季語/翡翠(かわせみ)を使った俳句

「翡翠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「翡翠」について

【表記】翡翠

【読み方】かわせみ

【ローマ字読み】kawasemi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・かわせび(かわせび:kawasebi)

・しょうびん(しょうびん:shobin)

・ひすい(ひすい:hisui)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

翡翠を含む俳句例

川蝉や柳静に池深し/子規句集

翡翠や鳳凰堂の前の水/龍岡晋

翡翠の一閃山を遠くせり/須藤徹

朝寒の翡翠覗く池の面/石塚友二

翡翠の去りてせせらぐ夕心/加藤汀

翡翠が狙ふかはせみ色の淵/吉本昴

翡翠や露の青空映りそむ/石田波郷

翡翠や霧の青空映りそむ/石田波郷

翡翠は荒ぶる神の囮かも/宮地良彦

翡翠は川の宝石光り飛ぶ/竹葉英一

初東風や翡翠が嚥む銀の/堀口星眠

翡翠の水の暗さに影落し/種田恵月

翡翠の影こんこんと遡り/川端茅舎

川上へ翡翠が飛び賽の神/和知喜八

翡翠の一蹴し去る杭かな/野村喜舟

薄氷翡翠の象を連れ歩く/山西雅子

父の恋翡翠飛んで母の恋/仙田洋子

翡翠の声のはなるる淵の色/永方裕子

冬浪の立ち上るとき翡翠色/高木晴子

翡翠に湿原の風うまきかな/高岡千歌

俳句例:21句目~

夏の帯翡翠にとめし鏡去る/杉田久女

翡翠の飛ぶ逡巡を許さざる/川島双樹

川蝉の風かをるかとおもひけり/蓼太

川蝉の川も女もすでに亡し/佐藤鬼房

翡翠の紅一点につづまりぬ/高浜虚子

青淵に翡翠一点かくれなし/川端茅舎

赤翡翠忌来べき人皆来り/市村究一郎

谷川に翡翠と落つる椿かな/山口素堂

翡翠の一閃枯野醒ましゆく/堀口星眠

種池に翡翠のゐて小雨なり/三宅句生

翡翠の来らずなりぬ秋の水/正岡子規

川蝉やおのれみめよくて沈む/子規句集

新緑や水恋鳥が啼きしと云ふ/渡辺水巴

水恋鳥聞きふるさとの一日目/茨木和生

ふるさとや翡翠は水乞い遡り/高木一惠

花かつみ川蝉ふれて動きけり/青木月斗

一月の翡翠とほる御寺かな/大峯あきら

冬ざれや翡翠を洗ふ越の海/松永千鶴子

冬瓜の翡翠に透けて母の味/長谷川祥子

夏木立タイムスリツプして翡翠/安西篤

俳句例:41句目~

屋摩す雪妻は翡翠も売るべかり/齋藤玄

山翡翠や初青空が淵にあり/千代田葛彦

山翡翠や釣師の飯の真白なる/堀口星眠

悪食と他人はいうなり翡翠愛し/森栄子

晩涼や翡翠に替へし耳かざり/原田青児

柳伐って翡翠終に来ずなりぬ/正岡子規

空蝉の琥珀を抜けし翡翠かな/五島高資

翡翠が掠めし水のみだれのみ/中村汀女

翡翠にとぶ二ン月の水の玉/大峯あきら

翡翠の一度失せしが露の穂に/下坂速穂

翡翠の捕りそこねたる疾風波/根岸善雄

翡翠の枯蘆に来て華やげり/久田山海子

翡翠の筑波おろしに吹るゝか/加舎白雄

翡翠の翔つ一閃の川涸るる/渡辺七三郎

翡翠の色あざやかに霧を出し/川端庸子

翡翠は朝かげ濃ゆき中に濃し/山口青邨

翡翠は空を銜えて飛び立てり/桑原三郎

翡翠やひねもす一二三の淵/東洋城千句

翡翠や水の越し得ぬ巌ひとつ/宇咲冬男

翡翠を肩にとめをり種案山子/鈴木柿城

俳句例:61句目~

翡翠去つて人舟繋ぐ杭ぜかな/高濱虚子

薄氷に山翡翠おのが影摶つも/藤原如水

風花や杭の翡翠いつかなし/中井余花朗

馬騎ノ内廃寺に山翡翠の混濁/鈴木孝信

あはれ啼く水恋鳥といふからに/風三楼

川蝉か春の鵆かないて居り/軽部烏帽子

翡翠に杭置去りにされにけり/八木林之助

この磯に翡翠を見て鷺を見ず/相生垣瓜人

翡翠の鋭声河鹿の声をつゞり/軽部烏頭子

野分中翡翠の声ありしごとし/千代田葛彦

翡翠の光りとなりて川上へ/坊城としあつ

翡翠の背に藍さして巣立ちけり/島崎秀風

翡翠に忘れかねたる都かな/長谷川零餘子

翡翠とぶその四五秒の天地かな/加藤楸邨

涸れてなほ翡翠の摶つ淵ひとつ/山下竹揺

月餅の箱さげ翡翠の指環はめ/保田白帆子

翡翠のひらく投網をかすめけり/土方秋湖

息こらしをり翡翠のまだ翔ばず/井上文治

野の川が翡翠を追ひとぶことも/平井照敏

翡翠見てより道真つ直ぐに歩く/寺井谷子

俳句例:81句目~

翡翠に遅刻の事は忘れ居し/竹下しづの女

翡翠の魂はみづみづしきみどり/齋藤愼爾

川蝉のつぶてかすめし鮠ちれる/木津柳芽

寂しめば山翡翠美しく鋭く鳴けり/峠素子

子の声と翡翠のゆくへ澱みなし/飯田龍太

翡翠に梅雨月ひかりはじめけり/飯田龍太

よべの漁つとめたる鵜の翡翠の目/森田昇

翡翠をあつとこころはこえるなり/阿部完市

翡翠の身の打ちつけししぶきかな/高木良多

川蝉のつらぬき失せし青葉かな/軽部烏帽子

翡翠研ぐ石冷やかに割れにけり/阿波野青畝

かはせみ飛び残しし青を人と見し/細見綾子

翡翠の飛ばねばものに執しをり/橋本多佳子

はつきりと翡翠色にとびにけり/中村草田男

梅熟れて水恋鳥を鳴かせけり/長谷川かな女

翡翠のとばざることの底意あり/波多野爽波

岩たぎつ水おもしろに翡翠かな/徳永山冬子

赤翡翠とどまるところから燃える/高桑婦美子

翡翠の来る杭と聞けどいつちやうら/尾崎紅葉

ままごとのなかの父なし山翡翠鳴く/三井絹枝

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ