季語/懸巣(かけす)を使った俳句

「懸巣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「懸巣」について

【表記】懸巣

【読み方】かけす

【ローマ字読み】kakesu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・樫鳥(かしどり:kashidori)

・橿鳥(かしどり:kashidori_)

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

懸巣を含む俳句例

橿鳥の朝な来る刻梳る/石昌子

橿鳥の八幡様に忘れ物/山本洋子

林帯をかける橿鳥秋の嶽/飯田蛇笏

樫鳥や開龕に置く小賽銭/北野民夫

広前の静なる時懸巣来る/野村泊月

樫鳥や暮際燃ゆる櫨紅葉/堀口星眠

山泉橿鳥蔓の実を啄めり/飯田蛇笏

暮坂の峠や懸巣啼かず飛ぶ/上村占

橿鳥や拓きし牧の切株に/渡辺立男

橿鳥や朴は梢の苞を捨つ/藤田湘子

橿鳥のをかしき唐招提寺かな/森澄雄

雪に飼ふ橿鳥陣屋跡とのみ/木村蕪城

懸巣鳴き遠雲脱げり桜島/水原秋櫻子

枝映る樹に懸巣鳴く泉かな/鈴木花蓑

冬紅葉かけす移りて色動く/田中英子

古草を跳びて樫鳥膨れをり/堀口星眠

枝ひくく橿鳥とまる泉かな/飯田蛇笏

懸巣とぶ己が擬声に驚きて/堀口星眠

懸巣とぶ露の重みの朝の杉/佐藤定一

懸巣鳴き硫黄の染みし磧石/大橋敦子

俳句例:21句目~

懸巣をり湖かくす震いつ動く/及川貞

橿鳥の翅あらく来し雪解風/斎藤道子

橿鳥や浄らにゆがむ鈴ケ岳/堀口星眠

橿鳥や赤子生れし禰宜の家/山本洋子

烈風や懸巣は樅に巣を隠し/堀口星眠

猿田彦おん目まんまる懸巣鳴く/林翔

童女には森の悪者懸巣鳴く/堀口星眠

聖書棚覗く懸巣も眼鏡して/堀口星眠

行秋の樹海に遊ぶ懸巣かな/中島月笠

逸りとぶ懸巣鮮し橇のまヘ/堀口星眠

懸巣鳴きみぎいせみちの道標/古舘曹人

寺の杜法話をみだす懸巣をり/村田眉丈

懸巣鳴き山葵田にわが旅の影/村上光子

山寺や懸巣啼くたび紅葉冷/古賀まり子

もろ鳥の朝ごゑ懸巣殊に啼く/日野草城

懸巣鳴き綿蟲とべば雨上る/八木林之介

温泉へ起つや橿鳥翔る花の雨/渡辺水巴

湯の山の斧鉞許さず懸巣鳴く/福田草一

懸巣鳴く一つの森は真野御陵/江本如山

枯山にめをと懸巣が常に二羽/相馬遷子

俳句例:41句目~

山住みに賀客もあらず懸巣とぶ/有働亨

懸巣鳴く天の岩戸を霧ごめに/木村風師

懸巣ゐて苔に嘴さす露けさよ/堀口星眠

斑雪山目の前に来て懸巣鳴く/和公梵字

土佐みづき樫鳥の口けふ重し/堀口星眠

猿酒をきいて来りし懸巣かも/和田祥子

暑気下しかけすぎ寝たる鰥かな/森川暁水

栗山にひつそりとゐる懸巣かな/皆川盤水

樫鳥や能の衣装を掛けつらね/大木あまり

かけす鳴きひかりしたしき楢林/杉山岳陽

わがために朱き実落す懸巣ならむ/安住敦

ダム底となりし一村懸巣鳴く/有川/淳子

橿鳥や木の香たゞよふ橇作り/岡本まち子

倒れ木も霧藻まとへり懸巣翔つ/澤田緑生

吊橋に懸巣の下りて谿くらし/水原秋櫻子

子供居り暫く行けば懸巣居り/中村草田男

山始めまさしく啼ける懸巣かな/中島月笠

山滝に日射すとみゆれ懸巣翔ぶ/飯田蛇笏

懸巣なく高野の杉の或る木かな/籾山柑子

懸巣啼きその子の応ふ青水無月/小池文子

俳句例:61句目~

懸巣啼く今日は鳶の真似をして/新谷根雪

短編の結びは荒らあらしき懸巣/下山光子

懸巣来て山は静寂保たれず/桔梗きちかう

竹の子の生えみだるゝに懸巣鳥/細見綾子

紅葉のはげしき山に懸巣鳴く/百合山羽公

懸巣鳥なき比叡に天台秘法あり/岸風三楼

虚子塔の静寂を破りたる懸巣/三井紀四楼

懸巣鳴いて榎の花をこぼしけり/大谷句佛

懸巣鳴きまだ澄み足らぬ空の蒼/三橋迪子

春立つてゐる山の木の懸巣かな/岡井省二

露けさによぎる懸巣や湖畔馬車/斎藤道子

懸巣鳴き紅葉くぐりて紅葉ちる/百合山羽公

栗鼠と懸巣が棲む大学の胡桃の木/伊藤敬子

湖の方へ懸巣鳴き落つあすならう/巌谷小波

今朝もまた懸巣の来ては沙羅の実を/森白象

火山灰越えて飛ぶは炎の懸巣かな/中杉隆世

かけす鳴きいちにち乾く盆地空/赤尾冨美子

立山の杉のくらさに棲む懸巣/坊城としあつ

木を倒す音しづまれば懸巣啼く/五十嵐播水

杉に消ゆしぐれの懸巣しかと白羽/皆吉爽雨

俳句例:81句目~

橿鳥の行方や逐へぬものばかり/石田あき子

橿鳥の鳴くばかりなる深雪かな/大橋櫻坡子

懸巣鳴き温泉の香ただよふ栂林/大森三保子

懸巣かとききける声も雨くらし/水原秋櫻子

何の木ぞ懸巣が踏みて露こぼる/水原秋櫻子

鳥居くぐりてよりの懸巣の森深き/島世衣子

木の実の紅覚めよ熟れよと懸巣鳴き/野澤節子

しなやかに朝の懸巣鳥の二枚舌/すずきりつこ

橿鳥の散らすや降るや銀杏黄葉/長谷川かな女

しやぼん玉願かけすぎしいびつかな/鳥居美智子

子供居りしばらく行けば懸巣鳥居り/中村草田男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ