季語/花時(はなどき)を使った俳句

「花時」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花時」について

【表記】花時

【読み方】はなどき

【ローマ字読み】hanadoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・桜時(さくらどき:sakuradoki)

・花のころ(はなのころ:hananokoro)

・花の頃(はなのころ:hananokoro_)

・花過ぎ(はなすぎ:hanasugi)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

花時を含む俳句例

花過て若葉に安き軒端かな/双魚

鉛筆は幼い凶器花の頃/対馬康子

花過てよし野出る日や別れ霜/几董

花の頃扇さいたり諸職人/上島鬼貫

何もって本復巷は花の頃/高澤良一

女との会話汗ばみ花過ぎぬ/滝春一

曇天の山深く入る花のころ/桂信子

鞍上に人もおぼえず桜時/上島鬼貫

花時の人迷ひくる裏戸かな/野村泊月

花時の猫の足拭く因果かな/長谷川双

花時も天上天下唯我咳く/野見山朱鳥

花どきの空蒼涼と孔雀啼く/飯田蛇笏

家深くゐて花時の素顔かな/長谷川双

花過ぎし篝平野家夜空濃き/渡邊水巴

花時のいつも得体の知れぬ雲/桂信子

氷なめ老衰の口花過ぎし/宇佐美魚目

花過といふ曖昧を病むごとく/岡本眸

出かはりも頭巾で行くや花の頃/園女

花どきの飽食何ぞ失へる/小檜山繁子

花どきの一週間は一と昔/今井干鶴子

俳句例:21句目~

花どきの乳首の脇へ聴診器/高澤良一

納戸より漆の器さくらどき/柴田菁景

花過ぎの薄日にねむる山祠/有泉七種

花どきの暑く藤原まつりかな/緒方敬

花過ぎの鶴は猿より汚れたり/久米正雄

一鉢の蘭守る父や花過ぎし/大谷碧雲居

會ひに来ていま花時よ蜜柑島/石川桂郎

木瓜に鳥何の鳥ぞも花過ぎて/林原耒井

花時の遠の灯りをペンが享く/木村蕪城

花どきの楽爪のまた伸び易し/青木重行

花過ぎの驟雨に濡るる色ケ浜/堀口星眠

花どきのおほかた残す患者食/朝倉和江

花どきの峠にかかる柩かな/大峯あきら

花過ぎて秋の気もする銀屏風/鈴木花蓑

花どきの鵯のうわまえはね雀/高澤良一

花過ぎの空かうかうと燕くる/角川源義

花どきの花はさて置き幹秀づ/高澤良一

花時や夜毎寝て聞く宮ばやし/富田木歩

花どきの窓開け忘れ閉ぢ忘れ/橋本榮治

花どきの父の山河を訪ねけり/満田春日

俳句例:41句目~

花過ぎの空ほうほうと人の声/野木桃花

花過ぎの土をけとばす畝立機/本宮哲郎

花どきの昼を暗めて出機の灯/宮津昭彦

さくらどき白き帯しめ吾は狐/中西夕紀

花時の闇天鵞絨のごとき露地/宮武寒々

花過ぎて素貌にもどる吉野山/角川春樹

花どきの飛鳥采女は機を織る/坂内佳禰

東京を蛇の目に走るさくらどき/澁谷道

水うまき豆腐もうまき花の頃/高澤良一

花過ぎの沖の楯雲しづかなり/友岡子郷

花過ぎの青天一日氷のごとし/下村槐太

葛の店混むも吉野の花のころ/岩松草泊

花過て雨にも疎くなりにけり/高井几董

杖ひとり花過ぎし木に歩み寄る/村越化石

花どきの早寝の雨戸しめにけり/山本洋子

蒸し鰈子にむしる花過ぎにけり/渡邊水巴

闇に消ゆ花過ぎし闇が生みし人/宮津昭彦

汁粉すゝる新兵に花過ぎにけり/渡辺水巴

花どきの谷戸に光をぶち込めり/高澤良一

人泊めて鏡を磨くさくらどき/八牧美喜子

俳句例:61句目~

花どきの鬱のあるじを嫌ひをり/筑紫磐井

花どきやとりこぼしたる雷ひとつ/岸田稚

去年からの此の花の頃又いつか/上島鬼貫

雪洞のひやびやと花過ぎし土手/富田木歩

花どきは手触りひゆる背広かな/角川春樹

花過ぎのしばらく白き日の続く/菅原章風

花過ぎの泪色する日暮れあり/北原志満子

花過ぎてゆふべ人恋ふ新茶かな/渡邊水巴

花過ぎを旅の終りしごとくをり/上山千代

おもしろう藍に酔うたる花時分/安東次男

のほほんの花どきは又空巣どき/高澤良一

山棲のまぶた疲るる花のころ/大木あまり

くちびるの哀しき魚類さくらどき/松田理恵

さくらどき裏返しては嬰を洗ふ/平井さち子

さくら季狂ひのこころなしとせず/石川文子

亡き人は海歩み来よさくらどき/渡邊千枝子

花どきの時なしに覚め手のありど/長谷川双

花過ぎの雲うつとりとよぎるまゝ/久米正雄

花どきの微熱かがよふごときかな/平井照敏

汝の恃みし花過ぎの富士空にあり/高澤良一

俳句例:81句目~

花過ぎのこの冷えざまも師の忌かな/安住敦

花時や裸婦臥しパステル折れ易し/榎本愛子

花過ぎのたまの昼餉をたうべけり/久米正雄

熨斗香合見て言葉待つさくら季/河野多希女

花どきの鏡山とて泣くしばゐ/久保田万太郎

花どきの舌の根におく熱さまし/沼尻巳津子

花過ぎのうしろの山を買はんかな/柿本多映

ラジオからあい/らぶ/ゆうと桜時/和田幸司

綿菓子のみるみる太るさくらどき/佐々木幸子

花どきの風とてあらき木の芽かな/大場白水郎

閉してなほ湖光の障子さくらどき/鷲谷七菜子

花どきの海のしばしば荒れにけり/久保田万太郎

花過ぎの兎を抱けば脈打てり/D/J/リンズイー

コンピューターに指と眼と駈け花過ぎぬ/小檜山繁子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ