季語/鯊釣(はぜつり)を使った俳句

「鯊釣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鯊釣」について

【表記】鯊釣

【読み方】はぜつり

【ローマ字読み】hazetsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鯊釣を含む俳句例

大切に古りたる鯊の竿二本/花蓑

行徳は時雨鯊釣松手入/岩田由美

舟影に芥をはこび鯊の潮/桂信子

鯊釣の小舟漕ぐなる窓の前/蕪村

鯊釣の陸に背中を並べをり/森野稔

鯊釣の装備の一つ烏龍茶/高澤良一

鯊釣の子供の裸小さくて/岸本尚毅

鯊釣って東京湾に親しめり/大串章

鯊釣や友舟とほき澪標/水原秋桜子

鯊舟の小錨砂に据りけり/永井龍男

鯊釣に槌のひゞきは佃かな/零余子

鯊釣に賑ひゐたる埋立地/茨木和生

鯊釣や蘆荻の中の半日は/尾崎迷堂

合点と揚げて釣竿鯊空し/西山泊雲

鯊釣や浜に傾斜の東京都/瀧井孝作

鯊釣や友舟とほき澪標/水原秋桜子

竹切に糸をつくれば鯊の竿/高浜虚子

鯊日和夫の遺愛の竿を干す/白井一江

鯊釣の幌深くゐて竿の数/佐藤まさ子

鯊釣の一人を父に迎へたし/大石悦子

俳句例:21句目~

鯊釣の大きな箱に坐りけり/古舘曹人

海底に珊瑚花咲く鯊を釣る/高浜虚子

鯊釣の幌深くゐて竿の数/佐藤まさ子

鯊釣の日和になりぬ葉鶏頭/正岡子規

鯊釣や松ある景の入江にて/尾崎迷堂

鯊釣や湾の中なる流れ汐/松根東洋城

鯊釣や破れし船を波よけに/福田蓼汀

鯊釣るや一竿天地空しうす/志田素琴

鯊釣るや光琳波に湖凪いで/高井北杜

鯊釣れて裸足で歩く女かな/岸本尚毅

町中に鯊が釣るゝよ秋の河/吉田冬葉

鯊釣をやめ玄界の入日見よ/福田蓼汀

鯊舟の円陣汐の満ちくるか/櫻岡素子

鯊釣るや一竿天地空しうす/志田素琴

子持鯊釣れをる河口昼の月/鈴木雹吉

遁れきても亦鯊釣の充満す/石田波郷

遠目鏡鯊釣る友を思ふかな/尾崎紅葉

鯊舟の舳に小さき錨かな/高橋淡路女

鯊釣や破れし船を波よけに/福田蓼汀

桟橋に船をらぬ間の鯊を釣る/松村柳浦

俳句例:41句目~

さざ波に酔ひて一日鯊を釣る/大石暁座

鯊を釣る舟が出てゐる大日向/高澤良一

鯊の竿粗末な方が釣れにけり/小島延介

鯊の竿粗末な方が釣れにけり/小島延介

鯊を釣る突堤伸びて渦潮へ/今井千鶴子

一日を鯊釣ることに過しけり/高浜年尾

鯊釣りの女に負けて戻りけり/橋石和栲

上げ汐をよろこぶ鯊も鯊釣も/右城暮石

鯊釣りの水に光のあるばかり/有角正巳

鯊釣りの父子のうしろ姿似る/中村純代

サンパンのゆきかふ波に鯊の船/瀧春一

鯊の竿鰡に振り回されてをり/茨木和生

鯊釣りに一天の藍しづかなり/小川敏子

大仙陵照らず曇らず鯊釣るゝ/前田普羅

桟橋に船をらぬ間の鯊を釣る/松村柳浦

子持鯊滅法釣れてあはれなり/白井冬青

鯊釣れず水にある日のうつくしく/青邨

鯊釣の出がけの書翰竈の上に/宮武寒々

鯊釣れば雨の神社に犬跳ねて/永田耕衣

朝に釣り夕ベに釣りて鯊の汐/鈴木花蓑

俳句例:61句目~

同舟の向きそれぞれに鯊の秋/木内怜子

波止先にかたまれる舟鯊日和/藤田静古

橋桁に嵌まる風景鯊を釣る/加藤三七子

鯊釣に行くといふなる宵寝哉/尾崎紅葉

荷船にも釣る人ありて鯊の潮/高濱虚子

赤潮を越してなほ漕ぐ鯊の舟/前田普羅

駄菓子屋の裏に舟寄る鯊日和/塙三千男

短艇に尖る川波鯊を釣る/梅島/くにお

職なくて真菰隠りに鯊釣るも/細川加賀

鯊を釣る舟が出てゐる大日向/高澤良一

荷船にも釣る人ありて鯊の潮/高濱虚子

鯊待つや空高々と舟の中/長谷川かな女

鯊舟にひろげ朝刊匂ひけり/小森白芒子

鯊釣の数でいくらか夫を抜く/北村仁子

鯊釣や片手に柿をたべながら/西山泊雲

鯊釣や不二暮れそめて手を洗ふ/秋櫻子

鯊舟をへな~漕いで戻りけり/矢野蓬矢

休暇尽くる心忙しや鯊を釣る/吉野左衛門

鯊を釣るうしろ原つぱ犬駆けり/富安風生

ひらひらと釣られて淋し今年鯊/高浜虚子

俳句例:81句目~

こもごもに釣れて夫婦の鯊日和/茂里正治

鯊釣つておいてけ堀の真晝かな/筑紫磐井

子持鯊間遠ながらも釣りたまる/中村汀女

割り込みし鯊釣竿の長きかな/増成かつじ

鯊船や入江の凪に日もすがら/水原秋桜子

夕汐の冷ゆるに滅法鯊釣るゝ/篠塚しげる

鯊釣の夢おもしろく揺られけり/中尾白雨

一ト竿に二つの鯊のかゝりけり/岡本松浜

島住みになれて鯊釣たのしめり/芹沢江村

戦争を知らざる如く鯊を釣る/大場白水郎

校長の鯊釣りと言ふついて行く/原田耕二

裏木戸を開けて舟出す鯊の潮/岡嶋田比良

鯊釣に籠といふものなかりけれ/田中裕明

舟下の鯊のあそび場照り曇る/藤田あけ烏

鯊竿をしらべる楽屋らく近し/中村吉之丞

見渡して鯊を釣る舟ならぬなし/清崎敏郎

艪を押すや片手に鯊を釣ながら/梅沢墨水

蒼天を切つて釣りあぐ鯊小さし/鈴木松山

鯊釣りの口笛のよくひびきけり/飯田蛇笏

見て居るは皆旅人なり鯊釣れる/西山泊雲

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ