季語/茶摘(ちゃつみ)を使った俳句

俳句例:201句目~

茶を摘めるしづかな音が移りゆく/西島陽子朗

茶を摘むや胸のうちまでうすみどり/本宮鼎三

茶どころに属し城址も茶を摘める/百合山羽公

ひとごゑのやさしき茶山がくれかな/細川加賀

茶を摘みて木幡のみどりなくならず/辻田克巳

このあかるさねむさいちにち茶摘村/関戸靖子

山焼けに焼けのこりしを摘む茶かな/飯田蛇笏

向きあうて茶を摘む音をたつるのみ/皆吉爽雨

ほととぎす茶摘み了へ来て縁にならぶ/羽部洞然

茶摘女の全形は洩らさず茶のうねり/平井さち子

板の間にそゝりさませる茶摘かな/安斎桜カイ子

布団干すや子が摘んで来し茶の芽生/佐野青陽人

茶摘女の籠おどらせて追ひ寄りし/阿部みどり女

富士を背に富士を真向きに茶を摘めり/星野立子

夫見舞ひ高瀬は遅き茶摘かな/京-烏玉/元禄百人一句

タイトルとURLをコピーしました