季語/仕事始(しごとはじめ)を使った俳句

「仕事始」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「仕事始」について

【表記】仕事始

【読み方】しごとはじめ

【ローマ字読み】shigotohajime

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初仕事(はつしごと:hatsushigoto)

季節による分類

・「し」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

仕事始を含む俳句例

漆工の爪先黒し初仕事/漆谷豊信

楮全き白に晒して初仕事/毛塚静枝

自転車は園丁の足初仕事/米倉義雄

風花の仕事始の薪を割る/高浜虚子

馬術部の仕事始の寝藁干/山田弘子

紺法被匂はせ仕事始かな/南るり女

心おもき仕事始の鞄かな/皆川白陀

初夢にお他力様の初仕事/高澤良一

轆轤場に結界をして初仕事/稲荷島人

紺足袋の底の真白し初仕事/武田克美

越年の負目の仕事始めなる/石塚友二

わが仕事始め千枚通し刺す/鷹羽狩行

人死んで仕事始の診断書/瀧澤伊代次

口に刷毛銜へ表具師初仕事/武永江邨

船曳くを仕事始の男かな/鈴木真砂女

文鎮の重たき仕事始めかな/永方裕子

日語版映畫を閲す仕事始/吉良比呂武

制服のリボン大きく初仕事/斉藤葉子

鉛筆を削りしまでの初仕事/結城昌治

仕事始めの鉋屑焚き上げし/金尾梅の門

俳句例:21句目~

何もせず坐りて仕事始めかな/清水基杏

天界に仕事始めの縄なふや/曽根原幾子

山のごと濯ぎて仕事始めとす/長友涼子

海女の村仕事始めの畔を焼く/森山治子

熾んなる仕事始の火なりけり/皆川白陀

父を師と敬ひ仕事始かな/長谷川/芳子

立ちて酌む仕事始の茶碗酒/近沢多津郎

すぐ反古のたまる屑籠初仕事/稲畑汀子

二瘤駱駝ながなが尿る初仕事/渡辺恭子

仕事初めの鉋屑焚き上げし/金尾梅の門

仕事初め雑巾を十の字に刺し/細見綾子

初仕事らしき炭焼き煙りかな/井尾望東

初仕事形見の朱筆とり出だし/星野立子

咥へ打つ釘の香甘し初仕事/嶋西うたた

船団を発たす仕事の初めかな/橘田龍子

達磨下地の白重ね塗り初仕事/奈良文夫

よく燃ゆる仕事始めの鞴かな/信谷冬木

起重機は仕事始めの霜降らす/加藤知世子

棒グラフ張り替へ仕事始めかな/山本昌英

まろやかに出来て豆腐の初仕事/梅本初子

俳句例:41句目~

仕事始のスイッチ祷るが如く入る/琢光影

乗り合はす仕事始のチンドン屋/杉山岳陽

無用のことわれに用あり初仕事/富安風生

なにひとつ変らぬ仕事始めかな/桑垣信子

肩かけて押す空の貨車初仕事/久野よしお

師のもとの目安箱より初仕事/小島千架子

鶏の骨煮つめて仕事始めとす/四十物敦子

荒研ぎの音立て合ひて初仕事/古畑丁津緒

初仕事コンクリートを叩き割り/辻田克巳

ひとの愁聴くことをもて初仕事/吉井莫生

馴染みたる経師の刷毛や初仕事/佐藤静良

仕事始やシャープペンノックして/松尾隆信

仕事始とて人に会ふばかりなり/大橋越央子

たかぞらより滝なす火花が仕事始め/赤城さかえ

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ