季語/枸杞(くこ)を使った俳句

「枸杞」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枸杞」について

【表記】枸杞

【読み方】くこ

【ローマ字読み】kuko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・枸杞の芽(くこのめ:kukonome)

・枸杞摘む(くこつむ:kukotsumu)

季節による分類

・「く」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

枸杞を含む俳句例

枸杞垣の似たるに迷ふ都人/蕪村

風色や枸杞垣煽つ宵涼し/富田木歩

堰とめて筏ひたせり枸杞の雨/原石鼎

枸杞の芽のうす紫の籬かな/安藤雅子

枸杞飯か垣に女の歌もなく/尾崎紅葉

枸杞飯や山より風の荒びきし/岸田稚

枸杞の芽や旧街道の機の音/火村卓造

枸杞の芽の傷みて黒し春の霜/高橋春灯

枸杞の芽や童駈け来る磯の糶/羽田岳水

枸杞摘まなこの楽章の終りなば/岡崎光

枸杞飯やわれに養生訓はなく/山口青邨

宿かれば月に枸杞つむあるじかな/芳/之

帰り来て昼には早し枸杞を摘む/松藤夏山

枸杞さげて帰船を呼ぶや菩薩祭/松瀬青々

枸杞に尿る犬に口笛樹の間より/河野静雲

枸杞の芽やけふ薄着せし妻の胸/細川加賀

奥砥部の古窯の跡に枸杞芽吹く/池内けい吾

枸杞にかも雨降る瞼覚めざるは/千代田葛彦

枸杞の芽に沖の帆よりの風まとも/田中英子

枸杞を摘む人来て堰のかがやける/宮下翠舟

俳句例:21句目~

枸杞垣やいつち芽ぐみし夕あがり/富田木歩

枸杞摘むや雲噴きあがる海の方/本宮銑太郎

湯治人枸杞摘みに出る小春かな/大須賀乙字

ひたすらに枸杞の芽を摘み去に支度/中里其昔

君が家束ねし枸杞のほぐれたき春辺/喜谷六花

垣根より溢るる枸杞を摘みにけり/斉木うた子

枸杞の芽の水にちかきは夥し/飛鳥田れい無公

枸杞の芽や星原に水夫降り立ちぬ/水野真由美

枸杞の芽を摘む恋や村の教師過ぐ/河東碧梧桐

枸杞の谷に蛙叩いて居る子かな/長谷川かな女

枸杞青む日に日に利根のみなとかな/加藤楸邨

垣の枸杞を分けて鶏舎見たりけり/長谷川かな女

無常にゆく道は枸杞の復興期にだけ明ける/加藤郁乎

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ