季語/初氷(はつごおり)を使った俳句

「初氷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初氷」について

【表記】初氷

【読み方】はつごおり

【ローマ字読み】hatsugori

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

初氷を含む俳句例

菊菜摘む指先にふれ初氷/篠原

初氷夜も青空の衰へず/岡本眸

初氷何こぼしけん石の間/蕪村

初氷煙草くささの中也集/竹中宏

朝暾の垣根に赤し初氷/瀧井孝作

桶底の豆腐真白し初氷/草皆五沼

被死ましし磐余の初氷/後藤綾子

手にとりて畳平の初氷/高澤良一

又水にもどるもはやし初氷/超雪

塩田に残る筋目や初氷/谷渡末枝

少年の息のかかりし初氷/岸田稚

初氷鳩の紅脚よく動く/川村五子

手へしたむ髪のあぶらや初氷/太祇

初氷許由此の朝掬すれば/黒柳召波

一塵を許さざる地の初氷/石田勝彦

人送るための早起き初氷/奥田智久

初氷やす女が鼠かじりけり/龍岡晋

二上山の雀いろどき初氷/後藤綾子

初氷回想つねに一破片/本田秋風嶺

初氷尾を大切に尾長跳ぶ/堀口星眠

俳句例:21句目~

炭の屑掃きある谷の初氷/宇佐美目

白樺の無垢の林立初氷/大岳水一路

織り上げし紬一反初氷/神尾久美子

芹焼や裾輪の田井の初氷/松尾芭蕉

起さるる来翰よ初氷よと/皆吉爽雨

雀らの会話はじまる初氷/平坂万桑

手際よく雨戸繰る子や初氷/菊池志乃

初氷紅き毛絲を織り込めし/久米正雄

兎より覚めたる一戸初氷/神尾久美子

出来上るその日普請や初氷/井上井月

初氷つついて人の通りゐし/司城容子

初氷何して過ぎし昨日かな/中村汀女

初氷割りて登校下校かな/稲畑廣太郎

初氷島のなかとも思はれず/飯島晴子

初氷朝日まぶしく夫送る/岳間沢敏子

田雀の翔つてあとなし初氷/石田勝彦

遅刻教師に八方まぶし初氷/福永耕二

鉢もののまた一つ枯れ初氷/宇佐美目

妻として来て初氷割りにけり/杉山岳陽

汀よりさし入るひかり初氷/鷲谷七菜子

俳句例:41句目~

初氷面皮のごとく剥したる/稲垣きくの

糸で明くからくりの目や初氷/宇佐美目

耳たぶは果実のごとし初氷/大木あまり

抜け羽が降りてくるなり初氷/佐々木六戈

初氷木立よそよそしくありぬ/大久保石漱

つくばひの柄杓を噛みし初氷/間地みよ子

ひそひそと何の満ちくる初氷/鷲谷七菜子

初氷踏みにブーツを穿いて来し/後藤夜半

きのふより母訪ふこころ初氷/神尾久美子

鴨撃ちの通りしあとの初氷/長谷川かな女

夕やけや唐紅の初氷/一茶/文政二年己卯

けたたまし百舌鳥に目覚しが初氷/荻原井泉水

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ