季語/蚊帳(かや/かちょう)を使った俳句

俳句例:201句目~

俯せり寝の此頃の癖を蚊帳の果/内田百間

蚊帳吊りて陋巷青き夜のくだつ/内藤吐天

初嵐白蚊帳に透き父母が見ゆ/冨田みのる

蚊帳垂れて句を思ふ我天地かな/高田蝶衣

初蚊帳に泣く前の嬰ひとりゐる/長谷川双

蚊帳渡る風の青さに目覚めけり/菖蒲あや

初蚊帳や朝の木草の透き見えて/小杉余子

剪りさして毒花に睡る蚊帳かな/飯田蛇笏

蚊帳裾に梅の実匂ふ雨夜かな/金尾梅の門

蚊帳釣りて書読む人のともし哉/正岡子規

蚊帳青し人の如く病めりけり/野見山朱鳥

転げ込みころげ出る夜の蚊帳哉/尾崎紅葉

轆轤場の軒に干さるる忘れ蚊帳/石川文子

青栗毬に日高き蚊帳払ひけり/金尾梅の門

古釘や蚊帳吊り落す梅雨のあけ/横光利一

青蚊帳に茂吉論などもう寝ねよ/加藤楸邨

青蚊帳に誓子胃薬を嚥みて入る/岸風三樓

吊る蚊帳を珍らしと孫入り来る/林富佐子

青蚊帳のたたみ方など思ひ出す/能村研三

青蚊帳の一部はづされ波郷癒ゆ/岸風三樓

俳句例:221句目~

青蚊帳を出づるかつての螢の身/齋藤愼爾

青蚊帳を吊りて眠気のさめしかな/辻桃子

風蘭に雨月ありけり蚊帳に入る/渡辺水巴

喀血の蚊帳波うつてはづされぬ/中尾白雨

団扇もち人犯すごと蚊帳くゞる/小林康治

食ほそる真上に大き蚊帳のつぎ/古沢太穂

夕やけの中に蚊帳つるふしどかな/原石鼎

夜も出て働く蟻が蚊帳を攀ず/田川飛旅子

夜半に起きて蚊帳を繕ふ紙縷哉/尾崎紅葉

夢のごと死は青蚊帳をくぐり来し/斎藤玄

大阪を捨て得ず蚊帳を繕へり/米沢吾亦紅

大雨となりゐし真夜の蚊帳かな/芝不器男

奉公の一人の蚊帳に馴れて来し/矢倉信子

子の唄や月光蚊帳に満ち来る/大谷碧雲居

子は母のものか母呼ぶ蚊帳の中/石塚友二

宿の女蚊帳釣りながら語りけり/柘植潮音

山の娘の風邪にこもれる蚊帳かな/原石鼎

山風の蚊帳吹きあぐるあはれさよ/原石鼎

戸を明て蚊帳に蓮のあるじかな/蕪村遺稿

新しき蚊帳板のごと釣られけり/高浜虚子

俳句例:241句目~

日記書く蚊帳の一と隅吊り残し/田中延幸

はや~と宵寝の蚊帳の気安さに/今井つる女

軒に干す蚊帳の裾ひく干鰯かな/米沢吾亦紅

踏み落す蚊帳をまた吊り笑ふなり/加藤楸邨

蚊帳ちかく鵜の鳴いて梅雨残る/金尾梅の門

誕生日夜ふかき蚊帳に子がならぶ/細谷源二

いねがたき手をさしのべぬ蚊帳の外/上村占

いねながら蚊帳の月光掌にすくふ/山口誓子

うかつにも蚊帳に入るとき恋の唄/萩原麦草

大雷雨ひとりの蚊帳のなまぐさし/石塚友二

うらぶれて釣るや雨夜の九月蚊帳/日野草城

うろうろと蚊帳覗き去り坐し顫ふ/石塚友二

おとゞいの語りあかしや名残蚊帳/矢野蓬矢

行く先にのがれ入りけり蚊帳の内/内藤丈草

朝風や蚊帳のまはりを廻る猫/長谷川かな女

けさの霧蚊帳の臥床を濡るゝまで/中尾白雨

けふよりのみどりの蚊帳の環おもし/原石鼎

蚊帳青し癒えて妻子のなかにあり/中山良章

しら雲を下界の蚊帳に釣る夜かな/山口素堂

白蚊帳に入りたるごとし西湖微雨/関森勝夫

俳句例:261句目~

すはだかにねおぼれにける白蚊帳/飯田蛇笏

夫の家の青蚊帳に透きひとりなる/大石悦子

蚊帳の寝の指ささるれば鯖火見ゆ/森川暁水

蚊帳を吊りをはりしままに現れず/後藤夜半

たらちねの蚊帳の吊手の低きまゝ/中村汀女

蚊帳越しに薬煮る母をかなしみつ/高浜虚子

ともかくも一人蚊帳つりねまりけり/龍岡晋

朝顔のいろ濃くうすく蚊帳たゝむ/中尾白雨

とりいでて花ちる黐に蚊帳をほす/西島麥南

なだらかに蚊帳裏濃きたるみかな/松藤夏山

蚊帳よろけいで片仮名の訃報よむ/西東三鬼

蚊帳へくる故郷の町の薄あかり/中村草田男

子の蚊帳に妻ゐて妻もうすみどり/福永耕二

蚊帳ごしに仏間の燈籠かんかりと/清原枴童

蚊帳の釣手一つはづして炊ぎけり/野村喜舟

雨音をひとりの蚊帳にあつめたる/松村蒼石

はらからの蚊帳の眠りや遺影の間/沢木欣一

蚊帳の裾いとど遁るゝ目覚めかな/石塚友二

蚊帳は海色母をもつつむ子守歌/中村草田男

蚊帳の中朝刊の香をかむり読む/米沢吾亦紅

俳句例:281句目~

ふたゝびの雨離りゆく蚊帳かな/金尾梅の門

蚊帳裾に夜ふかき膳を運びけり/金尾梅の門

ふるさとの名残の蚊帳に父と寝る/橋本花風

ふるさとの蚊帳の広さを喜びて/小野たゞし

ふるさとは蚊帳の匂ひと焼茄子/米澤吾亦虹

蚊帳潜り出でしところで覚む昼寝/高澤良一

義理なべて借方ばかり蚊帳吊るも/石塚友二

蚊帳揺れてふるさとの星みな動く/中川美亀

蚊帳匂うて夜明の目鼻冷えてゐる/佐野良太

よその蚊帳の匂に覚めて風やある/原田種茅

蚊帳の中海女の合掌あきらかに/米沢吾亦紅

蚊帳の色山よりも濃く暁けている/金子兜太

エヂプトのカイロの宿の蚊帳かな/富安風生

母衣蚊帳を買ひ来て父として渡す/杉山岳陽

蚊帳に寝てかへらぬ妻を憶ふのみ/猪子水仙

二つ釣る蚊帳透きあへる良夜かな/松村蒼石

五位鷺啼いて繊き水月蚊帳はじめ/石原舟月

京泊り大雨の蚊帳を起きやらず/五十嵐播水

年よりとしづかに過ごす蚊帳かな/松村蒼石

蚊帳措きし夜を月光のすさまじき/林原耒井

タイトルとURLをコピーしました