季語/初夢(はつゆめ)を使った俳句

「初夢」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初夢」について

【表記】初夢

【読み方】はつゆめ

【ローマ字読み】hatsuyume

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初寝覚(はつねざめ:hatsunezame)

・初枕(はつまくら:hatsumakura)

季節による分類

・「は」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

初夢を含む俳句例

初夢や林の中の桜の木/小澤實

初夢や漬物石を磧より/中田剛

初夢に故郷を見て涙かな/一茶

初枕狐の闇に眼を凝らし/星眠

初夢を占はしむる王者かな/春菫

初夢や額にあつる扇子より/其角

初夢や独占ふて曰く吉/小沼松軒

独り居の夢に尾のあり初枕/百間

初夢や浜名の橋の今のさま/越人

杣の子の初夢に樅太りけり/黛執

初夢の枕の上にひろがりぬ/章子

初夢に扉あく音山の音/永島靖子

初夢の後姿を追ひかけて/星野椿

初夢の覚めぬ姿に東山/鷹羽狩行

初夢や砲火の中に菊澄みし/林翔

初夢や夢一杯の帆かけ舟/龍岡晋

初夢のなかの高嶺の雪煙り/龍太

初夢になにやら力出しきりし/眸

初夢の吉に疑無かりけり/松瀬青々

初夢の白牡丹なる失明感/豊山千蔭

俳句例:21句目~

暁近く見し初夢も別事なし/安住敦

輦台に乗れる初夢大井川/高澤良一

初夢や秘して語らず一人笑む/松宇

力在るものと格闘初夢に/高澤良一

初夢の唯空白を存したり/高浜虚子

初夢の夢の叶はぬ足袋をはく/径子

初夢の滞空時間永きかな/能村研三

初夢の茄子も雀も同じ色/多田睦子

初夢や枕の横の幼な顔/永田耕一郎

初夢の右手右足良く動く/窪田桃花

初夢にお他力様の初仕事/高澤良一

初夢を話しゐる間に忘れけり/立子

初夢を美しとせし嘘少し/嶋田一歩

初夢の夫は軟体動物ぞ/栗原利代子

初夢や鎧兜を身にまとひ/池田秀水

初夢や金も拾はず死にもせず/漱石

初夢の父来てわれを肩車/木田千女

初夢の子等の枕の窪みかな/上野泰

初夢のマンボウ何と畳大/高澤良一

初夢はとまれ味寝の希はしや/瓜人

俳句例:41句目~

獏枕子のよき夢をつゆ知らず/兜子

解かれたる初夢の顔誰々ぞ/石寒太

初夢に河が光つてをりしのみ/秋を

初夢に父に遭ひしが叱られし/良太

うつゝなき妹が笑ひや獏枕/松瀬青々

怒濤音わが初夢を囲みけり/奥坂まや

夫が手の確かめにくる獏枕/大石悦子

もどきの絵一枚敷きて獏枕/矢島久栄

三人の子に初夢の三ツ降り来/上野泰

三途の川渡りそこねし獏枕/鈴木智子

初夢の父にもらひし平手打/前田白露

初夢の初蝶なりし白かりし/県多須良

初夢に塞翁が馬のその毛並/桂樟蹊子

初夢が覚め病人に戻りけり/小林一泉

初夢や赫々として馬の尻/大木あまり

初夢に尾鰭をつけし物語/大久保白村

初夢に座布団ほどの鰈釣れ/岡田立男

初夢に昔のヨイトマケの唄/高澤良一

初夢や船長として舵を取り/池田秀水

初夢に羅のつく十二神といる/渋谷道

俳句例:61句目~

初夢や夫の一喝もらひける/小西久子

初夢や大不可といふ落第点/水原春郎

初夢の母に言葉の戻りをり/緑川啓子

初夢に阿倍晴明召されけり/岡本綺堂

初夢の大河となりて音の無し/神蔵器

初夢のなくて紅とくおよびかな/鷹女

初夢の李白に酒をすすめられ/岬雪夫

初夢や母と渡りし長き橋/小野/鶴子

初夢に鳥叫をききゐたりけり/中田剛

初夢や半きれたる唐にしき/立花北枝

初夢もなく患者食運ばるゝ/萩原麦草

初夢のうきはしとかや渡りゆく/虚子

初夢の腰かけごろに柏の木/増山美島

初夢もなく寝揃ひの吾子ふたり/岳陽

初夢のうつつの夢と重なれり/寿々子

初夢もなき軒雀こぼれけり/石田波郷

初夢の崖縁をただ歩くかな/橋爪鶴麿

初夢の縄一本がポールに沿ひ/中田剛

初夢に見し踊子をつつしめり/森澄雄

初夢や波郷は若く吾老ゆる/杉山岳陽

俳句例:81句目~

初夢の中や一人で歩きをり/長部紅女

初夢の中より外へ出てしまふ/蔦三郎

初夢の盲となりて泣きにけり/不死男

初夢の駱駝ぬけゆく針の穴/小室善弘

初夢の駅の時計の進まざる/藤田湘子

初夢の思ひしことを見ざりける/子規

初夢に見しまぼろしや八達嶺/石寒太

初夢の覚めて電気の紐親し/西村和子

初夢の土鈴に波の音すなり/水野恒彦

初夢に髪膚の湯の香つづかしむ/正江

獨り居の夢に尾もあり初枕/内田百間

初夢のいきなり太き蝶の腹/宇佐見目

初夢のつづく曠野に父のこゑ/石寒太

雨ざんざ降る初夢に遇うは妻/隅治人

鮮明な初夢にして怖きかな/能村研三

初夢に見しふるさとは明治の世/瀧春一

初夢に馬駈る蒙古大草原/樹生まさゆき

初夢のあまたの歌の神に逢ふ/中村若沙

初夢のいつまで若き我ならん/福井圭児

初夢のかたちのままの寝床かな/日原傳