季語/囀(さえずり)を使った俳句

「囀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「囀」について

【表記】囀

【読み方】さえずり

【ローマ字読み】saezuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・囀る(さえずる:saezuru)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

囀を含む俳句例

囀に独起出るや泊客/召波

囀の中海光が誘惑す/松澤昭

囀の奥の方でも囀れる/秋を

枯桑の曙色に囀れり/瀧春一

囀や杣衆が物の置所/原石鼎

囀や枕屏風の水の景/石嶌岳

囀や衆僧粛と入堂す/森定南楽

囀や胎内仏に窓一つ/近藤一鴻

お側近う囀がたし心の鳥/露言

紺青の乗鞍の上に囀れり/普羅

囀や雲より遠き野の一樹/朱鳥

囀の一方欠けし崖の先/松澤昭

囀りや宿雪の上を水流れ/八束

囀す全山逆さ吊りの貌/松澤昭

囀の下に小き祠かな/尾崎紅葉

囀の左移りや右移り/中村汀女

囀の空にとどまる山の数/原裕

囀や方十間の富戸港/草間時彦

囀や囀らざるは落椿/野村喜舟

行僧の百日の髭囀れり/金田眸花

俳句例:21句目~

囀のさ中復活し給へり/山本歩禅

囀のすこし違ひて塔二つ/樟蹊子

囀りや大小の釘釘箱に/鈴木貞雄

囀や籠からも雲をさし覗き/蝶夢

芋室に息穴一つ囀れり/毛塚静枝

囀や洛の内チの華頂山/尾崎迷堂

囀の地を這ふしらべ冬の旅/原裕

一色に目白囀る木の芽かな/浪化

囀りの隅より起し牧草地/下田稔

囀りの念珠入れたる雑木山/澄雄

囀を身にふりかぶる盲かな/青畝

囀りの高まる時の落椿/高浜虚子

耳あまた欲し八方に囀れり/林翔

囀に耳の大きな道祖神/山田弘子

切株は森の音盤囀れり/石田厚子

百千鳥百囀りに山曇る/青木月斗

囀の上わたりゆく風きこゆ/林翔

囀を連れて朝刊配達夫/橋本榮治

囀りや天に抛つ何もなし/中田剛

囀の小き羽音や障子外/西山泊雲

俳句例:41句目~

夕使ふまで囀の竹箒/大岳水一路

囀の幼なけれども風一樹/星野椿

囀を捉へ仔牛の耳動く/栗山妙子

囀の杜に余れば天に撒き/湯川雅

囀の梢木曾駒の雪まぶし/原柯城

囀をやめて居る間の枝渡り/汀女

囀れり横綱格の大楠も/高澤良一

囀りや明しらむ方の雨の中/青々

囀るや蔵も障子も木々の影/淡々

正月の山中にして囀れり/岸田稚

檜山なる冬の橇道囀れり/瀧春一

囀へ小室山麓明け渡す/小出文子

囀も在所ことばか渡岸寺/飴山實

囀りも滴る如し阿修羅像/森澄雄

囀や高きに倚つて冬構/千家元麿

美しく生れ拙く囀るよ/富安風生

囀の天辺の日に飜へり/鈴木花蓑

囀や廻船絵馬は帆満風/宮津昭彦

囀りに鳥は出はてゝ残る雪/北枝

囀や神木の瘤触れもして/きよみ

俳句例:61句目~

教会の鐘囀を虚しうす/山本歩禅

山荘の大き鍵穴囀れり/丹羽啓子

囀りや眼前に子の喉仏/寺井谷子

囀や巓やゝに旭紅う/東洋城千句

太陽の傍らからぞ囀れる/中田剛

昼の柝囀遠く移りけり/清原枴童

囀や春菊一花珠光る/河東碧梧桐

囀りや朝けの裾野二千町/中勘助

囀や望遠鏡に海目覚め/西村和子

囀や朝は真白の割烹着/松本美簾

天辺の囀りを聴く杖頭/村越化石

城塞の東固めて囀れり/太田土男

囀や耳の奥には水の国/斉藤夏風

囀や校門のなき分教場/斉藤葉子

天狗岩百丈岩も囀れり/細川加賀

百鳥の百が囀り隠岐の国/松山足羽

囀りの国より零れ雀の子/斉藤美規

囀の一樹に足りて母の墓/伊藤京子

百畳の通し障子よ囀れり/荒井正隆

百年の家古るはやさ囀れり/石嶌岳

俳句例:81句目~

囀の中一艘の揺れにけり/岩崎宏介

甍滝の如し囀る松の中/楠目橙黄子

湖へ囀り山へ飛びにけり/太田土男

囀や袋の口のやうな八瀬/尾崎迷堂

囀や海の平らを死者歩く/三橋鷹女

囀や生涯日雇かも知れず/岩田昌寿

境内や囀る方につゞく山/尾崎迷堂

囀や皿に天保の日本地図/古舘曹人

囀の後のしゞまや月の森/鈴木花蓑

海風の曲げし樹頭に囀れり/大串章

囀を聞き分けてゐる鳥博士/大串章

境内に糞を落して囀れり/前田普羅

ひよ鳥や世の囀も石の花/上島鬼貫

囀や能面も持つ一翳り/河野多希女

永き日も囀り足らぬひばり哉/芭蕉

囀や臼杵仏は大耳垂れ/加藤安希子

囀れる千貫松に憩ひけり/野村泊月

囀の片岡に頭休めゐる/沼尻巳津子

み仏と囀を聞く耳の寺/町田しげき

囀りや子の瞳にゆれる計量器/龍太

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ