季語/藤の実(ふじのみ)を使った俳句

「藤の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「藤の実」について

【表記】藤の実

【読み方】ふじのみ

【ローマ字読み】fujinomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

藤の実を含む俳句例

藤の実は俳詣にせん花の跡/芭蕉

屋の店藤の実の垂下り/京極杞陽

天翔し蛟が藤の実を垂らす/五島高資

子規忌なり藤の実莢を雨雫/細川加賀

子の相撲藤の実青き灯のもとに/和地清

盤根錯節して藤の実を生せり/火村卓造

藤の実のはぢく日南や森の梅/内藤丈草

藤の実の下に戻りて合羽脱ぐ/広瀬直人

藤の実の下りて風の通りみち/池田歌子

藤の実の影触れ合はす池の風/斉藤葉子

藤の実の群がり下がる棚の隅/景山筍吉

濯ぎ女に垂るる藤の実妻籠宿/豊長みのる

莢割れば藤の実黴びて三つほど/四ツ谷龍

藤の実の垂れしところに雨宿る/柴原保佳

藤の実や義経わたせし河といふ/巌谷小波

藤の実や陶師が門のいと古び/下村ひろし

藤の実をぴしりと踏みし廢れ宮/丸山佳子

藤の実を愁のごとく垂れにけり/富安風生

藤の実が朝餉にはぜて予後はじまる/上林裕

藤の実のそちこちにはぜ柄長とぶ/木津柳芽

俳句例:21句目~

藤の実の三たびくびれて長きかな/岸本尚毅

藤の実の如く垂れなば涼しからむ/高澤良一

藤の実の揺るる海鳴り日もすがら/加藤斐子

藤の実の飛びたるあとの鳶ねぢれ/岩原玖々

藤の実やたそがれさそふ薄みどり/富田木歩

藤の実や子よ父に似ることなかれ/村山古郷

背をもたすものなく藤の実の暗さ/阿部みどり女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ