季語/桃の花(もものはな)を使った俳句

「桃の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桃の花」について

【表記】桃の花

【読み方】もものはな

【ローマ字読み】momonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白桃(しらもも:shiramomo)

・緋桃(ひもも:himomo)

・源平桃(げんぺいもも:gempeimomo)

・桃畑(ももばたけ:momobatake)

・桃林(とうりん:torin)

・桃園(とうえん:toen)

・桃見(ももみ:momomi)

・桃の村(もものむら:momonomura)

・桃の宿(もものやど:momonoyado)

季節による分類

・「も」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

桃の花を含む俳句例

何作る日向の脊中桃の花/荘丹

福島は桃桃桃の花霞/高澤良一

石を切る山の麓や桃の花/湖柳

鶏の相手もなしや桃の花/残香

船頭の耳の遠さよ桃の花/支考

桃の花一条殿の寐覚かな/嘯山

桃咲くと風の中なる一童子/裕

善根宿代々女系桃の花/近藤一鴻

軒裏に去年の蚊動く桃の花/鬼貫

白墨ほど桃の花間の燈台は/子郷

桃の花噂話に終始して/高澤良一

桃咲いて三歳の子の小弁当/林翔

桃の花用宗の海高かりき/原田喬

土器の箔もゆりこせ桃の花/其継

天秤に分桐ふたつ桃の花/中田剛

学校も焼場も桃の花の中/日原傳

実をねらふ足軽町の桃の花/朱廸

菓子盆にけし人形や桃の花/其角

胸厚き大日如来桃の花/角川春樹

畑中や賤が簪の桃の花/尾崎紅葉

俳句例:21句目~

春の水苗木の桃の花盛/大谷句佛

桃の花を満面に見る女かな/青々

此村に聖在して桃の花/寺田寅彦

桃咲くや父失ひし妻の齢/杉本寛

桃咲くや畑の中なる村役場/湯川

桃咲けり明眸の妻つれて友/耕二

綾取りの山ふところの桃の花/原裕

麦とろの古行燈や桃の花/羅蘇山人

ふだん着でふだんの心桃の花/綾子

傷舐めて母は全能桃の花/茨木和生

糟糠を根に埋め妻に桃の花/中拓夫

石一つ置いて仏や桃の花/浜野桃華

丘なすところ概ね桃の花/京極杞陽

嘗て住み今旅人よ桃の花/太田土男

夕方は泥の匂ひや桃の花/岸本尚毅

大病の後の寧けさ桃の花/関森勝夫

天幕が空へふくらみ桃の花/中田剛

天平の丸顔にして桃の花/矢島渚男

直道の小學校や桃の花/八木林之介

妹に口で負かされ桃の花/大原教恵

俳句例:41句目~

五年みぬ故郷のさまや桃の花/維駒

あの人も終身老人桃の花/桑原三郎

対峙して段丘桃の花の昼/宮津昭彦

山国の一村一寺桃の花/木附沢麦青

悦楽か怡楽か桃の花ざかり/森澄雄

嘴は肉につづけり桃の花/森川麗子

無人棚に売る木炭と桃の花/荒久子

手料理に苣のさしみや桃の花/許六

桃咲いて咽の乾きや長堤/水田正秀

桃の花最初の人の足音ぞ/鳴戸奈菜

沐浴の嬰の屈伸桃の花/小川木久江

桃の花麥の縁沙浴びる鶏/幸田露伴

昔にも昔ありけり桃の花/奥坂まや

唇も肉なれば尊し桃の花/桑原三郎

桃原の墓とつたへて桃の花/飴山實

暁暗も人類無かれ桃の花/永田耕衣

生徒の眼緋桃買ふ吾を祝福す/林翔

肢長く姙り緋桃緋を尽す/和知喜八

老が世に桃太郎も出よ桃の花/一茶

緋桃さく水車の裏の桑畑/寺田寅彦

俳句例:61句目~

一ト畑は嫗のほまち桃の花/飴山實

沿線にいくつかの川桃の花/下田稔

この峡の水を醸して桃の花/飴山實

桃の花乳牛のゐるやさしさに/澄雄

桃の花交配なせる低腰に/菖蒲あや

桃咲いて風は素足で歩きけり/照敏

潺々と水来て去りぬ桃の花/飴山實

桃咲くや海道の星みなうるみ/羽公

体育が嫌ひで桃の花の下/辻美奈子

硝子戸にゝと雨粒や桃の花/辻桃子

万歳の畑うつ頃や桃の花/横井也有

桃咲や幾度馬に行きあたり/千代尼

甲斐一之宮花桃の夕明り/中楯貞女

花桃は欲望の色寡黙の山/飯田龍太

花桃は田舎娘の器量佳し/高澤良一

海に生きし人こそ寡黙桃の花/中拓夫

近山が唇吸い合うや桃の花/永田耕衣

国東は鬼さへやさし桃の花/富永朝子

赤子置く布団あたたか桃の花/中田剛

人麻呂の石見を見たし桃の花/森澄雄

俳句例:81句目~

墓石の黒刻まるる桃の花/古賀まり子

桃の花力みてひらく観光島/辻田克巳

桃の花吾は黙つて日を愛す/細見綾子

海女とても陸こそよけれ桃の花/虚子

桃の花白磁の肌へ点るごと/石原八束

大戦果わたる海かな桃の花/渡邊水巴

桃の花笛吹川は奔りたる/八木林之介

桃咲いて村の鴉が嬉しがる/池上拓哉

うろついて源平桃の花の下/依光陽子

用水を高きに通し桃の花/中戸川朝人

桃ひらく口中軽く目覚めけり/岡本眸

からからに乾く畑土桃の花/高澤良一

妻の日々卵も桃の花も買ふ/古館曹人

枝沿ひに桃咲き昇る青天井/高澤良一

最澄の空間があり桃咲けり/大坪重治

満開にしてふつと消ゆ桃の花/齋藤玄

この山に緋桃が咲いて御開帳/森澄雄

角菱の餅にありとも桃の花/上島鬼貫

斑鳩の潰えし土塀緋桃咲く/伊東宏晃

桃の花牛の蹴る水光りけり/沢木欣一

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ