季語/蛤(はまぐり)を使った俳句

「蛤」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蛤」について

【表記】蛤

【読み方】はまぐり

【ローマ字読み】hamaguri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蛤鍋(はまなべ:hamanabe)

・蒸蛤(むしはまぐり:mushihamaguri)

・蛤つゆ(はまつゆ:hamatsuyu)

・焼蛤(やきはまぐり:yakihamaguri)

・洲蛤(すはまぐり:suhamaguri)

・酢蛤(すはまぐり:suhamaguri_)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

蛤を含む俳句例

南に海蛤のすまし汁/林火

蛤の薄紫に乾きけり/虚子

尻ふりて蛤ふむや南風/涼菟

品川や蛤鍋に明鴉/角田竹冷

引汐や蛤残すさゝら波/梅志

情なう蛤乾く余寒かな/太祇

春雨や蛤ふさぐ傘の音/琶扣

から~と蛤量る音すなり/松浜

無数の蛤無数の蕾夜の島/龍太

蛤も大口明くぞ鳴く雲雀/一茶

蛤の舌出してをり年の市/宋淵

初朧大蛤を僧の焼き/関森勝夫

砂深く蛤彩られてあり/澁谷道

蛤や口をあくれば京の水/梅室

蛤に腹も納得島遊山/高澤良一

情なふ蛤乾く余寒かな/炭太祇

蛤の青きをふむや西の海/鉄丸

涼しさや先づ蛤の口の砂/句空

雪汁や蛤いかす場のすみ/木白

蛤のふたみに別れ行く秋ぞ/芭蕉

俳句例:21句目~

引く汐に遅れ蛤走りけり/莵絲子

照る月の月やうらみん夜蛤/白雄

白と沈丁と木蓮と蛤と/小杉余子

蛤鍋や障子隔てゝ海の音/六山人

結納や大蛤の艶やかに/池田博子

振売の蛤飛ぶや村時雨/幸田露伴

蛤のかにかく重し数は知らず/翔

明烏浅蜊蛤目覚めよと/渡辺恭子

荒海や蛤店の高障子/藤田あけ烏

蛤の椀あたゝかき磯の香よ/大神

蛤の一串辛き空のいろ/飯田龍太

蛤のちよと汐吹くや盆の上/翠郷

汁椀に大蛤の一つかな/内藤鳴雪

蛤の芥を吐かする月夜かな/一茶

海に戻す蛤種や暮の春/松谷島村

蛤や今朝鴬のふた三声/水田正秀

蛤に劣る浅蜊や笊の中/高濱虚子

身にしむや蛤うりの朝の酒/亀翁

蛤の生けるかひあれ年の暮/芭蕉

蛤の柱をはづす指南あり/中原道夫

俳句例:41句目~

蛤の煮汁かゝるや春小袖/高井几董

蛤の生死をたしかむる炎/櫂未知子

蛤の舌のふれたる笊のふち/辻桃子

十ほどの蛤に水張つてやる/下田稔

蛤の茶屋も吐べき潮干哉/横井也有

夜遊の蛤汁にはじまれり/野本/京

蛤や二月の波の横走り/殿村莵絲子

蛤や塩干に見へぬ沖の石/井原西鶴

大寒や蛤吐きし砂少し/鈴木真砂女

大蛤の吸ひ物あつし松の内/原石鼎

天が下大蛤を掘りあてし/細川加賀

蛤や玉の如くに洗はるゝ/高田一餅

蛤や終に白状せず死せり/柴田奈美

蛤をおさへて椀を傾けし/須原和男

手箒を蛤に編む寒しごと/西本一都

蛤を動く余地なく立て並べ/高道章

蛤を掴んで沖つ波を見し/太田鴻村

蛤を提げて高きに登りけり/辻桃子

榛の枝を山蛤おつ泉かな/飯田蛇笏

蛤を炭火に泣かす土間厨/影島智子

俳句例:61句目~

焙らるる蛤遂に呵々大笑/桝井順子

蛤がことんと鳴つて潮汁/八木綾子

蛤のいけるかひあれ年の暮/ばせを

蛤のことりと動く夜の厨/石丸泰子

蛤のふたみを合す納め雛/下村梅子

蛤の上に一把や馬刀の貝/松瀬青々

きらきらと螺鈿の雨や酢蛤/秋山幹生

蛤を膝に鳴かせて夜の汽車/石塚友二

まぶしさに雨の蛤わが傘下/古舘曹人

蛤の舌出してゐる四温かな/江口千樹

喪服着て安房の蛤提げ帰る/下山宏子

蛤やをりをり見ゆる海の城/夏目漱石

蛤や鳴戸の渦にあづからず/飯田蛇笏

蛤の吐いたやうなる港かな/正岡子規

寄鍋や剥き蛤のふくむつゆ/関谷嘶風

帆の立ちしごとく蛤焼かれけり/青畝

旅果ての秋光にぬれ蛤塚/小松崎爽青

桶の蛤夕汐遠く呼びにけり/増田龍雨

楡ふかく秋の日にぬれ山蛤/石原舟月

蛤の煮らるる音の中にて書/加藤楸邨

俳句例:81句目~

蛤の煮られ開く死のしるし/和田悟朗

蛤のなかに入つてあそびたし/長浜勤

蛤のまどかに口をひらきをり/日原傳

蛤の荷よりこぼるるうしほかな/子規

蛤のことりと動きまひる時/江中真弓

蛤の虹より生れし夜の蝶か/石塚友二

蛤を採る腰波のたゝみ来る/川田朴子

蛤のはしらつよかれ門の松/浜田酒堂

蛤をこゑにききたる朧かな/黒川純吉

蛤を買うて重たや春の月/松本たかし

蛤を買ひえて空の藍ゆたか/渡邊水巴

見事さに蛤ひとつ焼れけり/尾崎紅葉

観桜の蛤御門開けてあり/後藤比奈夫

雪催剥き蛤のなほ生きて/鈴木真砂女

火にて開く蛤旧約聖書かな/熊谷愛子

節句明けて蛤煮出す障子かな/上島鬼貫

蛤や舌を垂らして融けさうな/野村喜舟

子を負ふて蛤にぢる浅瀬かな/藤野古白

蛤のふたみもありて冬ごもり/斯波園女

蛤のぶつかり合つて沈みけり/石田勝彦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ