使徒(像)を使用した俳句

使徒(像)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

使徒(像)を含む俳句例

聖燭祭尊き使徒ら壁に古り/西東三鬼

末枯や十二人とは使徒の数/井沢正江

雪の使徒舞ふ染寺の寒牡丹/石原八束

一生を歩きて使徒よ父子草/柚木紀子

銛研ぐは使徒の末裔星明り/伊丹公子

春蝉のしみ入る使徒の足鎖/本多静江

短日やエホバの使徒が戸を叩く/穴井太

殉俳の使徒五千石忌なりけり/本宮鼎三

殉教の使徒も聞きしか虎落笛/山田弘子

清明の白いアンテナ使徒を待つ/加藤晃

炎天を黒衣まとひて神の使徒/林友次郎

使徒像の遠まなざしを帰る雁/中尾杏子

使徒となる心さだまり秋に入る/石田雪江

使徒一人欠けたる長き冷夏かな/有馬朗人

冬青空双手ひろげて使徒の像/古賀まり子

流刑地のかびの花咲く使徒行伝/有馬朗人

無花果や永久に貧しき使徒の裔/景山筍吉

渦潮や使徒さながらに艫に立ち/中村苑子

石の上に芋茎を干して使徒の家/角川照子

木枯も使徒の寝息もうらやまし/西東三鬼

俳句例:21句目~

野火高く立ち上れるは使徒の像/三好潤子

春愁になげの言葉を使徒ぶりぬ/下村槐太

風光る野を行く使徒もまた大工/有馬朗人

マラソンの足扇形に滝の使徒か/八木三日女

原爆忌使徒のごとくに身灼きをり/小林康治

大足の使徒となるかな足袋を脱ぐ/平畑静塔

寒牡丹に天降りて舞へり雪の使徒/石原八束

廃墟に梅雨首なき使徒の掌が祷る/津田清子

蘇鉄咲き祈る指なき被爆使徒/野見山ひふみ

読み初めの使徒行伝へ鳥語和す/田川飛旅子

盲導犬使徒の眼持てりクリスマス/田川飛旅子

聖玻璃の守宮も使徒のうちなるか/山田ひさし

クリスマス使徒ペテロ書を爐のほとり/松瀬青々

貝寄風や古画にたしかむ使徒ヨハネ/田川飛旅子

日へむく向日葵子の使徒のわれ水飴捲かむ/磯貝碧蹄館

夏の夜の星空こがす炬火の列ひたひたと弥撒にゆく使徒の列/木俣修

オリーヴのあぶらの如き悲しみを彼の使徒も常に持ちてゐたりや/斎藤茂吉

タイトルとURLをコピーしました