季語/白鳥(はくちょう)を使った俳句

「白鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白鳥」について

【表記】白鳥

【読み方】はくちょう

【ローマ字読み】hakucho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・スワン(すわん:suwan)

・大白鳥(おおはくちょう:ohakucho)

・鵠(くぐい:kugui)

・白鳥来る(はくちょうくる:hakuchokuru)

・黒鳥(こくちょう:kokucho)

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

白鳥を含む俳句例

白鳥の空や白雲にも翼/鞍悦子

天心にして白鳥の大翼/石嶌岳

湖の精か白鳥漂へる/山本歩禅

大鏡我が総身と白鳥と/有馬朗人

白鳥の白黒鳥の黒と会ふ/蔦三郎

白鳥のこゑ天地の鹹し/柚木紀子

群すべり出て白鳥の相似形/林翔

落日に曳かれて辷る一白鳥/林翔

白鳥の僕となりて頬冠/古舘曹人

雪稜線さす白鳥の青雫/築田圭子

白鳥の抱卵青き芦の中/守谷順子

白鳥の背に白鳥の首の影/小澤實

白鳥に朔北の天まだ剰る/北光星

天翔る火白鳥や沼凍り/橋本春霞

白鳥に霰をこぼす茜雲/西本一都

湖に天使の階段白鳥来/高澤良一

白鳥の湖へ開け勝手口/榎本栄子

白鳥の録音係こゑ拾ふ/高澤良一

白鳥の放送中継風の音/高澤良一

白鳥を白珠と呼び女学生/下田稔

俳句例:21句目~

白鳥に雪の天網静かなり/成田千空

傷きし白鳥榛の花おもく/松村蒼石

雪空に黒鳥ひとつ渡りけり/中勘助

白鳥の胸で押し割るうす氷/林民子

白鳥に極彩色の鴛鴦の沓/西本一都

白鳥に河童の村を訊ねけり/大串章

白鳥翔け曇天の可視圏内/津田清子

白鳥の帰らむといま高飛翔/岸田稚

穴釣の幌へ白鳥声はしる/小森泰子

白鳥に流れ寄りくる薄氷/石原八束

秋風や一翳も無き白鳥湖/久米正雄

白鳥や空には空の深轍/高野ムツオ

白鳥に雲濁りせる渚やさし/岸田稚

白鳥や空が映せる湖の色/石川桂郎

還れざる白鳥の白死装束/三好潤子

枯園に白鳥ばかり胸を反り/飴山實

透く色の白を整へ夏衣/白鳥ゆき子

白鳥に猛き山伏まじりゐる/佃悦夫

白鳥来佐渡の山脈聳ちて/中嶋秀子

葉牡丹の白鳥陵は雨の中/角川春樹

俳句例:41句目~

草笛や白鳥陵の水こだま/石田勝彦

花合歓や白鳥明かりの水の上/林桂

合戦の前の白鳥勢ぞろひ/今瀬剛一

己が息の中に白鳥争へる/橋本榮治

白鳥の第一陣が玲瓏たり/小暮洗葦

押麦を白鳥に撒く男かな/高澤良一

心忘れ来しが白鳥千羽凍つ/岸田稚

教会の鐘白鳥と来し露人/栗林千津

白鳥の村に手袋忘れたる/石田勝彦

白鳥の首より寝落つ雪深し/神蔵器

白鳥の餌付け三代美少年/西本一都

白鳥の飛来足掛け十五年/高澤良一

欝々と白鳥に引く空ありぬ/岸田稚

白鳥の万羽の脚が畦汚す/高橋青矢

白鳥の湖指呼に北紀行/稲畑廣太郎

海峡の大旆となり白鳥は/古舘曹人

下萌や白鳥浮きて水翳す/飯田蛇笏

白鳥の寝に水清き釧路川/深谷雄大

白鳥に魂抜けて雪降れり/藤岡筑邨

三寒の四温の湖の大白鳥/椎橋清翠

俳句例:61句目~

白鳥の年老いし白雪溢る/和知喜八

情強き看護婦の白白鳥は/柴田奈美

白に徹して白鳥の気品かな/長田等

白鳥の吃水ふかき寒明忌/鈴木裕之

白濁をして白鳥の餌争ひ/今瀬剛一

軍港のごとく白鳥遊弋す/三宅草木

白鳥が母の声出す春の夢/鈴木栄子

白鳥にかくも醜き鼻濁音/櫂未知子

白鳥の胸の翳りや夏来る/永方裕子

白鳥の胸の截りゆく沼鏡/村上光子

白鳥の水尾が綾織る月の渦/原柯城

高々と晴れて白鳥通過村/今瀬剛一

鬱々と白鳥に引く空ありぬ/岸田稚

黒鳥の赤い顔ぬれ秋の石/和知喜八

冬の夜や鵠の声をきゝわぶる/白雄

着水の白鳥一羽づつ白し/藤井寿江子

着水の白鳥ほつと白くなる/森山夕樹

白鳥の翼のうちは熱からん/澤井我来

国の名は大白鳥と答えけり/対馬康子

園の霜白鳥はるか水に泛く/飯田蛇笏

俳句例:81句目~

眠らんと白鳥の寄る花の崖/横山房子

白鳥翔ぶ空ある限り人愛す/藤木倶子

白鳥の羽毛転べり湖畔みち/高澤良一

白鳥の巣は花に満つ春の森/横光利一

白鳥潜り頸の倒影失へり/田川飛旅子

白鳥のかげの白さも水の春/原コウ子

白鳥を送る会あり農夫病む/佐藤鬼房

白鳥のこゑからみ合ふ十勝川/森田博

白鳥を追う城門も無き街角/対馬康子

天地冬白鳥水に羽摶つとき/中島斌男

天近し祈りのごとく耕せば/黒鳥一司

子育ての白鳥に夕立雹混へ/関森勝夫

白鳥を見にゆく始発電車かな/河合順

薔薇園の瘤白鳥に木蔭なし/大島民郎

白鳥を呼ぶ腕叩き膝叩き/藤田あけ烏

白鳥の羽の膨るる強風裡/伊藤いと子

白鳥をへだて売らるる米俵/佐川広治

白鳥の群一望のときめきに/古館曹人

思はざる悪声にして小白鳥/斉木永久

遠く飛び来し白鳥に湖浅し/津田清子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ