季語/枯芭蕉(かればしょう)を使った俳句

「枯芭蕉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枯芭蕉」について

【表記】枯芭蕉

【読み方】かればしょう

【ローマ字読み】karebasho

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芭蕉枯る(ばしょうかる:bashokaru)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

枯芭蕉を含む俳句例

烈風の地の明るしや枯芭蕉/有働亨

執拗に大枯芭蕉見し目なり/岸田稚

悉く折れ悉く枯芭蕉/渕野/なぎさ

眉月を引く明星や枯芭蕉/五十嵐播水

なか~に画師の庵の枯芭蕉/子規句集

暦日や揺さぶりみても枯芭蕉/安住敦

全うの一語に尽きぬ枯芭蕉/高澤良一

枯芭蕉誰にかも似し我も似し/菅裸馬

枯芭蕉神の狼藉啻ならず/松岡伊佐緒

枯芭蕉枯しつばさを地に垂らし/林徹

建長興国禅寺破格の枯芭蕉/高澤良一

風さへも関りもなく枯芭蕉/京極杞陽

芭蕉枯れ周辺のものみな枯れぬ/安住敦

保護色の蝶々が居たり枯芭蕉/富田潮児

近づきてどこやら青し枯芭蕉/岩木躑躅

大芭蕉枯れ居士林と扁したり/清崎敏郎

妻在らず枯芭蕉下の飢かすか/石田波郷

風雪の前のいま見る枯芭蕉/篠田悌二郎

枯芭蕉つつ立つ八方破れかな/沢木欣一

枯芭蕉天に疵なくわれも癒え/下村槐太

俳句例:21句目~

枯芭蕉科人のごとひっそりと/赤羽岳王

禅寺にひそやかに立つ枯芭蕉/小寺正三

枯芭蕉揺すりゐし人ゐなくなり/岩田由美

芭蕉枯るゝ音新たなる淑気かな/鈴木頑石

枯芭蕉ばつさり切りし男立つ/青柳志解樹

芭蕉枯れ萩枯れ吾に少しみどり/窪田丈耳

芭蕉枯れ骨のしんまで静かな日/関根青虹

枯芭蕉枯菊その他あるまゝに/松本つや女

或る時は切り捨てんかと枯芭蕉/右城暮石

俳禅窟そここゝに芭蕉枯れてあり/中川四明

庫裡の前明るく芭蕉枯れにけり/高橋淡路女

枯芭蕉いよいよ風のつきまとふ/隈元いさむ

枯芭蕉いのちのありてそよぎけり/草間時彦

犬が居るばかり枯芭蕉ちぎれかけ/下村槐太

芭蕉枯れんとして其音かしましき/正岡子規

枯芭蕉その枯れざまのつつがなし/渡辺恭子

手を触るゝことなき芭蕉枯れつくし/右城暮石

枯芭蕉日をかへすことなくなりぬ/佐々木有風

けふの日がさし妻や芭蕉枯るゝや/宇佐美不喚洞

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ