季語/冬の霧(ふゆのきり)を使った俳句

「冬の霧」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬の霧」について

【表記】冬の霧

【読み方】ふゆのきり

【ローマ字読み】fuyunokiri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬霧(ふゆぎり:fuyugiri)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬の霧を含む俳句例

冬霧の日輪仰ぐたび歪む/辻帰帆

冬の霧言葉の枝葉さやぎくる/原裕

友来る一灯を包む冬の霧/沢木欣一

山中の炊煙霧が濃くて失す/及川貞

冬霧のかゝる上野や出初式/富安風生

浅草や冬霧胸にあふれくる/石田波郷

冬の霧ある夜の大地親しけれ/原石鼎

路次ふかく英霊還り冬の霧/大野林火

鍬入れて信濃に早き冬の霧/宮川正子

冬霧やしづかに移る朝の刻/谷野予志

冬霧の鷲の白きを母郷とす/橋本鶏二

冬霧の涯の彼方の貌ひとつ/石塚友二

廊下にも一夜たちこめ冬の霧/原石鼎

月光のしみる家郷の冬の霧/飯田蛇笏

冬霧をゆきて祈りぬ呟きぬ/堀口星眠

冬霧に短かい階段とび降りる/横山白虹

冬霧のおりる山墓すでに濡れ/木村蕪城

冬霧や漁人の笠の古るびやう/飯田蛇笏

冬の霧もの言はぬ群遠ざかる/小池文子

万歳の顔に紐垂る煙霧都市/小川双々子

俳句例:21句目~

冬霧や死をさしてゆく道の上/赤尾兜子

冬の霧舟に嬰児のこゑおこる/加藤楸邨

深山木のこずゑの禽や冬の霧/飯田蛇笏

白を失ふ鶏のだんまり冬の霧/星野沙一

冬霧や四条を渡る楽屋人/中村吉右衛門

冬霧や漁船離れぬ群かもめ/葉狩てる子

ちちははを容れ冬霧の軋みだす/山口剛

赫き日を得て冬霧のうごき出す/岸田稚

大阪に来し甲斐ありき冬煙霧/右城暮石

失ふや冬霧の濃さやはらかさ/油布五線

山よりも冬霧街にしたしめり/神崎聖徳

冬霧に睫毛濡れゆく見舞妻/石田あき子

汝が魂よ冬霧すさぶ寄生木よ/堀口星眠

冬霧の深夜月あり血のごとし/加藤楸邨

石屋根の村がすっぽり冬霧に/市川秀穂

冬霧のはれゆく墓の減りもせず/石田波郷

冬霧の晴れゆく墓の減りもせず/石田波郷

冬霧やここらにありき数寄屋橋/近藤一鴻

冬霧やキュツキュツとふえる鴎/新間絢子

ひそひそと肉親の寄る冬の霧/猪俣千代子

俳句例:41句目~

みやま木のこずゑの禽や冬の霧/飯田蛇笏

冬の霧もやひ結びのあたりより/保坂敏子

寄席を出し目鼻に寄るや冬の霧/石田波郷

灯が消えてしまへばただの冬の霧/岡鋭一

美作や田の面をのぼる冬の霧/大谷あさ子

スモッグを毒霞とも呼ばんとす/佐藤春夫

冬霧のしみらに古瀬ながれけり/飯田蛇笏

冬霧にぼう~としてリスの尾よ/高橋馬相

琵琶の帆に煙霧も末の四月かな/飯田蛇笏

冬霧の灯に降り放送料費ふ/長谷川かな女

箱根姫しやら聳ゆ冬霧なき夜なり/及川貞

細き灯やスモッグ街の鯛焼屋/本宮夏嶺男

冬霧の奥デューラーの陽が棲めり/楠本憲吉

スモッグから登る秋の旭六階層/赤城さかえ

冬霧があんまに揉まれ巨樹となる/四ッ谷龍

馬の擦傷医すべく湧きぬ冬の霧/磯貝碧蹄館

冬霧を駆けりきて灯に大息つく/大橋櫻坡子

煙霧濃き聖樹担がれビルに入る/殿村莵絲子

冬の霧アルミの如き日かかれり/松崎鉄之介

冬の霧こゑあげて扉に手をかけぬ/石原八束

俳句例:61句目~

冬霧ゆく船笛やわが在るところ/橋本多佳子

言しづかなり冬霧の濃きことの/加倉井秋を

煙霧の汀腰紐のような手紙書く/八木三日女

スモッグの黄昏洋装店で撥ねるピン/伊丹公子

スモッグの底キャデラックは深海魚/山下大杉

スモッグ満ちて点りはじめる深海魚/五島高資

冬霧の夜のなげきとはなりにけり/久保田万太郎

磁より強い冬霧コンピューターら喪に/八木原祐計

スモッグに包まれステンドグラスの眠り/八木三日女

水爆止めよ被爆の船を都心煙霧の端に置く/橋本夢道

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ