季語/石炭(せきたん)を使った俳句

「石炭」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「石炭」について

【表記】石炭

【読み方】せきたん

【ローマ字読み】sekitan

子季語・関連季語・傍題・類語など

・たん(たん:tan)

・いしずみ(いしずみ:ishizumi)

・五平太(ごへいた:goheita)

・岩木(いわき:iwaki)

季節による分類

・「せ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

石炭を含む俳句例

索道の石炭落す麻畠/山口誓子

無言貿易石炭を骸かす雪/竹中宏

卓上の石炭一箇美しき/三橋敏雄

車上の石炭一箇美しき/三橋敏雛

起重機の影が石炭山走る/島崎芳月

一塊の石炭くらき焔かな/栗内京介

石炭を掬ふ音冬遠からず/山口誓子

夕涼石炭くさき風が吹く/正岡子規

港内皆石炭船や海月汐/楠目橙黄子

石炭の太古無となる炎かな/上野泰

石炭の露頭芒を生ひしめず/森田峠

手に重し大塊りの石炭は/橋本鶏二

駅凍てぬ石炭卸し絶間なく/杉本寛

石炭の尽きし山々紅葉せる/山口誓子

鶴来たる石炭の街眠る夜に/対馬康子

岬颪朝の石炭殻捨てに出て/平井さち子

復活祭石炭船は黒き眼積む/磯貝碧蹄館

月の出や石炭殻山裾に葱育て/友岡子郷

水母ゐるむかし石炭積出し港/花田由子

河豚釣りやボロ石炭船入港す/村山古郷

俳句例:21句目~

石炭を投じたる火の沈みけり/高浜虚子

満載して対岸に倦む石炭舟/榎本冬一郎

石炭船流るゝ菊を押し戻す/殿村莵絲子

石炭を口あけ見惚れ旅すすむ/金子兜太

石炭箱は牛の骨格山ざくら/小檜山繁子

貧児の眼石炭の炉に到るかな/島田青峰

うづ高き石炭かすや白き薔薇/寺田寅彦

ストーブに石炭をくべ夢多し/細見綾子

荒蝦夷の石炭の火のにほひかな/中條明

石炭を運びこぼしぬ海深し/長谷川零餘子

石炭船来めし屋の葵旗のごとし/高井北杜

一日のはじまり石炭を掬ふ音/徳永山冬子

石炭車門司へ入りくる長々と/楠目橙黄子

ちちろ鳴く石炭の闇滑らかに/榎本冬一郎

うららかや牛の子も積む石炭船/田中英子

石炭を欲りつゝ都市の年歩む/竹下しづの女

明日が見える闇を石炭箱に満たす/寺田京子

石炭にシャベル突つ立つ少女の死/西東三鬼

慇懃去った石炭町のフランスパン/伊丹公子

哄笑のうちに石炭かつと燃えにけり/島田青峰

俳句例:41句目~

石炭箱を靴に踏まへし暖炉かな/長谷川零餘子

聖霊の御名に由り石炭を焚き添ふる/山口誓子

燃ゆる石炭棄てて運河の落葉照らす/加藤楸邨

船頭の石炭がよく燃えて夜汐があげる/橋本夢道

石炭を挽く馬の肋骨へ雑草がのびてゐる/嶺達二

海の上に夕の雨の寂しく降り石炭はこぶ船一つをり/小泉苳三

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ