季語/鰤(ぶり)を使った俳句

「鰤」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰤」について

【表記】鰤

【読み方】ぶり

【ローマ字読み】buri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大鰤(おおぶり:oburi)

・入道(にゅうどう:nyudo)

・大魚(おおいお:oio)

・鰤場(ぶりば:buriba)

・巻鰤(まきぶり:makiburi)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鰤を含む俳句例

鎌倉の八幡前を鰤運ぶ/裸馬

畦道や鰤五七駄を年の物/鸞路

鰤糶るや鰤に隠るる台秤/一男

寒流に鰤網重く沈みゆく/小鵜

真東に真向きの番屋鰤の海/峠

橋立や次第に重き丹後鰤/楓子

浦嶋が手釣の鰤や庖丁箱/調和

鰤飛て鰹躍るや師走の賦/米仲

日の柱立つ寒鰤の定置網/神蔵器

百の鰤並べて市場始かな/成江洋

大漁の鰤物語宿の冬/鈴鹿野風呂

としの夜の鰤や鰯や三の膳/去来

舟板に怒れる鰤の血潮かな/卯星

巻舌の濤の暗黒鰤起し/森田緑郎

初鰤や橋立の文なまぐさき/遊糸

裸灯に鰤の白腹百数ふ/細見綾子

鰤季の波の瞠く日本海/堀口星眠

塩鰤の市はみぞるゝ夕かな/江流

鰤売の娘も見たく上りけん/一扇

鰤荷ふ中間殿にかくれけり/其角

俳句例:21句目~

鰤を吊り大橋の袂なり/岡井省二

鰤船の師走を帰る響灘/庄司圭吾

大俎歳暮の鰤と格闘す/有岡和子

大皿に平鰤海に夕日かな/内野修

鰤の腹広し文箱の入れ所/来山/

頭なき鰤が路上に血を流す/誓子

笹緑鰤まくれなゐ蕪白/高橋睦郎

老衲に鰤一本の御年玉/森永杉洞

初鰤やほのかに白き大江山/季友

白衿に針はこぶ夜の鰤起し/井上雪

真向ひに立山のある鰤場かな/東雲

ほどくとも見えねど鰤の俵縄/惟然

鰤雑煮父母の故郷に縁なしや/茘枝

鰤起し沖は鋼の色深む/北見さとる

鰤衆の湖中綱曳ただ叫ぶ/本多静江

引当てし鰤一本や歳の市/小野喬樹

箱橇の鰤の荷のゆく鉄砲町/下田稔

鰤網を越す大浪の見えにけり/普羅

鰤網を干すに眼こはし濱烏/原石鼎

接岸の鰤船裸灯高く吊り/舘岡沙緻

俳句例:41句目~

数読んで鰤投げ出すや雪の上/萩男

敷網の内外の紺も鰤の海/皆吉爽雨

紺碧の海に育ちし鰤の色/飯島正人

鰤肥り白磁のごとき胸を揃ふ/墨石

鰤を糶る少年すでに臭し/高橋柿花

舟底に跳ねつぐ鰤や漁始/河北斜陽

立山の襞引き締めて鰤起し/蔵巨水

鰤網をしづめ太平洋曇る/石原義輝

鰤敷にとまる鴎の朝ぼらけ/森田峠

湯の山の屋に鰤床濡らす/石川桂郎

大鰤の口に噛ませて糶の札/たま江

鰤網に大きな波の立ち上り/上村占

骨正月鰤の頭を刻みけり/野村喜舟

女あり父は津の鰤の漁夫/高野素十

二色の潮に股がり鰤場かな/榊冬至

伊豆の海すはや塞鰤五千貫/中勘助

風待の舳艫相打つ鰤起し/和田祥子

網走の古き曲輪に鰤を糶る/柿山寺

鰤網に月夜の汐のながる見ゆ/柯城

浮丸太鰤大敷の形なす/鈴鹿野風呂

俳句例:61句目~

青潮のもまれ躍れり鰤と見ゆ/里石

初市の鰤差上げて糶りにけり/霜天

炬燵して飛騨鰤談義一頻り/高澤良一

いのちかけて待ちゐし鰤や鰤来る/占

石州の狭き入江に鰤荷上げ/水本祥壱

立働く見えつ鰤船沖を指す/中島斌男

立山の偉を正したる鰤起し/有馬朗人

立山も能登もゆさぶり鰤起し/蔵巨水

笹みどり鰤まくれなゐ蕪白/高橋睦郎

鰤あげ場裸灯をどる男の肩/細見綾子

むらさきに骨正月の鰤の塩/後藤夜半

めでたしな御子達からの台の鰤/召波

茶畑の空はるかより鰤起し/飯田龍太

防人が平鰤となる領土かな/鈴木孝信

順々にお詰め下さい鰤起し/永末恵子

鰤あげ場提灯をどる男の肩/細見綾子

一湾の気色立ちをり鰤起し/宮下翠舟

鰤の海沖津白波加へけり/水原秋櫻子

一閃光初島は覚めぬ鰤おこし/及川貞

七浦の鰤網を置く大うねり/杉浦東雲

俳句例:81句目~

上げ潮の青波さわぐ鰤の市/桂樟蹊子

鰤を並べ甍は月を忘れざる/宮武寒々

鰤並べ糶市いまだ人入れず/片町一男

鰤揚げてより節分の海荒るる/早崎明

俎の厚さたしかさ鰤載せて/和田祥子

鰤敷の怒濤を前に飯を喰ふ/福西正幸

鰤敷や船炉焚きつれ朝起船/西本一都

鰤敷や隣鰤場も指呼の中/鈴鹿野風呂

鰤敷や雪の降り込む舟焚火/桑田青虎

鰤敷をあぐる金剛裸身かな/本田一杉

鰤来るや夜を限りなき雪の声/小田司

半島のだく一湾の鰤場かな/高木一水

友情の能登荒海の鰤ぞこれ/相馬遷子

鰤来るや大雪止まぬ越の岬/羽田岳水

鰤網を敷く海くらし石蕗の花/秋櫻子

鰤舟のかかる青海真下にす/山口青邨

塩鰤も弥生尽なる片身かな/野村喜舟

夜に入りて木屑香たつ鰤起し/橋本薫

鰤船に一湾ゆらぐ能登の暁/日阪昌子

鰤裂きし刃もて吹雪の沖を指す/彰志

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ