季語/春暁(しゅんぎょう)を使った俳句

「春暁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春暁」について

【表記】春暁

【読み方】しゅんぎょう

【ローマ字読み】shungyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春の暁(はるのあかつき:harunoakatsuki)

・春の曙(はるのあけぼの:harunoakebono)

・春曙(しゅんしょ:shunsho)

・春の夜明(はるのよあけ:harunoyoake)

・春の朝明(はるのあさけ:harunoasake)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春暁を含む俳句例

春暁や一点燈の大伽藍/青畝

春暁や野菜車の相次で/篠原

春暁や筧二つの同じ音/龍雨

浪白き春暁の渚かな/籾山柑子

春暁の提灯消すや町近く/篠原

春暁や声の大きな水汲女/篠原

香港の春暁の船皆動く/高濱虚子

塩竃に春曙のお蝋かな/川端茅舎

春曙ただよふて水枕かな/梶千秋

春暁の光ののぼる大銀杏/井上雪

春暁亡妹来り酒静か/入江亮太郎

春暁や心をつゝみて松細葉/石鼎

散らばる書春曙をみな睡る/鶏二

帰りなん春曙の胎内へ/佐藤鬼房

一塊の春の朝雲欅立つ/中村汀女

白粥に春暁の雨いとかすか/宋淵

春暁や音もたてずに牡丹雪/茅舎

春暁や雨垂れまがふ露の音/碧童

春暁や裏山畠の百姓家/野村泊月

春暁の砂浜あれば足跡あり/篠原

俳句例:21句目~

病む人に春の曙自ら/阿波野青畝

春暁や逆白波の利根河口/福田蓼汀

こま~と垂氷す春の暁に/石井露月

春暁の自転車五つ六つ百/鷹羽狩行

松のひまほの~見ゆる花の春/暁台

雀の子啼いて春暁乳臭き/萩原麦草

延着といへ春暁の関門に/中村汀女

春暁といふ黄金の刻きざむ/滝青佳

貧乏の赤鼻道化めく春暁/小林康治

春暁のみづうみ抱く大蜥蜴/竹中宏

春暁のものの香にある机かな/澄雄

春暁の一番列車紙のよう/小暮洗葦

春暁や麦連りに小野の里/尾崎迷堂

春暁や次第にたかくなく雀/原石鼎

春暁や枕元なる歌屏風/高橋淡路女

春暁の夢に力の入りけり/宮坂静生

春暁の乳欲る声を漲らせ/西村和子

春暁の夢のあと追ふ長まつげ/久女

春暁のあまたの瀬音村を出づ/龍太

春暁の雀の中の目白かな/増田龍雨

俳句例:41句目~

春暁の雨の続きに鱶泳ぐ/坪内稔典

春暁の家に残る子離れる子/甲子雄

春暁の山々男くさきかな/金田咲子

春暁や見えゐて遠き礁波/勝又一透

五体投地春暁の堂鳴動す/岩崎眉乃

春暁や舷ぬれてゐる渡舟/田村了咲

春暁や胸の蔵開け町動く/水野照美

春暁を騒ぐ山の鳥海の鳥/福田蓼汀

春暁や木魚の銜へ暗一線/河野静雲

命あり春曙となりにけり/加藤母宵

春暁や筧の響く大とばり/西山泊雲

窓掛の春暁を覆ひ得ず/波多野爽波

春暁の洛東江を渡りけり/夏石番矢

春暁の湖に皿洗ふ厨かな/飯田蛇笏

春暁や目隠しをせし小鳥籠/日原傳

春暁や無数の黒いゴミ袋/対馬康子

春暁や岩神木神芳しく/大峯あきら

春暁の竹筒にある筆二本/飯田龍太

春暁の米粒は立ち疑わず/坪内稔典

杉山の春の曙杜氏らに/加倉井秋を

俳句例:61句目~

春暁踏みこむ影に農見えじ/松澤昭

西方の旅を念ひに春の暁/飯田蛇笏

春暁や水のみに来る鳥の声/吉田冬葉

春暁の人亡く吾の在る不思議/岡本眸

春暁の出るぞ出行くぞ鰯舟/石塚友二

春暁の匂ひ立つ闇無聊なり/河野南畦

春暁や水ほとばしり瓦斯燃ゆる/汀女

春暁の啄木鳥きゝつ厠かな/西山泊雲

春暁を奪ふ空の手ただよへる/松澤昭

春暁を告げて天台烏薬の香/稲畑汀子

春暁をまだ胎内の眠たさに/野澤節子

春曙潮汲ら松間出て来るよ/高田蝶衣

春曙夢中に滝を見つづけて/野沢節子

どの家からも春暁の駒ヶ嶽/飯田龍太

春暁の肋木の上を舶ゆけり/下村槐太

ふるさとの春暁にある厠かな/草田男

春あけぼの巫峡の烟雨紫に/田中英子

妻の額に春の曙はやかりき/日野草城

春暁の夢の終りに母をりし/原田豊子

春暁や大いなる鮫獲れしとふ/原石鼎

俳句例:81句目~

十二神将春暁の燭ゆるるなき/原幸子

春暁や湾沿ひにある小家並/西山泊雲

春暁やうちかづきたる古衾/後藤夜半

君が門春暁にして水打たれ/大島民郎

春暁の雨よ口笛とほくより/片山桃史

春暁や軒端の花に伏家無し/尾崎迷堂

春暁の雨戸開ければ土匂ふ/西村和子

春暁や足で涙のぬぐえざる/折笠美秋

春暁や見たきもの巣の時鳥/渡辺水巴

霧降るや春暁啄木鳥の軽打音/有働亨

春暁の雨淡泊にこぼれ止む/野澤節子

春暁やあさき夢見し夢の中/草間時彦

師弟共に若かりし夢春暁に/野中英照

春暁の船にだにある枕かな/飯田蛇笏

春暁や藁火あげをる橋袂/金尾梅の門

手機織る母春暁の夢に出で/浅見画渓

教師なりけり春暁己が咳にさめ/楸邨

春暁の雲とびとびや桜島/阿波野青畝

春暁や罪ほの暗く胃に残る/横光利一

春暁や繭の真中に浮びゐて/井上純子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ