季語/初声(はつこえ)を使った俳句

「初声」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初声」について

【表記】初声

【読み方】はつこえ

【ローマ字読み】hatsukoe

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の動物」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初声を含む俳句例

初声のあと只眠き青蛙/原田喬

初声の雀の中の四十雀/青柳志解樹

己といふ初声の通りけり/茨木和生

白露や傀儡女の名は初声と/辻桃子

初声は常の雀や目が覚めて/青木綾子

初声やきのふは人を弔ひし/勝又一透

初声を鶴ともきかめ松の花/上島鬼貫

帆柱に来て初声を高めけり/茨木和生

我が家の百羽の鶏の初声裡/成瀬正俊

春めくはその馨しき初声よ/島田青峰

鵯の声初声にして透りけり/富安風生

鶯の初声潮騒とききにけり/遠藤千鶴

先導の鶴の初声ひびきけり/米森えいじ

初声の山雀小雀温泉の窓辺/上林白草居

初声の雀に如くはなかりけり/藤勢津子

初声は初恋よりもささやきぬ/富安風生

初声や子の身空なるわが御空/赤尾兜子

初声や闇を離るる羽音して/梓沢あづさ

初声の千鳥を故郷に来て聞ける/石橋海人

初声を聴きわけてまだ床を出ず/鷹羽狩行

俳句例:21句目~

手をひろげ初声という男の子/松田ひろむ

身をはしるものあり鵙の初声に/相馬遷子

くくくくと鳩初声をこぼしけり/徳永山冬子

フェリー接岸初声の飛び交へる中/高澤良一

初声やちひさく神のゐるあたり/水野真由美

くくくくと鳩の初声をこぼしけり/田中午次郎

みやうみやうと海はるかより初声す/高澤良一