季語/籾(もみ)を使った俳句

「籾」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「籾」について

【表記】籾

【読み方】もみ

【ローマ字読み】momi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・籾干す(もみほす:momihosu)

・籾筵(もみむしろ:momimushiro)

・籾殻焼く(もみがらやく:momigarayaku)

季節による分類

・「も」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

籾を含む俳句例

籾臼の廻りも早し秋日和/乙由

大晴や籾摺競ふ谷向/芝不器男

家々に広き庭あり籾莚/宮本静代

山道の墓と人栖む籾莚/石原舟月

籾干すや鶏遊ぶ門の内/正岡子規

藪椿こぼれ籾山梓月庵/皆川白陀

一箱の最後の林檎籾を出づ/朱鳥

廻りゐる籾すり馬に日静か/篠原

恍惚と童女腹匐ふ籾莚/山口誓子

籾筵百枚渡り往診医/小池つと夢

能因の墓の前なる籾筵/野村泊月

籾すりの埃日高し葉鶏頭/小澤碧童

残菊や戸口を埋む籾の山/大谷句佛

籾摺や俵かぞへて妻幾度/細川路青

鶴養ふ寒村の籾十五石/上野さち子

風音の空に溜る日籾選ぶ/宮津昭彦

静かなる国旗の影や籾筵/野村泊月

籾殻の底よりとりて寒卵/長谷川櫂

裡なる火育て籾殻山窪む/柴田奈美

我庭の月や籾する隣あり/石井露月

俳句例:21句目~

籾を出る卵半身芽立つ町/辻田克巳

稲滓火に三山傾ぐ夕べかな/小島健

籾量る少女梢を陽が急ぐ/飯田龍太

畑中の電柱の冷え籾を干す/中拓夫

夕烟りまとうて畳む籾筵/石原八束

籾摺やわが裏山の薄紅葉/柏崎夢香

籾殻に京の山相佐渡紅葉/香西照雄

籾莚紫苑の長き影法師/岡本癖三酔

行く人や門田の早稲の籾づもり/諷竹

裁縫箱籾殻を焼く煙這ふ/猪俣千代子

ぎらぎらと天日据ゑて籾筵/中島斌男

籾殻火闇に田神の在すごと/影島智子

赭肌の大甕に籾あふれけり/長谷川櫂

なつかしき籾摺歌も籾摺も/森かほる

陽当りに仔犬繋がれ籾乾く/大野愛子

籾殻のひとり燃えゐて日本海/神蔵器

陽炎や轡みがきのこぼれ籾/中川四明

みづうみのひかりを先に籾筵/森澄雄

一回で済む隠し田の籾運び/野村仙水

籾干すや語部のごとさゞ波は/山本源

俳句例:41句目~

家々の籾すり歌や月更けぬ/数藤五城

籾の内に本尊作るや田長鳥/井原西鶴

割木小屋籾殻小屋も秋山家/山田弘子

雲中に鳥海見えず籾を焼く/那須乙郎

叩き合ふことが労り籾埃/松倉ゆずる

命なり籾をとゞむる雁の喉/松瀬青々

籾の塵殊に童の目鼻かな/米沢吾亦紅

馬の瞳に夕日が届く籾殻火/栗林千津

籾殻丘夕映母へと還る農婦/香西照雄

稲滓火の関東平野雪もよひ/角川春樹

婆の尻ふりふり籾を零しゆく/石寒太

籾干して谷戸一番の大藁屋/高木晴子

籾殻を泪につけて蟇が醒む/金子千侍

干籾に蟻万濤を航く如し/大岳水一路

籾山に月出て雀ういういし/新田祐久

新駅の前に籾殻けぶりゐる/能村研三

籾殻の山なすここが関の跡/藤田湘子

籾ふるふ静かな音や青唐箕/村上鬼城

生壁も籾一粒の早稲田かな/野澤凡兆

検診の農夫胸より籾こぼす/山口瑞穂

俳句例:61句目~

海かけて天むらさきや籾筵/中島斌雄

籾を磨る中庭固し岩根とも/久米正雄

煙突立て籾殻山は内に燃ゆ/美濃真澄

燻炭を作る籾殻山ならむ/藤田あけ烏

見られゐて無想の肱や籾砧/石塚友二

福藁や籾置を敷く薔薇の蔓/香西照雄

秋暑し籾殻の嵩流れゆく/千代田葛彦

籾干せる小さき祠の前の庭/高濱年尾

籾磨の埃にたたす二の鳥居/木村蕪城

籾磨や遠くなりゆく小夜嵐/芝不器男

籾筵でん~大鼓置いてあり/野村泊月

籾筵夕波ひとをしづかにす/友岡子郷

籾莚五十枚とて祝ぎにけり/西本一都

籾量を胸算用や蒲団かぶり/大熊輝一

籾鎮み磨きつづける風の星/成田千空

老いし母怒濤を前に籾平す/西東三鬼

苺畑用の籾殻着きにけり/中戸川朝人

葭蓆布きたる上に籾むしろ/後藤夜半

籾摺りし糯の白佳し笊すわる/大熊輝一

きりしたん宗門改メ帳の籾/高野ムツオ

俳句例:81句目~

籾摺や庇に晴るゝ夜々の星/金尾梅の門

籾殻火千曲の暮色にはかなり/皆川白陀

籾殻火よみの国まで燻らする/佐藤鬼房

籾殻山の飛散寸前つけし火や/鈴木勁草

坂道となりてもつづく籾莚/波多野爽波

籾すりの有明月に灯消せり/吉岡禅寺洞

泣いてゐる子に籾筵かゝへ母/高野素十

籾磨を見て純朴の顔ばかり/米沢吾亦紅

祭果て曲馬のあとに籾を干す/近藤一鴻

籾筵凧を貼るごと敷きつめぬ/大熊輝一

籾殻に卵さぐるや凍ゆるむ/田川飛旅子

籾筵片づけられし墓混み合ふ/香西照雄

籾殻に火のゆきわたる榛の丈/綾部仁喜

籾筵素足となりて踏みわたる/山口誓子

籾筵色に出そめし柚子のあり/鈴木花蓑

籾山に乗りて沈みて子は遊ぶ/山口誓子

籾殻と共に世に生れ吹きすさぶ/斎藤玄

籾殻に越中の火を立てにけり/古舘曹人

籾莚色に山そめし柚子のあり/鈴木花蓑

籾蓆憑きくる雲をにくみけり/木下夕爾

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ