季語/蚊帳(かや/かちょう)を使った俳句

俳句例:101句目~

古蚊帳に病傾城や眼をつむり/清原枴童

白蚊帳の寝覚や鳩鳴く京泊り/北野民夫

朝顔や風吹き上げて蚊帳空し/鈴木花蓑

蚊帳つりてさみしき杣が竈かな/原石鼎

本堂の隅なる蚊帳の吊手かな/高浜虚子

生身魂白蚊帳にとく寝ねたまふ/下田稔

合宿の僧と寐ねたり木綿蚊帳/青木月兎

蚊帳たたむ嫂母を語り尽きず/永井龍男

枕低く母が病み澄む蚊帳かな/小林康治

蚊帳吊るが見ゆ夕風の大蓮田/松村蒼石

宵ねして遊ばん蚊帳のつり初/榎本其角

白蚊帳の大紋どころ避暑の寺/皆吉爽雨

幌蚊帳の花の中吾子の寝顔うかぶ/篠原

蚊の入りし声一筋や蚊帳の中/高浜虚子

吾子の声今年野太し蚊帳の中/久米正雄

蚊帳吊りてひとり他郷の宵祭/宮坂静生

荷たれて母にそふ鴨の枕蚊帳/山口素堂

畳とも蚊帳ともつかぬ匂かな/京極杞陽

草の戸によき蚊帳たるる法師かな/蕪村

土砂降に祭つぶれし蚊帳かな/増田龍雨

俳句例:121句目~

寐た顔へ蚊帳吹あてるはし居哉/炭太祇

寝いそぎの蚊帳を後に咄かな/五車反古

鞴火に蚊帳な妻見ゆ鍛冶が宿/高田蝶衣

青蚊帳を泳ぐ昭和の日暮かな/柿本多映

蚊帳吊りし昭和の釘の残りけり/成井侃

夏風やこときれし児に枕蚊帳/飯田蛇笏

蚊帳吊し中に故郷の夜のあり/小林景峰

山風に又一鳴りす蚊帳の鐶/佐久間慧子

蚊帳くゞる女の膝の二つかな/後藤綾子

日輪のめぐる夜深し蚊帳に入る/渡辺水巴

星祭る夜をはやばやと旅の蚊帳/林原耒井

昼あつく蚊帳吊る紐を垂らしたり/桂信子

月焼に散る葉音なし蚊帳に入る/渡辺水巴

朝の蚊帳四方の露となりにけり/小杉余子

朝煙草喫ふ顔蚊帳の裾に出し/米沢吾亦紅

朝顔に蚊帳とくとつて塵もなし/中尾白雨

橋畔居鳶に鳴かるゝや蚊帳仕舞/久米正雄

母といて溢れし蚊帳を畳みし日/島田和世

母衣蚊帳を冷たき富士の覗くなり/岸田稚

水底のよに暁の蚊帳誰か座す/中戸川朝人

俳句例:141句目~

流れ星蚊帳を刺すかに流れけり/金子兜太

かけそむる月の三たびも蚊帳涼し/原石鼎

かたくなに一人遊ぶ子蚊帳釣草/富安風生

浅ましや蚊帳に透たる夜のもの/五車反古

海の紺透りて白き蚊帳に覚む/佐野まもる

淋しさの蚊帳釣草を割きにけり/富安風生

夕顔の闇よりくらき蚊帳に入る/横山房子

こがね虫闇より来り蚊帳つかむ/西東三鬼

燈台の灯のめぐり来る蚊帳を吊る/樋笠文

独り蚊帳の裾から枕をいれる/栗林一石路

生身魂青蚊帳ぐるみ透きたまふ/眞鍋呉夫

男なき寝覚はこはい蚊帳かな/遊女-花崎

病む人の蚊遣見てゐる蚊帳の中/高浜虚子

その夜蚊帳四隅とがりて肺毀す/川口重美

病む人の顔にかけたる蚊帳かな/子規句集

病む母の坐りてをりぬ蚊帳の中/向山隆峰

瘧落ちて足ふみのばす蚊帳かな/子規句集

白蚊帳に奇跡の目覚めある如し/川口重美

つりそめて水草の香の蚊帳かな/飯田蛇笏

白蚊帳をくゞる偽善の身を屈め/丘本風彦

俳句例:161句目~

真夜中の蚊帳電光のういういし/渡部陽子

真夜中や蚊帳を圧しくる滝の音/増田龍雨

稲妻の蚊帳をすかして茶色なり/子規句集

紙の屋根紙の蚊帳吊る今年かな/石川桂郎

紙燭して蚊を焼く妻や蚊帳の内/寺田寅彦

草の戸に立ちかゝりけり蚊帳売/小杉余子

蚊帳からげ髷高々と出にけり/島村元句集

蚊帳から抜けてほつとため息/小酒井不木

蚊帳くぐり異界おそれし幼年期/吉本和子

蚊帳すけて見ゆる景色や山の朝/豊田泰淳

蚊帳たたむ釣手の音を好みけり/野村喜舟

蚊帳たゝむ釣手の音を好みけり/野村喜舟

蚊帳つりて鎖さぬ御代に相川や/尾崎紅葉

蚊帳つる釣手の音にねむるなり/飯田蛇笏

ふとさめて蚊帳なき夜を幸福に/中尾白雨

蚊帳といふ網にかかりし男かな/穂積茅愁

蚊帳のわかれ未しと老ぞゆく/加舎白雄

蚊帳の中団扇しきりに動きけり/杉田久女

ふるさとは早く蚊帳吊る柿若葉/角川春樹

蚊帳の外すでに鶺鴒疾かりけり/久米正雄

俳句例:181句目~

まざ~と夢をつゞけぬ月の蚊帳/前田普羅

蚊帳の子に麺麭配給の朝きたる/西島麥南

蚊帳の寝の髪こはさじと旅の妻/森川暁水

蚊帳の手に馬追なくや夏の月/伊賀-裾道

蚊帳の月池に映りて見えてあり/鈴木花蓑

やはらかき母にぶつかる蚊帳の中/今井聖

蚊帳の果変らぬ日本が吾を包む/原子公平

蚊帳の端に寝あばれゆきし息きこゆ/篠原

蚊帳の鐶深夜の音を立てにけり/久米正雄

わきて夜の情なし皺む一人蚊帳/石塚友二

蚊帳の鐶病む子の頬へ落したる/久米正雄

蚊帳の香や今日校了の寝ね心地/永井龍男

一日のかろき悔ある蚊帳かな/高橋淡路女

蚊帳はずす静かな音に医師来ぬ/中尾白雨

蚊帳はづすことを制して診察す/松本弘孝

蚊帳ひろし胸の上に吾子立たせ遊ぶ/篠原

蚊帳吊つてあり磯かまど面白や/高濱年尾

今一夜名残の蚊帳に読書かな/筏井竹の門

蚊帳吊つて留学生を泊めにけり/石川文子

蚊帳吊つて起きてゐるらし岸の家/上村占

タイトルとURLをコピーしました