季語/おでんを使った俳句

「おでん」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「おでん」について

【表記】おでん

【読み方】おでん

【ローマ字読み】oden

子季語・関連季語・傍題・類語など

・煮込みおでん(にこみおでん:nikomioden)

・関東煮(かんとうだき:kantodaki)

・おでん屋(おでんや:odenya)

季節による分類

・「お」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

おでんを含む俳句例

おでん屋の月夜鴉の客ひとり/龍岡晋

おでん食ふよ轟くガード頭の上/篠原

例へばおでんの芋に舌焼く愚/安住敦

おでん屋の女上海帰りとや/福田清人

おでん喰ひ泥棒の話女の話/福田蓼汀

おでん屋に同じ淋しさ同じ唄/岡本眸

百代の過客の一人おでん酒/長谷川櫂

おでんの具塔は五臓を重ねて串/竹中宏

おでん酒夫の多弁を目で封じ/斎藤佳織

おでん屋の低き神棚煤けをり/牛島清治

風の音遠汽車の音おでん煮ゆ/大橋敦子

倖せが誰でも似合ふおでん酒/高井敏江

おでん酒酌むや肝胆相照らし/山口誓子

おでん買ふ谷中寺町ほたる坂/和田幸八

おでん屋の看板娘如何にせし/鈴木花蓑

おでん酒貧乏ゆすりやめ給へ/倉橋羊村

おでん喰ふ聖樹に遠き檻の中/角川春樹

おでん酒百年もつかこの世紀/川崎展宏

菩薩顔おでんをすゝむ誕生日/石塚友二

おでん汁たつぷりと戦年を更ふ/久米正雄

俳句例:21句目~

おでん酒風くろぐろと吹き通り/草間時彦

おでんの灯文学祭は夜となりぬ/山口青邨

おでん酒酌んで互ひに相識らず/田伏幸一

おでん酒当を得ているその見方/高澤良一

おでん煮ゆマヤコ消息不明なる/如月真菜

おでん屋の常連の座の決りをり/丸山茨月

おでん種臼の大根をたばさみぬ/高澤良一

おでん屋に集へる背中相似たり/山田弘子

おでん食ぶ母の屈背を愛しめり/大橋敦子

とつときの話もち出すおでんかな/龍岡晋

カフカ去れ一茶は来れおでん酒/加藤楸邨

亭主健在おでんの酒のよいお燗/富安風生

おでん酒わが家に戻り難きかな/村山古郷

おでん屋をのこし早寝の小漁港/大島民郎

晩成もならざる煮込おでんかな/小野博子

おでんやで単身赴任たのしめる/中川秋太

おでん屋に又一汽車を遅らす気/間嶋秋虹

おでん屋の灯の正面にバス止る/大塚とめ子

おでん煮ゆ男はもののさびしくて/行方克巳

おでん酒あしもとの闇濃かりけり/久米三汀

俳句例:41句目~

おでん酒うしろ大雪となりゐたり/村山古郷

おでん鍋の湯気を小さく皿に頒つ/手塚七木

おでんつつ突く裸電球ゆらさうか/伊東達夫

おでんの湯気忙しげ夕刊折る音に/香西照雄

おでん屋にたゞ集つてをりにけり/後藤立夫

おでんやの湯気とは酔を誘ふもの/小田尚輝

おでんやの湯気吹き飛ばす空ッ風/高浜虚子

おでんやを立ち出でしより低唱す/高浜虚子

おでん啖べゐて花野へ逃げ戻る/文挟夫佐恵

おでん喰ふそのかんばせの鋭きゆるき/篠原

おでん食ふ貧しさもまた異れり/榎本冬一郎

おでん屋の湯気の向うにおかめ顔/高澤良一

渡り漁夫おでん屋台を占めにけり/田中敦子

おでん屋をやつてみたいと言ふ女/下村梅子

箸に寄すおでんの種のがんもどき/石川桂郎

おでん屋を出て真つ黒な土手がある/岡本眸

待つ思ひおでんの湯気の中にあり/高木晴子

おでん煮てそのほかの家事何もせず/山崎房子

おでん屋の隅にをらざるごとくをり/下村非文

おでん焼藷えんぶりの尾にゐて寧し/小林康治

俳句例:61句目~

おでん屋のうすぎたなさが性に合ひ/石田壮雪

人の世がたまらなく好きおでん酒/西村無二坊

おでん屋に数珠はづしたる僧と居て/菅原独去

府下中野の頃のおでん屋に客たりし/久米正雄

煮え過ぎのおでんに減つてゐし家族/稲畑汀子

おでん煮えさまざまの顔通りけり/波多野爽波

酒場の灯赤青おでん屋では灯は黄/池内友次郎

長老のぼそりと褒める味噌おでん/柳沢たみ子

おでん屋の猫のしっぽの一寸ほど/糸山由紀子

おでんやのうしろに夜の波止場あり/鮫島春潮子

おでんやは夜霧のなかにあるならひ/久永雁水荘

おでんやがよく出るテレビドラマかな/吉屋信子

おでん屋の背の灯のいまだ更け足らず/久米正雄

おでんやにすしやのあるじ酔ひ呆け/久保田万太郎

おでんの灯いつ身につきしからみぐせ/古川沛雨亭

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ