季語/チューリップを使った俳句

「チューリップ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「チューリップ」について

【表記】チューリップ

【読み方】ちゅーりっぷ

【ローマ字読み】churippu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鬱金香(うこんこう:ukonko)

・牡丹百合(ぼたんゆり:botanyuri)

季節による分類

・「ち」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

チューリップを含む俳句例

チューリップ月に傾き眠る街/山田弘子

歩く会雨天決行チューリップ/高澤良一

チューリップ畑の中の一軒家/三村純也

花市の夜明賑ふチューリップ/佐藤瑠璃

八方へ開く新種のチューリップ/金子佳子

窓の下チューリップ聯隊屯せり/中村秀好

チューリップ赤の一日終りけり/辻井のぶ

投函は封書の旅出チューリップ/原ふじ広

開港祭色整列のチューリップ/市川/玲子

八方塞の一方展けチューリップ/高澤良一

鉛筆で書く音静かチューリップ/星野立子

空港で鞄にすわるチューリップ/田中裕明

母親に閑チューリップ昼ひらく/中村汀女

遠国よ地に大輪のチューリップ/対馬康子

チューリップ散って一茎天を指す/貞弘衛

チューリップ朝酒つけし和定食/高井北杜

透明の傘に雨つぶチューリップ/福永鳴風

花茎をたてて風待つチューリップ/上村占

缺席の詫チューリップ十二本/後藤比奈夫

子の描く太陽の顔チューリップ/下村非文

俳句例:21句目~

チューリップ机上灰皿は置かず/鈴木真砂女

放牧にチューリップ咲く沃野あり/岩崎照子

重量もつしずかさよチューリップ/秋山牧車

チューリツプ畑も見廻り百姓す/青葉三角草

チューリップ砕く朝敵の風が吹く/菊川貞夫

子の疑問つねに鮮しチューリップ/大橋敦子

チューリップ園児そろそろ通る頃/高澤良一

咲き誇りたる北大のチューリップ/秋沢/猛

チューリップ原色はみな孤独なる/中村正幸

花閉づる力の失せてチューリップ/曽我鈴子

昏睡へ開き切ったるチューリップ/椎名康之

チューリップの花は悪食虫を吐く/岩谷精一

チューリップ赤きを挿して乙女妻/石塚友二

華やぎを卓に移してチューリップ/稲畑汀子

チューリップ芽の正直に出揃ひぬ/西村和子

遠目には彩揺れてゐずチューリップ/大橋鼠洞

零の地のくちびる赤いチューリップ/栗林千津

首のばし揺れゐる黒きチューリップ/仙田洋子

黄の音符赤の音符やチューリップ/佐藤多太子

はるかなる風車は回るチューリップ/岩崎照子

俳句例:41句目~

ひと言でひとを笑はすチューリップ/辻田克巳

ゆく春の片羽のこすチューリップ/川辺きぬ子

チューリップこみあげてくる色新鮮/三宅未夏

チューリップ喜びだけを持つてゐる/細見綾子

チューリップみんな笑つて写さるる/石川文子

チューリップみんな開いて青い空/小島阿具里

チューリップゆらゆらものを思ふ朝/石原八束

チューリップ受胎告知の眩しくて/谷口とし子

チューリップ散りて吹かるゝ茎二三/高澤良一

チューリップ母の視線はまぶしくて/行方克巳

チューリップ深夜にもう一人の私/橋本美代子

チューリップ買うて五分の遅刻して/岡田順子

チューリップ青天へ温室の窓ひらく/黒木野雨

チューリップ飛び出してゐる花氷/深見けん二

チューリップ畑飛びさうまくれさう/三村純也

ベルギーは山なき国やチューリップ/高浜虚子

一列にちやんと並べりチューリップ/高澤良一

一片の先づ散りそめしチューリップ/高浜年尾

乾杯のごと触れあへりチューリップ/清水忠彦

吾子の絵の家より大きチューリップ/佐藤半三

俳句例:61句目~

園丁は髭ぴんとたてチューリップ/嶋田摩耶子

散居村つなぐ明るさチューリップ/黒田櫻の園

父の血を享けて青き瞳チューリップ/西村和子

白もまた一と色をなすチューリップ/塗師康廣

砂丘四方にチューリップ村の写生展/桂樟蹊子

空に向き雨受けてをりチューリップ/高木晴子

葉桜のかぶさつて来るチューリップ/中村汀女

赤は黄に黄は赤にゆれチューリップ/嶋田一歩

遠山に雪のまだありチューリップ/高田風人子

チューリップぶらんこ止りきつて揺れ/行方克巳

チューリップの芽立ち囀り初むやうに/高澤良一

それぞれにうかぶ宙ありチューリップ/皆吉爽雨

だまさるることの楽しきチューリップ/行方克巳

チューリップ植えた通りに芽を出せり/高澤良一

散りざまの何たることかチューリップ/高澤良一

チューリップの首折れ遠いクーデター/加藤三陽

チューリツプ買って虚栄の市を出る/志波響太郎

春燈の卓にチューリップの赤き口唇/冨田みのる

聞き耳を立てて芽を出すチューリップ/都筑智子

歩く子の手に父母の手やチューリップ/嶋田一歩

俳句例:81句目~

チューリップ奉書めく葉を先づ立てぬ/高澤良一

チューリップさして間借りや三ヶ日/鈴木真砂女

竝び立ちステロタイプのチューリップ/高澤良一

知らぬ児とまじり遊ぶよチューリップ/竹内秋暮

チューリップ被災明るくしてしまふ/高橋さだ子

大如雨露ぐうるりぐるりチューリップ/高澤良一

子の夢のふた葉となりぬチューリップ/稲畑汀子

チューリップだあれも訪ねて来ない昼/高澤良一

チューリップ花びら外れかけてをり/波多野爽波

ものの芽の全きチューリップとなりぬ/星野立子

もう駄目といふほど聞くチューリップ/玉村潤子

にんげんが柵チューリップ伸びられぬ/栗林千津

子も育ちチューリップの芽もそだち/成瀬桜桃子

愁ひなき色とはいへずチューリップ/片山由美子

チューリップ黄は黄に閉ぢて明日を待つ/横山房子

チュウリップ影もつくらず開きけり/長谷川かな女

一角獣に逢ひたくなつてチューリップ/長谷川秋子

チューリップ花には侏儒が棲むと思ふ/松本たかし

チューリップ水替へてよりひらきけり/山根きぬえ

チューリップの色溶け入りてねむき眼よ/草間時彦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ