季語/冬木立(ふゆこだち)を使った俳句

「冬木立」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬木立」について

【表記】冬木立

【読み方】ふゆこだち

【ローマ字読み】fuyukodachi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬木立を含む俳句例

冬木立寒雲北に滞る/芹村

曙やあかねの中の冬木立/几董

南宗の貧しき寺や冬木立/仙魯

盗人に鐘撞く寺や冬木立/太祇

灯せば影は川こす冬木立/紫暁

山寺に豆麩引くなり冬木立/一茶

冬木立ランプ点して雑貨店/茅舎

冬木立奥は社の鏡かな/藤野古白

火の山の裾に疎らや冬木立/迷子

冬木立月骨髄に入る夜かな/几董

其中に境垣あり冬木立/高浜虚子

冬木立ここ清貧の僧あらむ/暁台

汁の実に乏しき畑や冬木立/篠原

氏神の屋根新しき冬木立/寺田寅彦

山の名こゝに千年冬木立/小塙徳女

月すでに窓に廻りぬ冬木立/上村占

風呂敷の紺を匂はす冬木立/桂信子

冬木立備中高松城址寂/稲畑廣太郎

たたらふむ火の宵々や冬木立/篠原

冬木立鳥も噂もきらきらす/原田喬

俳句例:21句目~

純愛や十字十字の冬木立/対馬康子

墓守の娘に逢ひぬ冬木立/寺田寅彦

鴉には首吊るによき冬木立/安西篤

旅馬車に渚又遠し冬木立/飯田蛇笏

一本の冬木に遠く冬木立/倉田紘文

砂よけや蜑のかたへの冬木立/凡兆

山番の道細々と冬木立/寺野守水老

港より一すぢ続く冬木立/高木晴子

冬木立続けり胸の延長線/対馬康子

冬木立にぎりこぶしのうち熱し/稚

あかつきの息をひそめて冬木立/舟月

壮年や茸の匂ひの冬木立/小島千架子

大佛の胸あらはなり冬木立/寺田寅彦

からびたる三井の仁王や冬木立/其角

大佛は猫脊におはす冬木立/吉屋信子

孟子読む郷士の窓や冬木立/黒柳召波

それぞれが暗い空白冬木立/対馬康子

家二軒畑つくりけり冬木立/子規句集

斧入れて香におどろくや冬木立/蕪村

晩年を考へてゐる冬木立/中村菊一郎

俳句例:41句目~

月光の鍼ぴしぴしと冬木立/吉田朔夏

氏神の御屋根普請や冬木立/寺田寅彦

汽車道の一すぢ長し冬木立/子規句集

満月のほうとのぼりぬ冬木立/中勘助

濁り水澄まぬ池あり冬木立/玉越琅々

一めぐり塚も黒むや冬木立/水田正秀

白林を湯へよぶ柝や冬木立/飯田蛇笏

乾鮭も登るけしきや冬木立/蕪村遺稿

組みかけし塔むつかしや冬木立/白雄

自動車の光さしこむ冬木立/西山泊雲

花鳥にせがまれ尽す冬木立/広瀬惟然

菜畑や小村をめぐる冬木立/子規句集

冬木立いつか生れし赤き屋根/林豊子

里ふりて江の鳥白し冬木立/蕪村遺稿

門前のすぐに阪なり冬木立/小西由挙

隆々と瘤あらはなり冬木立/小柳研秋

馬蹄師の宿一軒や冬木立/大須賀乙字

冬木立一壷となりし母軽し/吉屋信子

冬木立僧園に人ありやなし/臼田亞浪

冬木立別るるまへの顔あげよ/小澤實

俳句例:61句目~

冬木立北の家かげの韮を刈/蕪村遺稿

冬木立家居ゆゝしき梺かな/蕪村遺稿

冬木立寺に蛇骨を伝へけり/夏目漱石

冬木立歩き渋りの犬を曳き/依光陽子

冬木立羊の群の縫うてゆく/清水駿郎

力抜くことも覚えて冬木立/中嶋秀子

テレビ塔二つも近き冬木立/瀧井孝作

うてば打ち返す短信冬木立/赤松ケイ子

からからと日は吹き暮れつ冬木立/鳴雪

ここからは母親となる冬木立/高澤晶子

明ぼのやあかねの中の冬木立/高井几董

表情のまだ定まらぬ冬木立/阿部登美子

つかのまの日の冬木立戦やむ/小池文子

ひき出す馬の匂ひや冬木立/金尾梅の門

ひよどりの飛びつく伊賀の冬木立/展宏

冬木立思ひがけなく線路あり/福田清人

よるみゆる寺のたき火や冬木立/炭太祇

明るさの戻りたるより冬木立/稲畑汀子

ガム噛みて孤りを深む冬木立/上野澄江

貝殻を落とす鴉や冬木立/安斎櫻カイ子

俳句例:81句目~

人恋ふる捨猫のゐて冬木立/坂本登美子

冬木立静かな暗さありにけり/高浜年尾

何鳥か啼いて見せけり冬木立/小澤碧童

雨ふりていよ~黒し冬木立/高橋すゝむ

冬木立そがひの坑は廃れたり/那須辰造

冬木立ながらに松の御苑かな/京極杞陽

冬木立に見えすく山の容かな/高濱年尾

冬木立はねをすぼめてうつる鳥/中勘助

山人の傷ひかりおり冬木立/森下草城子

東雲や画にしまほしき冬木立/羅蘇山人

雲の裏真赤に燃えて冬木立/梅田ひろし

冬木立仰げば空の揺れにけり/木村凍邨

冬木立透きて深まる海の紺/小松世史子

堕ろし来て妻が小さし冬木立/吉田鴻司

鬼となる子が目を隠す冬木立/赤井淳子

垣結へる御修理の橋や冬木立/黒柳召波

冬木立母音と子音ひびきあい/大竹広樹

冬木立ばたりと人が倒れたり/柴崎昭雄

触れし手のゆき処なし冬木立/谷口桂子

壁に乾くにんにくの束冬木立/小池文子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ