鬼あきゑ

俳句例:81句目~

金色の御堂に芭蕉忌を修す/山口誓子

旅にゐて旅を虔しむ翁の忌/遠藤梧逸

桃青忌泥濘深しこの道も/河原枇杷男

芭蕉忌の燭の芯剪る坊が妻/高浜虚子

菜を懸けて里輪しづかや翁の忌/鶏二

芭蕉忌の雲を率ゐる雲一つ/宮田正和

若くして翁といひし忌を修す/森田峠

高蘆のなかゆく道や桃青忌/石川桂郎

芭蕉忌に詣り合はざる我病ひ/数藤五城

芭蕉忌のまだ新しき冬帽子/岩淵喜代子

芭蕉忌の一日足のこごえをり/斎藤空華

芭蕉忌の旅の余白を牛鳴いて/中村明子

芭蕉忌の枯野の端を歩きをり/宇野隆雄

芭蕉忌の行火たまはる瑞巖寺/沢木欣一

芭蕉忌の選して御堂筋が見ゆ/山口誓子

芭蕉忌やとはに淋しみ古俳諧/村上鬼城

芭蕉忌や吾が俳諧に迷ひなく/山田閏子

芭蕉忌や曾良忌の話諏訪の人/矢野奇遇

芭蕉忌や木曾路の痩も此のためぞ/几董

芭蕉忌や耳出てゆかぬ月の光/河野南畦

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ