季語/鼬罠(いたちわな)を使った俳句

「鼬罠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鼬罠」について

【表記】鼬罠

【読み方】いたちわな

【ローマ字読み】itachiwana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「い」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鼬罠を含む俳句例

その頃の父の零落鼬罠/橋本鶏二

鼬罠匂ひ残さず仕掛置く/楠昭雄

尼寺の藪に仕掛けて鼬罠/橋本花風

敏捷な故にかゝりし鼬罠/柴原保佳

藤蔓の弓づる張つて鼬罠/高崎こち

大ざつぱなる仕掛とは鼬罠/坊城中子

鼬罠かけて村山高からず/大峯あきら

鼬罠かけて梟に啼かれけり/鈴木薊子

鼬罠人去つて声残りけり/細谷みみを

鼬罠仕掛ける無口通しけり/嶋田一歩

鼬罠妙見太鼓鳴つてをり/吉本伊智朗

鼬罠孫に伝へて死にゆけり/高木公園

鼬罠掛けてどこかに鼬の眼/高橋良子

おごそかに展示されたる鼬罠/神戸周子

三輪山のここが横がほ鼬罠/山上樹実雄

常念岳を雲に閉ぢこめ鼬罠/唐沢南海子

藻の厚く積もりてをりぬ鼬罠/中村雅樹

遊鯉守る鼬罠かけ老住持/細見しゆこう

風の星ものいふごとし鼬罠/柴田白葉女

鶏小屋の脇にしつらふ鼬罠/岩島/畔水

俳句例:21句目~

鼬罠あるてふ庫裏に廻り見る/高濱年尾

鼬罠かけたる浅き眠りかな/日隈/翠香

うすうすと雪のかゝれる鼬罠/菊池恒一路

ひつそり閑として鼬罠にあり/小川洋太郎

鼬罠猫のかゝりてさわぎたる/瀧澤伊代次

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ