季語/古草(ふるくさ)を使った俳句

「古草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「古草」について

【表記】古草

【読み方】ふるくさ

【ローマ字読み】furukusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

古草を含む俳句例

古草や昔男の垣根草/高浜虚子

古草に陽炎を踏む山路かな/大魯

堂裏に古草武州金澤山/高澤良一

古草に沈みて春の玉霰/石塚友二

曇天と古草の間屍行く/石田波郷

古草や妹が垣根に芳しき/高浜虚子

古草となりし賑はひ天下/高澤良一

古草の金を金堂跡に踏む/井沢正江

古草を渡り歩きの天道虫/高澤良一

古草や炭切る息の平らけく/斎藤玄

古草や飛鳥は謎の石多く/金坂/豊

古草や町裏なれば女走る/中村草田男

古草の猛々しくもおきな道/飯島晴子

古草のみな柔らかき桜かな/永田耕衣

古草に初蝶まろぶ如くゆく/高濱年尾

古草に座す水の音風の音/中島木曽子

古草を跳びて樫鳥膨れをり/堀口星眠

古草や跫音もなく人過ぐる/勝又一透

古草や街裏なれば女走る/中村草田男

新草を古草つつむ妻癒えむ/矢島渚男

俳句例:21句目~

踏青の靴を古草くつがへす/皆吉爽雨

古草と石人とある世界かな/阿波野青畝

古草に一人の影の濃かりけり/戸川稲村

古草に初蝶としてあらはれぬ/下村梅子

古草のおのづから威を失へり/高濱年尾

古草のそめきぞめきや雪間谷/芝不器男

古草のひとかたまりに頭重き日/岸田稚

古草の上を鳥の頭行き来せり/高澤良一

古草の芽や古草の芽なりけり/石塚友二

古草や空気のごとき君とゐる/田口一男

古草や少し坂なしでんでら野/菖蒲あや

古草や日高は雪のなきところ/高橋笛美

古草や遺跡といふも石ひとつ/飯島正人

古草や野川かがよひ動きだす/宮岡計次

古草を削りゐたりし箆を置き/後藤夜半

夢さめてただ青ぬたの古草廬/飯田蛇笏

微笑みの短き古草挿されたる/安井浩司

掃けば減るけふこの頃の古草よ/上村占

新草の踏み応へあり古草も/大木あまり

あとさきに母と古草踏みしこと/岸田稚

俳句例:41句目~

古池の古草ぞ世にふさふさと/永田耕衣

腑に落ちぬ古草の径途中まで/高澤良一

古草として存らへしすみれ草/後藤夜半

雪割りの古草にあるみどりかな/伊藤凍

古草を踏みたしかめて今を癒ゆ/岩田幸子

古草を靡かせサハリンよりの風/高澤良一

古草藉けば獺の祭は過ぎけらし/石田波郷

古草に新くさまじるつくしかな/佐藤春夫

古草のそこらへ坐り給へと云ふ/高澤良一

古草やときどき何故と口走る/中尾寿美子

古草に雨きらきらと松籟す/阿部みどり女

古草もまたひと雨によみがへり/高濱年尾

古草の浦風まとふチャペル跡/下村ひろし

古草に雉子のからくれなゐ潜む/村越化石

古草をかき鳴らしてはめんどりら/原田喬

古草の吹かるる高さありにけり/稲畑汀子

風吹いてゐる古草の戸口かな/大峯あきら

古草に道がなければ引き返す/長谷川かな女

古草に火気をきびしく断ちて出づ/木村蕪城

古草に靴拭き納得せしにあらず/猿橋統流子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ