季語/稽古始(けいこはじめ)を使った俳句

「稽古始」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「稽古始」について

【表記】稽古始

【読み方】けいこはじめ

【ローマ字読み】keikohajime

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初稽古(はつげいこ:hatsugeiko)

季節による分類

・「け」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

稽古始を含む俳句例

先生に稽古始の一手合/傘子

初稽古袴の折目正しうす/小崎弥生

江戸名所吟行稽古始かな/黒田杏子

島村の島文楽の初稽古/増田/雅久

大太鼓ひびく道場初稽古/吉田直茂

初稽古拈華微笑の母の前/村松/堅

その人の稽古始の笛の音や/黒田杏子

初稽古の防具の金髪国際校/伊丹公子

初稽古人形の目のふと赤し/西村和子

初稽古面ン一本で終りけり/佐藤火星

板の間の即ち大地初稽古/深見けん二

念流の矢止の術や初稽古/金子伊昔紅

胸に厚き利久懐紙や初稽古/中川利子

道場に女下駄あり初稽古/高橋淡路女

まだだれも叩かぬ太鼓初稽古/赤塚五行

初稽古使ひ馴れたる竹刀持つ/高谷靖昭

子の踵ピンクに染めて初稽古/上窪則子

松蒼き切戸くぐるや初稽古/佐野青陽人

長廊下踏みゆく稽古始かな/西沢十七里

電話にて呼びあひ集ひ初稽古/京極高忠

俳句例:21句目~

露地曲る足袋の白さや初稽古/八木浩二

飛び込みに水の悲鳴や初稽古/長塚京子

初稽古音色洩れくるめでたさよ/稲畑汀子

蝋梅の香が勝つてをり初稽古/佐々木六戈

面授てふ言葉かしこみ初稽古/深見けん二

巫女舞の稽古はじめや楠若葉/堀井より子

かんざしの稲穂のゆるる初稽古/井口はる子

乾拭きの枇杷の木太刀や初稽古/久米とよ兵

初稽古富士見えねども筑波あり/深見けん二

立ちざまに面とられたり初稽古/村山初桜子

三味かかへ稽古はじめの妻となる/成瀬正俊

佗助にいつもの稽古はじめけり/車谷弘佗助

てんでんばらばらに四股踏み初稽古/鷹羽狩行

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ