季語/春の霰(はるのあられ)を使った俳句

「春の霰」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の霰」について

【表記】春の霰

【読み方】はるのあられ

【ローマ字読み】harunoarare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春霰(しゅんさん:shunsan)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の霰を含む俳句例

石の上春の霰の鮮しき/草間時彦

鶏の驚く春の霰かな/榎本冬一郎

春霰雲割つて日の砂簾/石川桂郎

春霰夢引き戻す思ひあり/森敏子

春霰性感に似し横走り/松山足羽

藁苞の鯉を抱へて春霰/茨木和生

纜は隠岐へ十里の春霰/庄司圭吾

月影に春の霰のたまり居り/原石鼎

庭の面は春の霰の鮫小紋/京極杞陽

春霰や刃物を洗ふ山の水/平川美架

春眠をうつ春霰春あらし/前田普羅

声あげて夢の師とあふ春霰/加藤楸邨

暗し暗し墓うつて跳ぶ春霰/小林康治

身軽さは風の春霰なりしかな/緒方敬

雲空がありて転がる春霰/菅野てい子

鮨にぎる手がガラス越し春霰/桂信子

寂しいは寂しいですと春霰/飯島晴子

肩うつて春の霰のそれきりに/畑耕一

莎逍氏は春の霰の中来たり/小西昭夫

葬の灯へ春の霰の音もなし/伊藤京子

俳句例:21句目~

春霰はづむ高さに虚子の句碑/堤高嶺

春霰やころがり戻る畑の鶏/野村泊月

くだけゐる玻璃それぞれに春霰/中田剛

しばらくの白を打ち敷き春霰/藤村克明

じゆぶじゆぶと水に突込む春霰/岸田稚

捨て舟を春霰打てる竹生島/磯貝碧蹄館

断臂の図掛けながしたり春霰/岡井省二

春霰や石見に古りし門徒講/大峯あきら

春霰や海べは空へ詣でみち/宇佐美魚目

春霰闇より華麗なるはなし/市村究一郎

春霰の庭には長くとゞまらず/稲畑汀子

帯締めて春の霰のたけなはに/岸本尚毅

春霰のあとの日ざしに浮御堂/茨木和生

春霰われに遺せし一語もなし/野澤節子

春霰たばしる馬酔木花垂りぬ/西島麦南

春霰打つにまかせて墓を去る/福永耕二

窓くらく春霰とばす雲出たり/富安風生

津の国の春の霰ぞ聞きに来よ/大石悦子

墨づくり見て春霰に叩かれし/宇佐美魚目

天守までのぼる間ふりし春霰/秋元不死男

俳句例:41句目~

御所に降り嵯峨野にやみし春霰/川崎展宏

春霰枯れしものよろこびあへり/松村蒼石

掌に受けて春の霰のみないびつ/志水圭志

来るものは俄かなるかな春霰/金箱戈止夫

春霰のあとたつぷりと入日かな/波多野爽波

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ