季語/風車(かざぐるま)を使った俳句

「風車」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「風車」について

【表記】風車

【読み方】かざぐるま

【ローマ字読み】kazaguruma

子季語・関連季語・傍題・類語など

・風車売(かざぐるまうり:kazagurumauri)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

風車を含む俳句例

風車赤し五重の塔赤し/茅舎

街角の風を売るなり風車/達治

風車歩けば小さき風を生む/寛

風車色を飛ばして廻り初め/泰

風車母に渡せば又廻る/多賀子

廻らぬは魂ぬけし風車/高濱虚子

放牧のその一望の風車/古館曹人

海彦の声が聞ゆる風車/小林鱒一

風車工房風の集まり来/田中芳子

風車売風筋に荷を卸す/田上石情

観音の胎内に売る風車/畑中次郎

子の瞳遠くを眺め風車/星野立子

風車色の煙となりにけり/上野泰

海光や廻りどほしの風車/安部亜紀

門前の風車売荷を離れ/深川正一郎

風車売れて日高き港町/市場えつ子

止まることばかり考へ風車/比奈夫

風車燦と馳けゆき見失ふ/小池文子

夕日嵌む遠き窓あり風車/小池文子

大空へ鳩らんまんと風車/川端茅舎

俳句例:21句目~

子の熟睡日本が楽し風車/阿部完市

秘仏立つ四葩の玉は風車/古館曹人

鳥渡る岩場に挿して風車/古舘曹人

走る子の早さに応へ風車/山川能舞

山羊の髯梳くは歳月風車/中島斌雄

三井寺の風に供へし風車/斎藤夏風

浪華より風車売鄙に出る/松瀬青々

風車人の気配に廻りけり/屋山漫太郎

ある刻の風に止まりて風車/木田千女

海星燃ゆ少女の頬は風車/小檜山繁子

深吉野に春をいそぎの風車/矢島渚男

渺渺と風車置きけり秋の海/小池文子

風車まはり疲れて売れ残る/新明紫明

鉄棒にくくられており風車/二村典子

蝉なくやつくづく赤い風車/小林一茶

蛙鳴けば雲赤し江尻風車台/久米正雄

石に影置いてとまりぬ風車/島谷征良

風車たゞ目まぐるし人の隅/久米正雄

風車春宵の闇に翼をひたし/山口青邨

乳牛の背に鴎ゐて霧の風車/石原八束

俳句例:41句目~

人形館に鳴る風車人をさす/石原八束

冬近し雲送りつぐ風車小屋/斉藤夏風

荷台ごと舞ひ立ちさうに風車/林明子

風が来て廻す孤独の風車/山口素人閑

風車挿してほほけし藁の束/後藤夜半

風少しあればよく売れ風車/南雲糸虫

風背負ひ風車売去りにけり/石原八束

風車田かぜ冷たき初不動/国光勢津子

風車廻して風のうすれゆく/中丸義一

風車みんな廻れば屋台揺れ/矢高矢暮

色見えてをり極月の風車/鳥居美智子

風車先づ一つだけ廻り出す/鳥居三太

母と子に影冷えて来し風車/石橋秀野

母の持つ高さに回る風車/木暮陶句郎

水子坂梅雨に錆びたる風車/矢島渚男

目のはしのふと風車胸に墓/小池文子

風車色戻りつゝ止まりけり/内山素岫

風車赤く廻るは淋しかり/小林たか子

父がまづ走つてみたり風車/矢島渚男

飴打つや風車売子に飽かれ/石川桂郎

俳句例:61句目~

とつぜんに一つがはげし風車/齊藤美規

出羽の子に日暮きてゐる風車/宮坂静生

刈田明り受けてしづかな風車/太田鴻村

子を負へば耳に舞ひをる風車/山本歩禅

寺の屋根見えて砂丘に風車/和田耕三郎

星月夜竜飛の風車眠らずに/白澤よし子

野で空でまはりはじめて風車/平井照敏

風車しまひに雨をさそひけり/小路紫峡

風車淋しくなりて止まりけり/西村和子

風車とまりかすかに逆もどり/京極杞陽

風車ほどよき風に売られけり/荒川邪鬼

風車まはり消えたる五色かな/鈴木花蓑

風車切れ目切れ目の空が春/櫛原希伊子

風車売られてまわる淋しき街/対馬康子

風車嬰児の笑ひくるしくなる/原田種茅

風車子の眼遊びてまだ見えず/福永耕二

風車子を眠らせてなほまはる/西村和子

風車止まらんとして重くなり/福神規子

イタリーの風車見て夕焼けて/星野立子

げんげ田に大きな影や風車/山口波津女

俳句例:81句目~

さかさ廻り思ひとどまる風車/土方秋湖

さらさらと聞えてまはる風車/中村汀女

風鳴つて死者をとむらふ風車/仙田洋子

としよりが売るゆゑ買ひし風車/大牧広

膝の本風に繰らせて風車売/鍵和田ゆう子

持てばすぐ走つてみたき風車/緒方こずえ

風車持ちかへてよく廻りけり/今井杏太郎

初蝶や風車にはかに風とらふ/加藤富美子

パステルに風を染めゆき風車/稲畑廣太郎

風車ひとつのこらずまはりけり/倉田素商

背の子をかへり見かざす風車/高田つや女

まはりやむ色ほどけつゝ風車/高橋淡路女

小鳥来る風車は羽根をゆるやかに/西村澪

風車売れてさみしき荷をたたむ/白岩三郎

若葉風車掌ぐらりと切符切る/工藤眞智子

風車風にまかせて売りゐたり/久保田重之

風車かざして風をさがしにゆく/工藤克巳

風車廻らず差され花冷ゆる/長谷川かな女

泣く子にもひたすらまはる風車/藤野/重明

春雷に吾子の風車は青くまはる/川島彷徨子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ