季語/梨の花(なしのはな)を使った俳句

「梨の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梨の花」について

【表記】梨の花

【読み方】なしのはな

【ローマ字読み】nashinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・梨花(りか/なしばな:rika_)

・梨咲く(なしさく:nashisaku)

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

梨の花を含む俳句例

誰園ぞ月夜春の夜梨の花/鉄僧

晴天や白き五弁の梨の花/原石鼎

梨の花うるはし尼が念仏迄/言水

花梨の宵闇深き停年後/河野南畦

梨の花盲しごとく立ち憩ふ/原裕

馬の耳すぼめて寒し梨の花/支考

散華の指反らすや梨の花明り/林翔

梨の花盥に水をそそぐなり/中田剛

梨の花水平に棚曇りつめ/近藤一鴻

梨の花わが放心の影あゆむ/山下淳

山村に晝の地震や梨の花/内田百間

後園の春の真白や梨の花/尾崎迷堂

青天や白き五弁の梨の花/花影原石鼎

小梨咲き鳳凰山塊朝蒼し/水原秋櫻子

梨の花千手仏より授かりし/伊藤敬子

梨の花団十郎をひゐきかな/正岡子規

梨の花妻恋しうて恥かしき/古館曹人

梨咲きぬ言葉の届く高さにて/岡本眸

梨の花老婆の暗き木靴去る/小池文子

梨の花郵便局で日が暮れる/有馬朗人

俳句例:21句目~

梨咲くと轍を重ね砂丘馬車/神尾季羊

梨咲くや水を豊かに越の国/緑川啓子

父と娘の仲ほのと濡れ梨の花/笹井愛

神鳴りて天気変りぬ梨の花/石井露月

誰が園ぞ月夜春の夜梨の花/五車反古

実の為に枝たはめじな梨の花/炭太祇

雅楽のように話す村人梨の花/伊藤和

うす青き風匂ひ来る梨の花/藤本/とき

梨の花棚傾ぐまで咲き満てり/吉澤卯一

梨の花笊つくる手のあれにけり/上村占

雪の嶺はるか連なり梨の花/長谷川耕畝

ゆふべやや寒き家路や梨の花/相馬遷子

わが昼を離れてありぬ梨の花/攝津幸彦

アフリカが犀産む昼よ梨の花/坪内稔典

梨咲いて流れにうつる雲母山/石原八束

残雪も夜空にしろし梨の花/水原秋桜子

花梨の実高きにあれば高き風/池上樵人

大井川乾きて白き梨咲けり/百合山羽公

梨咲いて紺いろの夜ひたひたと/井上雪

梨の花とんで母屋の塵となる/平畑静塔

俳句例:41句目~

鹽そそぐまぶしさならむ梨の花/中田剛

花梨の夜を濃くしたる弥勒かな/福島勲

小梨咲く頃とて水車よくまはる/森田峠

能登けふは海の濁りの梨の花/細見綾子

夜あるきや梨の畠の花明り/岡本癖三酔

梨の花真白に胸を満たしけり/川崎俊子

梨の花、鳥肌が地をのぼりゆく/高岡修

泉声や小梨の花もたそがれて/相馬遷子

風塵の空かがやくは梨咲けり/前田鶴子

梨の花夕月あかりしてゐたり/清水基吉

天秤や死はひともとの梨の花/河原枇杷男

安達太良の雪も花びら梨咲けり/堀口星眠

富士五湖の四湖昏れゆく梨の花/野尻正子

梨の花かすめば掬ふ野の流れ/千代田葛彦

梨の花くゞりくゞりて深入りす/右城暮石

梨の花すでに葉勝ちや遠みどり/富安風生

梨の花もの云うことを怖れたり/橋石和栲

梨咲くと人にはぐるる心地せり/小林貴子

梨咲くと仰ぐに天のふかみどり/相馬遷子

山に咲く小梨の花は眼がかすみ/和知喜八

俳句例:61句目~

梨咲くと葛飾の野はとの曇り/水原秋櫻子

梨咲くやいくさのあとの崩れ家/正岡子規

梨咲くや警官人形田へ転がる/田川飛旅子

牛の仔はおとなしきもの梨の花/遠藤梧逸

甲斐がねに雲こそかかれ梨の花/與謝蕪村

梨の花棚に敷きつめ月出でぬ/神谷/文子

梨咲いて桃里武陵の名を負へる/小林碧郎

梨の花夜が降る黒い旗のやうに/有馬朗人

きぞの湯茶捨てば地に泡梨の花/内田百間

たらちねの母となるまへ梨咲いて/森澄雄

梨の花蜂のしづかににぎはへる/深見けん二

或る斜面死など易しと梨咲けり/北原志満子

仮縫の身に合ふ梨の花ぐもり/長谷川せつ子

花梨に日照る月照る岨路かな/長谷川かな女

梨咲けりパンパン壺に砂糖買ふ/加倉井秋を

沈む船より梨の花なぞ見えやせぬ/攝津幸彦

花梨老樹に赤児抱きつく家郷かな/金子兜太

梨咲くと水のにほひの手足かな/鍵和田釉子

雨雲のいく日下りゐし梨咲けり/野崎田鶴子

梨咲いて病めばいささか色白に/鍵和田釉子

俳句例:81句目~

梨の花はなれて見れば地獄なり/河原枇杷男

花梨の無限の白に入りてまどふ/加藤知世子

梨の花まくらことばがたちのぼる/宇多喜代子

北風まとふ花梨の下のおびしや宿/町田しげき

アンドロメダ座峡には梨の花めざむ/小池文子

雨雲の行くしづかさや梨の花/五十崎古郷句集

むかし初潮にほっとしたっけ梨の花/池田澄子

氷遠は掌に乗るでしょうか花梨の庭/伊丹公子

小梨の花浅間は浅黄いろに白い雲おく/荻原井泉水

椅子持ち出して夕暮となる/地面梨の花/風間直得

梨の花かすみにねむるおぼろ夜に夢よりあはき月を見るかな/金子薫園

梨の花ほのけく白く月の夜にかげして散りぬ。また一つ散る。/立原道造

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ